兵庫県佐用町名物「ホルモン焼うどん」のお店もコロナで「困ってまんねん!」『Hit&Hit!』

(この写真は「てん」のブログからお借りしました)兵庫県佐用町の郷土料理“ホルモン焼うどん”はタレに付けて食べるつけ麺スタイル

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言による自粛ムードの中、多くの企業・店舗が経営の危機にさらされていることは日々各メディアで報じられるとおりです。

ラジオ大阪では、苦しさや希望を共有することで新しい力が生まれることを願い、企業やお店の生の声や工夫・努力を多くの方に届ける「困ってまんねん」というコーナーを開始。

第4回目の5月19日(火)は、Hit&Hit!の火曜パーソナリティ やのぱんさんと清水綾音さんが聞き手となり、大阪市北区堂山町「ホルモン焼うどんテン」の女将 三枝雄子さんにお話を聞きました。

女将の三枝さんは、なんと女優の顔を持ち、やのぱんさんにとっては同じ事務所に所属していたこともある先輩だとか。

そんな女将も「うちの困ってまんねん聞いてよー!」とほとほとお困りの様子です。

(この写真は「てん」のブログからお借りしました)大阪市北区堂山町「ホルモン焼うどんテン」

播州佐用名物 つけ麺ホルモン焼うどん

「テン」で食べることができるホルモン焼うどんは「兵庫県佐用町に戦後70年受け継がれる伝統の味」。

佐用町出身の女将が「地元佐用を感じながらホルモン焼うどんを1人でも多くの皆様に美味しく味わって頂きたい」と始めたお店は、開店して14年を迎えるそうです。

営業自粛以降は、要請に従って店内での飲食を夜8時までに短縮し、8時以降は以前から行っていたテイクアウトでの提供を続けられていたということですが、坊主(全く売り上げが無い日)が3日はあったといいます。

女優のたまごたちの生活を支えるためにアルバイトとして雇われているということですが、売り上げがなければバイト料を払うこともできないと苦しい状況を話しました。

お店を継続するために始めた「応援焼うどん券」。でも...。

そんな中、お店を継続するために始めたのが「応援焼うどん券」。

「純喫茶に昔からある、11枚綴りのコーヒー券のような『応援焼うどん券』」は、応援券10枚と感謝券1枚が一綴りになっていて、10回分の値段で11回使えるというものです。「インターネットでされている方も多いですが、なかなかすぐにできるものじゃないので、手作りしました。これを、口コミやSNSで細々と宣伝しながら販売して、ぼちぼち買って頂いてます。」ということですが、「でも...それでも梅田(お店がある地域)の家賃なんて払えません。」と思うようにならない状況を話します。

「個人店は自分の生活で精いっぱい。」と、同じ境遇の経営者の方々の苦しさを代弁されました。

 

故郷の味を多くの方に知ってほしい、そして、ご自分の後に続く女優のたまごたちを支えたい、そんな熱い気持ちでお店を守る女将。

やのぱんさんも「お店に行くと、はつらつとした元気のいい女優のたまごたちがいて、そういう子たちを支える意味でもがんばってほしい」と言い、ホルモンつけ麺焼うどんに興味津々の清水さんは「みんなでごはんに行けるようになるといいですね!」と話しました。

ホルモン焼うどん「テン」の女将のブログ

Hit&Hit!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~金曜 14時00分~16時55分
出演者:(⽉)髙岡美樹、旭堂南湖、(⽕)やのぱん、清⽔綾⾳、(⽔)中西則善、大森くみこ、(⽊)桜井⼀枝、水津浩志、(⾦)野村啓司、毛利聡子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

Kan Sano×環ROYが飛び入り参加! henlyworkが東京の街の音をサンプリングした楽曲【音源あり】

11月23日(月・祝)、J-WAVEでは勤労感謝の日を「道や車、ドライバーに感謝をする1日」とし、「感車(かんしゃ)」と「ありが道(とう)」の気持ちを込めて、リアルな展開も織り交ぜながら届ける特別番組『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL JAPAN SMART DRIVER presents THANKS TO LA STRADA』(ナビゲーター:小山薫堂・増井なぎさ)を、9時間にわたりオンエアした。

ここでは、この番組でアーティストのhenlywork、Kan Sano、環ROYが偶然出会ったことをきっかけ生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』の制作の様子を紹介しよう。

思いもよらない展開から生まれた車を連想させる1曲

番組では、生活の中にあふれる音を収集して音楽を制作するアーティスト・henlyworkが、JAPAN SMART DRIVERのコンセプトカー、ほめるパトカー「ホメパト」に乗って東京の道をドライブしながら、そこにある声や音を採取して番組放送中に1曲の楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』を制作した。

henlyworkは食材を食べる音や調理音からその場で音楽をつくりだすなど料理と音楽の融合を行う「EAT BEAT!」を主宰するなど、即興的なパフォーマンスを得意としつつ、音楽制作の過程にも独自のセンスを発揮する。

東京の街のさまざまな音を採取したhenlywork。スタジオに戻り曲作りに取りかかると、同番組でゲスト出演したKan Sanoとのセッションが実現。henlyworkは突然の共演を喜んだ。

・Kan Sano ゲスト出演の様子
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123152009(2020年11月30日28時59分まで)

増井:今日はどんなところで音を拾ってきたんですか?
henlywork:朝スタジオを出てから、三田にある法音寺さんで車のおはらいをしてもらって、そこから渋谷のスクランブル交差点のど真ん中で雑踏の音を録りました。そこから東京湾のお台場の方に行き、せっかくなので車を降りて海の音を拾ったりして戻ってきました。

さらに、楽曲制作中のhenlyworkに偶然の出会いが。別のスタジオで収録をしていたラッパーの環ROYも飛び入り参加することになり、henlywork、Kan Sano、そして環ROYと、この日でしか生まれないセッションが実現した。

増井:3人のセッションでさらに曲作りって難しくなかったですか?
henlywork:もう何がなんだか分かってないですね(笑)。でも。こうしてゲストで曲作りに入ってもらって感無量です。

完成した楽曲は…

早速、henlyworkは一日を通して完成した『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY を披露した。

『SOUNDS OF LA STRADA』henlywork FEAT. Kan Sano / 環ROY
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20201123171802(2020年11月30日28時59分まで)

henlyworkが採取した東京の街のざわめきや車のエンジン音やウインカー音、Kan Sanoのキラキラと輝くようなメロディー、そして環ROYの「どこまでも続く道を1、2 と走り出す姿」を連想させるようなラップが混ざり合い生まれた1曲。

聴き終わると、小山は「今作ったわけなんですよね」とその完成度の高さに驚いた。

henlywork:鳥肌が立ちました。みなさんありがとうございます!
小山:すごいクールなんですけど、ちょとコミカルな感じもありましたね。
henlywork:車のエンジン音とかドアを閉める音も混ぜ込みました。
小山:自分の車でもう一度聴きたいですね。

Kan Sanoと環ROYは突然のセッションを終えた感想を語った。

Kan Sano:ものすごい楽しかったです。ライブ感がすごかったですね。人とセッションするのも久々で、しかも生放送。貴重な機会を本当にありがとうございました。
増井:henlyworkさんが採取した東京の音はどうでした?
Kan Sano:僕も外に行ってフィールドレコーディングとかやったこととかあるんですけど、けっこう大変な作業なんです。henlyworkさんが今日一日それをやられてきたということで、最後にこういう曲になってよかったですね。環(ROY)さんの力も大きいですけど。
環ROY:「六本木の高い所にいるな」と思って、夜景を見ながら作りました(笑)。
増井:六本木ヒルズ33階のスタジオから、言葉を曲にのせてもらったわけですね。偶然の出会いとは思えないような3人のコラボレーションでしたね。
henlywork:ヤバいっすね(笑)。

思いもよらないかたちで生まれた楽曲『SOUNDS OF LA STRADA』。今回の展開に終始興奮を隠せない様子のhenlyworkだった。

環ROYはニューアルバム『Anyways』を、Kan Sanoはニューアルバム『Susanna』をリリース。ぜひチェックしてほしい。

Facebook

ページトップへ