史上初のスペシャルプログラムでお送りする『第55回上方漫才大賞』 歴史を振り返る貴重音源も

司会の大平サブローさん、関純子アナウンサー(カンテレ)、藤川貴央アナウンサー(ラジオ大阪)

「上方漫才大賞」は、上方演芸界で最も長い歴史を持ち、寄席、放送及びその他の舞台などで年度を通じ最も活躍した者に贈られる伝統ある賞です。過去にはいとし・こいし、やすし・きよし、そしてダウンタウンをはじめ数々の実力派漫才師が受賞しています。

ラジオ大阪・カンテレで4月11日(土)午後3時から同時放送予定の『第55回上方漫才大賞』は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点により、オリックス劇場からの生放送は中止となりましたが、大会史上初のスペシャルな形でお送りします。

事前の審査会で奨励賞・新人賞候補に選ばれていた“幻の新人賞・奨励賞ノミネートコンビ”アインシュタイン、アキナ、見取り図、ギャロップ、令和喜多みな実、からし蓮根、さや香、たくろう、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ、風穴あけるズ、エンペラーら総勢12組の珠玉ネタを放送します。

さらに特別企画として、半世紀以上にのぼる「上方漫才大賞」の歴史を貴重映像とともにプレイバック! 横山やすし・西川きよしの懐かしの漫才を西川きよしさんのインタビューとともに振り返ったり、第21回の受賞者である司会の大平サブローさんが貴重映像を見ながら当時の心境を明かしたりするなど、老若男女問わず楽しむことができる内容となっています。

もちろん、由緒ある「上方漫才大賞」の受賞者発表も実施します。55回目を迎える今年、栄えある大賞に輝くコンビは誰なのか!?

 

2002年の第37回から毎年司会を務め、番組の顔ともなっている大平サブローさんは「今年は中止になってもおかしくなかったのに、行われたことがすごいと今、改めて思います。5年先10年先に、『“上方漫才大賞”がそれだけ世間に認知されている賞だった、歴史の分だけ分厚さがあった、腰の強さがあったんだな』ということの証明として歴史に刻まれるのではないかと思います」と力強く語りました。

ともに長年司会を務めてきたカンテレの関純子アナウンサーは「漫才を見て笑えるということが、どれだけ幸せで楽しいことなのかをかみしめてもらえる番組になるのでは」と感慨深げにコメントしました。

さらに、今回初参加となるラジオ大阪の藤川貴央アナウンサーが「僕自身が勉強になりましたし、どんな方が見ても上方漫才の歴史を感じて腹の底から笑って頂けるんじゃないかな」と話すと、サブローさんも「ある意味、“永久保存版”かも!」とアピール。

最後にサブローさんは「関西の人の漫才を好むエネルギーはそう簡単には凹みません。だからありがたいことに今回この番組が成立しているわけなので、そこに僕らはドッカリと甘えさせて頂いているので、皆さんもドッカリとのっかって番組を見てもらいたい。長嶋茂雄さんやないけど、『上方漫才大賞は永久に不滅です』っていうのを声高らかに言いたいです(笑)!」とメッセージを送りました。

「“上方漫才”そして“笑いの力”で関西を盛り上げよう!」という思いの詰まった『第55回上方漫才大賞』をぜひお楽しみください!

第55回上方漫才大賞
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2020年4月11日 土曜日 15時00分~17時30分
出演者:大平サブロー、関純子(カンテレアナウンサー)、藤川貴央(ラジオ大阪アナウンサー)、西川きよし、アインシュタイン、アキナ、ギャロップ、見取り図、令和喜多みな実、エンペラー、風穴あけるズ、からし蓮根、さや香、たくろう、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

江原啓之「悔いがないように生きて」職場環境に悩むリスナーにアドバイス

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月10日(日)の放送は、リスナーから届いた「不安に思うこと」「悩み」に関するメールを紹介しました。


◆残業が多く、勤務時間もバラバラ…
薬局で働く薬剤師です。2年前に別の業界から転職しました。薬局の仕事はワークライフバランスが取りやすいイメージだったのですが、新型コロナウイルスの影響もあり、派遣社員として働いていた薬剤師全員の契約が打ち切りとなり、また、新規採用はおこなわない方針となったため、深刻な人手不足となっています。

私はこの2年間で、同じ会社の他店舗20店舗ほどの応援に行きました。片道2時間かかった店舗もあります。土日も関係なく夜遅くまで営業している薬局もあり、勤務時間もバラバラです。また、人手不足なので残業することも多く、体力的に厳しいです。去年結婚したのですが、なかなか子どもができないのは、この忙しさのせいではないか……と考えてしまったりします。

上司であるマネージャーに、「パートに移りたい」と相談したのですが、この状況下ということもあり、考え直すように言われました。みんなが大変な時期にパートに移るのはわがままでしょうか? 自分本位なのでしょうか? もう少し様子を見るべきでしょうか? アドバイスをお願いします。

◆江原からの“ことば”
私はいつも思うのですが、「幸せ」は人と比べることではありません。日本人独特の感性だと思うのです。「こんなときなのに、そんなことをしたらわがままでしょうか?」という考えは、すごく日本的だと思いませんか? 大事なのは自分自身が悔まないことです。後になって、もし「子どもを持てなかった……」というときに、その職場のせいだと考えるのであれば、今しっかりとお子さんを持てるように頑張ればいい。

ちなみに、仕事は適職です。天職では食べていけない。確かに薬剤師という資格を持っていたほうが優遇されるかもしれないけれど、今はそれよりも自分自身の別の目標のほうが大事なのであれば、お金で変えられないこともあるのではないでしょうか? 悔いのないように生きてくださいね。お願いします。

◆江原啓之 今宵の格言
「理性的に分析したら、何も怖いことなどありません」
「不安に飲み込まれず、心配は理性で跳ね返しましょう!」
----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月18日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ