笑福亭仁智、再開の天満天神繁昌亭「安心して笑っていただくのが最低条件」『#ラジぐぅ』

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため3月3日から閉館していた天満天神繁昌亭が、7月1日から再開します。6月29日(月)放送のラジオ大阪(OBC)の昼のワイド番組『OBCグッドアフタヌーン #ラジぐぅ』には、落語家で上方落語協会会長を務める笑福亭仁智さんが出演し、自粛中の苦悩と繁昌亭再開に向けた意気込みを語りました。

久しぶりのスタジオゲスト

緊急事態宣言発布以来初めてのスタジオゲストに笑福亭仁智さんを迎えた出演者の西川かの子さんと桂三語さん。隣に座る仁智さんと三語さんは少し距離を取り、向かいの西川さんとはアクリル板を挟んでの会話ですが、それでも久々のゲストを迎え、スタジオは高揚した雰囲気です。

仁智さん「うん、いいですね、私もzoom会議とか、その前はメールとか電話とかありましたけど、やっぱり駄目ですね。近い距離は(感染防止のために)ダメですけど、根本的に顔見てしゃべらんと。(自分も)メールしますけど、メールは情報を伝えるのはまぁええけども、気持ちを伝えるのはダメ。言葉の上手い下手で どう伝わるか分からへんから」

西川「ニュアンスって大事ですよね」

仁智さん「大事でしょ。相手はどう取るか分からないわけですからね。私らはね、たいがい怒ることのほうが多いですよね。文章見て、何を考えとんねんという(ふうに思って怒ってしまいます)」

そんな仁智さんに、三語さんが「師匠、(落語ができなくて)ストレスたまってますか?」と聞くと「たまってるねぇ、ホンマたまってる」とうなずきました。

仁智さん「私の場合は、最後に高座に上がったのは3月3日でしたね。そこからずーっと休みで、4・5・6(月)。で、この前ね、東京の末広へ呼んでいただいて。東京が6月から寄席が始まったんですよ。(そこで)2日間出して頂いて、そっからまた、(大阪でも)いよいよ繁昌亭が(始まります)。(予定どおり7月1日に再開できれば)数えたら121日ぶり」

長い自粛期間とようやく見えてきた活動再開に想いを巡らせました。

上方落語は「休業要請対象外」?

活動自粛期間中、自治体の休業要請外支援金の申請について妻と協力してまとめ、上方落語協会に共有したという三語さんを、仁智さんが「えらいもんやね、この子はすごいですよ。支援金の書き方とか全部教えてくれましたから」と評価すると、本人は「あんまり覚えてないですね。奥さんが僕がやってるように見せかけてくれてますわ」と笑って謙遜しました。

この支援金について、仁智さんは抱えている思いがあるようです。

仁智さん「3月からずっと121日間落語してへんのやで。ホテルも居酒屋さんも確かに大変だったよね。そやけど(お店は)開いてたやん。私らずっと休んでて、でも、休業要請支援金の枠外やねん。上方落語協会は、天満天神繁昌亭を3月3日からずっと閉めてましたわ。去年の7月にリニューアルオープンしてこれからやーいう時に、ライブハウスでクラスターが発生して、もう自粛ムード(になってしまった)。3蜜(を避けるようにって)言うたから、そういう意味で言えば、劇場もお客さんが集まってそういう(3蜜になる)空間ですから「やめましょう、自粛しましょう」の先駆けやと思って、先鞭をつけたいう気持ちで(自粛を)啓蒙の一助になるようにやって、(新型コロナが)早く終息すればと言う気持ちでやって。ところがこの休業要請支援金の対象外やねんて、上方落語協会は。繁昌亭休んでるのに(支援金を)くれはれへんねんて。なんでしょうね。 本当にがっくりしてるんです」

一気にそう話した仁智さんは一息つくと「まぁ、これはもういいんですよ、またなんとかなるでしょう」と話題を7月1日の天満天神繁昌亭の再開に戻しました。

「安心して笑っていただくのが最低条件」趣向を凝らしての再開

121日ぶりに再開予定の天満天神繁昌亭。8月末までは、時間を短縮して、日替わりで6組の演者が出演するといいます。

仁智さん「今までみんな、家でたまってる落語のパワーをぼーんとぶつけてもらおうと(思っています)。きっとみんな一生懸命稽古してるはずですから。とりあえず、生きてたよー元気でっせーって。生存確認みたいなもんですわ。」

仁智さんの声からは再開を心から喜ぶ気持ちが伝わってきます。

もちろん、感染症防止対策にも万全を期し、216席をガイドラインにしたがって102席に減らし、館内は昨年7月に行った設備のリニューアルにより常時換気されるそうです。また、府の大阪コロナ追跡システムの導入や、手指の消毒、検温も徹底しておこなうといいます。

仁智さん「検温がね、また楽しみです。(笑福亭)鶴笑君に人形作ってもらってね、これがまた面白い。可愛らしい。もう何回でも検温してもろて。来ていただいて、安心して笑っていただくというのは、もう最低の条件ですからね」

随所に来場者を楽しませるための趣向を凝らした繁昌亭は、来場できない人も楽しめるよう、オンライン配信も行うそうです。

詳しくは天満天神繁昌亭のホームページをご覧ください。

今やすっかり定着した噺家のオンライン配信については、可能性も感じるという仁智さん。

仁智さん「若い噺家さんがテレワークいうて、2月ぐらいから(オンライン配信を)始めました。その時は全然思えんかってんけど、4月5月と自粛が長くなるにつれて、これからアフターコロナはちょっと変わるんじゃないかと(思い始めた)。転んでもただ起きんと(ただ起きるだけではなくて)、ピンチをチャンスに変えなあかん。落語ファンの方もそういうライブ配信に慣れてきたっていうか、配信ってひょっとしたら新しいビジネスのチャンスなんじゃないかと、やってみる価値はあるなと思いまして。(オンラインなら)どこからでも見れるねん。」

西川「本当にそう。通常216席しかないけど500人でも1000人でも見れるって事なんですから」

「1万人見たらどないしようかしら思ってね。」と笑う仁智さん。

最後にファンに向けて、「ライブ、生が一番やなと(やっぱり思います)。出るほうもそうなんですが、見ていただくお客さんもそうだと思います。ですから、リアルの繁昌亭も是非とも見ていただいて、来れない事情のある方はオンライン繁昌亭で(ご覧ください)。一粒で二度おいしいという落語。今後ともよろしくお願いします。 」とメッセージを送りました。

OBCグッドアフタヌーン! #ラジぐぅ
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 11時30分~14時00分
出演者:(月)西川かの子、桂三語、(火)高山トモヒロ、池田淳子、(水)石田靖、森川由香、(木)浅越ゴエ、松本雅子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

田中みな実、ネット上で「“YOSHIKIさんを冒涜している”と言われているみたいで…」ドラマ「M」で話題の“ドラムシーン”秘話

鈴木おさむと陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park」。音楽配信サービスSpotify 協力のもと、今週アクセスが急上昇した上位 20 曲を生放送でカウントダウン。7月3日(金)放送のゲストは、ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/ABEMA)での“怪演”が話題の田中みな実さん。ここでは、ネットで話題となった第6話“ドラムセットのシーン”について語りました。


田中みな実さん


◆「私のアイデアだったのですが…」(田中)
おさむ:ドラマ「M」第6話の“ドラムセットのシーン”が放送されるやいなや、(ネット上で)かなり爆発しました。どうですか?

田中:どうですかって、おさむさんが書いた台本じゃないですか(笑)?

おさむ:それはそうですね(笑)。

田中:でも、私がなんとなく想定していた感じにはならなくて。監督から、ドラムセットの下にあるキックを踏みながら「『許さないVS許さない』って言ってほしい」と言われて。

さらに「『どっちの「許さない」が勝つのかなーーーーー!? 』というセリフは、思いきりやって」と言われました。手をクロス(してシンバルを叩いたり)するのは、私のアイデアだったのですが……(ネット上では)「YOSHIKIさんを冒涜している」とか、いろいろ言われているみたいで……。

おさむ:大丈夫です。YOSHIKIさんは僕の高校、千葉県の安房高校(あわこうこう)の先輩なので!

◆「耐えなさいよ、女優なんだから(笑)」(おさむ)
おさむ:(礼香がシンバルを叩き終わったあとに)ちゃんと手で抑えて止めるシーンがおもしろいですよね。

田中:最後にシンバルをキュッと手で抑えて、ちゃんとミュートしました(笑)。抑えないと、次の繋がりに影響が出るかなと思って止めたんですけど、その仕草を見たマサ役の三浦(翔平)さんと、アユ役の安斉かれんちゃんが爆笑しちゃって。かれんちゃんなんかは、次のシーンでリアクションを取らなきゃいけないのに、笑いをこらえきれなくて三浦さんの後ろに隠れていました。

おさむ:結局、そのまま使われていましたね。本当は、アユ(安斉かれんさん)はリアクションをしなきゃいけないのに、おもしろすぎて耐えられなくて、マサ(三浦翔平さん)の後に隠れていたんです。

陣:すごい裏話です。

おさむ:すごいでしょう? それを使っているんだから面白いんですよ。しかし、耐えられないってどういうことよ(笑)。耐えなさいよ、女優なんだからって(笑)。

田中:安斉さんと三浦さんを映すカメラがまわっているときも、一応私もお芝居をやる予定だったんですけど、私がまた芝居をすると、どうしても笑っちゃうということで「田中さんは何もせずにそこにいてください」って言われて、ただ下を向いてそこに立っていました(笑)。

<番組概要>
番組名:JUMP UP MELODIES TOP20 supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 12:00~14:55
パーソナリティ:鈴木おさむ、陣(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jump/

Facebook

ページトップへ