氷川きよし、シングル「母」発売記念イベント翌日にゲスト出演!母への想いを語る『Hit&Hit!』

番組冒頭に登場した、氷川きよしさん。ファストファッションブランドで気に入って色違いで3着購入したうちの1着だという、暖かそうなボリュームのあるキャメルのトップスで登場。

病気療養中である、ラジオ大阪アナウンサー原田年晴を気遣い、なんと原田への手紙をお持ちくださいました。さらに激励のメッセージも送ってくださり、思いやり溢れる温かい人柄を見せられました。

 

放送の前日に行われた、新曲「母」(シングル2月4日発売)の発売記念イベント(大阪ビジネスパーク ツイン21アトリウムで開催)を振り返って、ライブの衣装や演出もご自身で考えられていることを語り、以前はプレッシャーが大きかったけれど、デビューから20年が経ち、ようやく楽しいと思えるようになってきたこと、そして、「今、ライブが一番楽しい」と笑顔を見せられました。

楽しいと思えるようになったのは、「自分が歌うべきもの、表現したいことを歌えばよいと思うようなった」ことがひとつだとおっしゃり、それ以前のデビューからの約20年間は、求められることに応えたくて、毎日勉強の日々だったと振り返りました。

新曲「母」のレコーディングでのエピソードもお話くださいました。作詩家のなかにし礼さん、作曲家の杉本眞人さんが立ち会う、緊張感漂う状況で行われたレコーディングに事前準備を重ねて臨んだ氷川さんは、初め、この曲を「冷静に歌った」そうです。そんな氷川さんに対して、なかにしさんは「冷静に歌ってるね。目の前でお母さんが死ぬかもしれない状況ならば、生きて欲しい!と天に向かって願う気持ちになるだろう?」と言われ、その言葉が、ご自身の母親との思い出を想起させたといいます。そうして完成した「母」をご自身の母親や親族に聞かせた時のエピソード、さらに、母親への想いや思い出も語ってくださいました。

シングル「母」は、A・B・Cの3タイプが同時発売。それぞれカップリング曲が異なり、全て氷川さんがご自身で選んだ曲だといいます。

新曲「母」の曲紹介に寄せて、「デビュー21年目、またゼロからスタートという思いと、母から生まれたばかりの素直な気持ちで母に届けたい一曲」と語ってくださいました。

様々なエピソードや想いを語ってくださった氷川さんの声を、ぜひラジコでお聴きください!
 

Hit&Hit!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 14時00分~16時55分
出演者:髙岡美樹、斉藤雪乃(コーナー)、ゲスト(2/10):氷川きよし、城之内早苗
番組ホームページ
公式Twitter

※この番組は終了しました。

「東出さんにやっていただけて本当に良かった」“東出昌大のナレーションの魅力”を映画「三島由紀夫vs東大全共闘」監督&プロデューサーが語る

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月22日(水)のお客様は、現在公開中のドキュメンタリー映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の豊島圭介監督と刀根鉄太プロデューサー。ここでは、本作のナレーターをつとめた東出昌大さんのナレーションの魅力について語りました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)豊島圭介監督、刀根鉄太プロデューサー


▼映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」の解説▼
1969年5月13日に東京大学 駒場キャンパス 900番教室でおこなわれた、作家・三島由紀夫と東大全共闘との“伝説の討論会”を軸に構成したドキュメンタリー映画。2019年に発見された当時の記録映像を修復し、関係者やジャーナリストらの証言を交えて全貌が明らかになる。ナレーションは東出昌大が担当。

*  *  *

豊島:東出さんのナレーションも本当に聞いてほしい。東出くんと僕は縁があって、今回仕事をするのは3回目。この映画を“当時を知らない世代の人たちに届けたい”と思ったときに、“若い世代の人にナレーションをやってほしい”ってずっと思っていたんです。そのなかで(東出くんの名前があがって)。彼は、三島由紀夫の最後の長編小説「豊饒の海」の舞台で主役を張ったりもしていたので。

刀根:実際にこれ(「討論 三島由紀夫vs.東大全共闘―美と共同体と東大闘争」(著)三島由紀夫、東大全共闘)も読んでいると聞いてびっくりしましたよね。

豊島:そう。オファーしたときに「討論会を読んでいます」と言われて。「豊饒の海」は3回くらい読んだって言ってましたから。

刀根:最初に来てもらって、ナレーションを読み始めてもらったとき、僕らは「あっ、これだ!」って思いましたよね。

豊島:思った。あんなにやわらかく「東大全共闘」って言う人を初めて見ましたよ。もうちょっといかつい感じで言うのかなと思ったから、“これが今の世代の人が、この討論を眺めるスタンスなんだ”ということが、あの瞬間に分かった。

刀根:東出さんが「あまり変に芝居をしたくない」とおっしゃっていたじゃないですか?淡々と……というか「ちょっとやってきましょう!」ということで(ナレーション録りをしましたね)。監督との信頼関係がすごくあったと思うし、東出さんにやっていただけて僕は本当に良かった。

豊島:そうですね。実際に上がりとしても良かったです。

*   *   *

今週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

8月5日(水)馬場康夫さん(ホイチョイ・プロダクションズ代表)×石原隆さん(テレビプロデューサー)
8月6日(木)三枝成彰さん(作曲家)×和田秀樹さん(精神科医)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶三島由紀夫が“伝説の討論会”で魅せた、紳士的でユーモラスな言動とは……!? 続きは「AuDee(オーディー)」で!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

Facebook

ページトップへ