兵庫県佐用町名物「ホルモン焼うどん」のお店もコロナで「困ってまんねん!」『Hit&Hit!』

(この写真は「てん」のブログからお借りしました)兵庫県佐用町の郷土料理“ホルモン焼うどん”はタレに付けて食べるつけ麺スタイル

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言による自粛ムードの中、多くの企業・店舗が経営の危機にさらされていることは日々各メディアで報じられるとおりです。

ラジオ大阪では、苦しさや希望を共有することで新しい力が生まれることを願い、企業やお店の生の声や工夫・努力を多くの方に届ける「困ってまんねん」というコーナーを開始。

第4回目の5月19日(火)は、Hit&Hit!の火曜パーソナリティ やのぱんさんと清水綾音さんが聞き手となり、大阪市北区堂山町「ホルモン焼うどんテン」の女将 三枝雄子さんにお話を聞きました。

女将の三枝さんは、なんと女優の顔を持ち、やのぱんさんにとっては同じ事務所に所属していたこともある先輩だとか。

そんな女将も「うちの困ってまんねん聞いてよー!」とほとほとお困りの様子です。

(この写真は「てん」のブログからお借りしました)大阪市北区堂山町「ホルモン焼うどんテン」

播州佐用名物 つけ麺ホルモン焼うどん

「テン」で食べることができるホルモン焼うどんは「兵庫県佐用町に戦後70年受け継がれる伝統の味」。

佐用町出身の女将が「地元佐用を感じながらホルモン焼うどんを1人でも多くの皆様に美味しく味わって頂きたい」と始めたお店は、開店して14年を迎えるそうです。

営業自粛以降は、要請に従って店内での飲食を夜8時までに短縮し、8時以降は以前から行っていたテイクアウトでの提供を続けられていたということですが、坊主(全く売り上げが無い日)が3日はあったといいます。

女優のたまごたちの生活を支えるためにアルバイトとして雇われているということですが、売り上げがなければバイト料を払うこともできないと苦しい状況を話しました。

お店を継続するために始めた「応援焼うどん券」。でも...。

そんな中、お店を継続するために始めたのが「応援焼うどん券」。

「純喫茶に昔からある、11枚綴りのコーヒー券のような『応援焼うどん券』」は、応援券10枚と感謝券1枚が一綴りになっていて、10回分の値段で11回使えるというものです。「インターネットでされている方も多いですが、なかなかすぐにできるものじゃないので、手作りしました。これを、口コミやSNSで細々と宣伝しながら販売して、ぼちぼち買って頂いてます。」ということですが、「でも...それでも梅田(お店がある地域)の家賃なんて払えません。」と思うようにならない状況を話します。

「個人店は自分の生活で精いっぱい。」と、同じ境遇の経営者の方々の苦しさを代弁されました。

 

故郷の味を多くの方に知ってほしい、そして、ご自分の後に続く女優のたまごたちを支えたい、そんな熱い気持ちでお店を守る女将。

やのぱんさんも「お店に行くと、はつらつとした元気のいい女優のたまごたちがいて、そういう子たちを支える意味でもがんばってほしい」と言い、ホルモンつけ麺焼うどんに興味津々の清水さんは「みんなでごはんに行けるようになるといいですね!」と話しました。

ホルモン焼うどん「テン」の女将のブログ

Hit&Hit!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~金曜 14時00分~16時55分
出演者:(⽉)髙岡美樹、旭堂南湖、(⽕)やのぱん、清⽔綾⾳、(⽔)中西則善、大森くみこ、(⽊)桜井⼀枝、水津浩志、(⾦)野村啓司、毛利聡子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ