DIY(作る)を楽しむトコ(場所)もコロナで「困ってまんねん!」『Hit&Hit!』

トコクラフトファクトリーは「作るを楽しむところ」

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言による自粛ムードの中、多くの企業・店舗が経営の危機にさらされていることは日々各メディアで報じられるとおりです。

ラジオ大阪では、苦しさや希望を共有することで新しい力が生まれることを願い、企業やお店の生の声や工夫・努力を多くの方に届ける「困ってまんねん」というコーナーを開始。

第3回目の5月13日(水)は、Hit&Hit!の水曜パーソナリティ 中西則善さんと大森くみこさんが聞き手となり、3月15日に大阪市東淀川区オープンした、“つくるを楽しむ”DIYスペース“トコクラフトファクトリー”の「困ってまんねん」を株式会社津田工務店 津田直樹さんにお電話で伺いました。

今回お話を伺う津田さんは、なんと中西さんの後輩とか。さらに、前々回「困ってまんねん」でご紹介した“ねこ浴場・ねこ旅籠”さんともつながりがあるとのこと。不思議なご縁を感じるこのコーナーです。

 

コンセプトは「作るを楽しむ場所」

中西さん
「さて、このトコクラフトファクトリーというお店、どういうお店なのか、教えてもらえますか。」

津田さん
「作るを楽しむトコ(場所)」というコンセプトでやってます。DIY を楽しんでもらえる場所ということです。DIYをやりたくても、道具が揃えられない、マンションだから音も出せない、掃除も大変...。そういう、作りたいけど作れないっていう声があって、それで、作れる場所を作ったらどうだろうと思いまして。『作りたい』を叶えるという場所です。」

中西さん
「つまりそのお店でDIY体験ができるということですね。家では作りたいけど、道具も満足に揃っていないし、場所もなくてなかなかできないけれども、ここに行ったら作れるよー、というお店ですね。」

津田さん
「そうです。それに、作り方がわからない人も結構いらっしゃいます。道具の使い方がわからないとか、少し慣れてる人でも細かいところはやっぱり分からない...とか。このお店では、作り方や道具の使い方をお教えするワークショップを開いて、この講習を受けるとこの道具を使えるようになります、というのを受けていただいています。」

中西さん
「道具というのはなかなか使えないものなんですか?」

津田さん
「やっぱり電動工具であったり、中には刃物もあるので、ちゃんとした使い方をしないと危ないんです。きっちり使えば危なくないものでも、使ってるところを見たことがあるというくらいの方が使うと、落としたり、大けがにつながったりしてしまいます。大工さんでもけがをするくらいですので。ですから、電動工具は講習を受けてから使ってもらいます。」

建築現場で使えない材料を個人規模のDIYで使う

中西さん
「DIYで作る材料はどうするんでしょうか。」

津田さん
「木材などの材料は全部無料で差し上げています。私どもの本体が工務店で、建築現場ではどうしても材料が余ってしまうんです。どうしてもぴったしは注文もできませんから。それに、余ったものが高かったりすると、惜しくて捨てられないんですよね(笑)。でも結局使う場所がなくて、最終的にはゴミとして処分してしまうことになる。それはもったいないし、処分にもお金がかかるし、その処分費用も建築関係ではすごく値段が上がってきているんです。使えるものなのに捨てる。それもお金がかかる。それだったら、使いたい人に使ってもらいたいと思いまして。」

大森さん
「うちの旦那さんもDIY好きでやりますけど、木も高いですもんね。」

津田さん
「ホームセンターで高くて大きな木を買ったら、その時点で大体満足してしまう人もいますね。買ったものがもう1年間放置されてるとか。うちに来てくれたお客さんで、2年間ずっとやりかけのものを放置していた人がいて、この店を見つけてきてくれたんです。「続きをどうやって作ったらいいですか」って来てくれて。来て作り始めてからは、2日間ぐらいかけて完成までもっていって。完成品は、今は家で使って、大満足されてるそうです。」

YouTubeでも作る楽しさ発信中!

中西さん
「トコクラフトファクトリーさんは、今、オープンしてますか? このご時世、なかなかお客さんも来にくいと思いますが、やっぱりコロナの影響はありますよね。」

津田さん
「お店はやっています。ちょうど3月15日にお店をオープンしたんですが、その頃既にコロナが始まっていて、そのまま緊急事態宣言が出て。営業自粛の対象にはなっていないのですが、なかなか大きく「来てください!」って言いにくくて、集客できないのが困っています。工場内は4人ぐらいが作業できるスペースがありますが、3蜜の状態を避けるために、換気を万全にして、作業するのは1組、1~2名くらいにしています。もちろん、お客さんでいっぱいになってくれたら一番嬉しいところなんですけど...。」

中西さん
「お客さんに来てもらいにくい中で、何か取り組んでいることはありますか?」

津田さん
「とにかく色々発信していかなければと思っています。こんな店があるよっていうのをもっともっと発信できたらいいかなと思って、YouTubeで「津田工務店チャンネル」というのを作りました。箱の作り方とか、道具の使い方の紹介の動画を日々撮って、配信するということをしています。続きもので、電動丸ノコなどを紹介しているんですが、たとえば、こういう使い方は危ないよとか、ここはこういう操作ができるよ、というのを簡単に紹介しています。(放送日時点で)30本くらいアップしています。」

トコクラフトファクトリーのシステムについて

中西さん
「それでは料金やシステムを簡単に説明していただけますか。」

津田さん
「利用料は、月額1,480円で会員になって頂くと、1時間600円で利用していただけます。非会員の一般料金は1時間1,500円です。会員の方も一般の方も、木材・塗料などの材料は無料で差し上げています。基本的には利用料金だけで、完成までいけるようになっています。作るのにかかる時間ですが、たとえばゴミ箱なら、ワークショップでも3時間くらいです。DIYが好きな人にはお得な料金改定かなと思います。営業時間は朝10時から18時まで。現在は定休日はありません。」

中西さん
「それでは、放送を聴いている皆さんにひとことお願いします。」

津田さん
「お家での自粛中、外に出られなくて、何かしたくてモヤモヤしている方、ぜひ“作るを楽しむとこ、トコクラフトファクトリー”で一緒にDIYを楽しんでください!」

津田工務店チャンネル

Hit&Hit!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~金曜 14時00分~16時55分
出演者:(⽉)髙岡美樹、旭堂南湖、(⽕)やのぱん、清⽔綾⾳、(⽔)中西則善、大森くみこ、(⽊)桜井⼀枝、水津浩志、(⾦)野村啓司、毛利聡子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ