いとうせいこう「マンモス展」を通して世に問いかける『ハッピー・プラス』

いとうせいこうさん(右)と、番組パーソナリティ 慶元まさ美

ラジオ大阪(OBC)が平日朝に放送しているワイド番組『〝新しいおとな〟の朝に!ハッピー・プラス』。9日はゲストに作家でクリエイターのいとうせいこうさんを迎え、月末から大阪で開催される「マンモス展」について伺いました。

「マンモス展」展示構成監修を引き受けた理由

パーソナリティの慶元まさ美が「マンモスって、興味があると言うか、未知の世界じゃないですか」と言うと、いとうさんは「動物園行っても見れませんもんね」と頷きました。「例えば恐竜だと骨格標本や(イメージ)映像で見せる。今回のマンモス展の場合は、永久凍土から地球温暖化によって出てきた、まさに(マンモス等)そのものがいるので、これは普通の展覧会では全然見たことないようなもんだと思ってるんです。だってそのまんまだから」と今回の展示の貴重さを力説しました。

「もともとせいこうさんはマンモスに興味があったんですか?」と慶元から聞かれると、「いや、僕はそんなに詳しくないです」といとうさんは首を横に振ります。そんないとうさんがマンモス展の展示構成監修を引き受けた理由を語りました。

いとうさん「やってみてくれないかって知り合いから頼まれて、考えてみたんですね。例えば『普通にマンモスを持ってきました。古生物の世界(の展示)です』ってことになったら、それは専門家の科学者の方がやればいいじゃないですか。ところがこのマンモス展の場合は、何万年も前の世界と、こっから先の未来の問題がある。で、この真ん中の、今我々の現在っていうのは、気候変動が起こって、温かくなっちゃってるからこのマンモスが出てきた(という時代)。これらをつなげて語るのは、僕みたいな人間の方が『過去から未来ってこういうことなんじゃないですか』、『生命ってどういうことですか』っていうことを含めて(語ることができると思う)。これ、他の人だとできないかもと思って、じゃあ僕やりますっていう形(になりました)」

慶元「ということは、(マンモス展の)会場の中は、過去から現在を通って、未来に進んでいくような感じになっているんですね」

いとうさん「(展示の)最後の方は、DNAから生命が復活するとはどういうことかという技術の問題を分かりやすくパネルで漫画にしているから、『あれ?さっき(最初の方では)3万年前のこと考えてたけど、今もう未来のこと考えてるわ』って(思わせるんです)」

いとうさんはさらに「あと驚くのは、すごいちっちゃい子ども達が、パネルを一生懸命お父さんお母さんと一緒に読んでるんですよ。子どもって、むしろ大人より柔軟にわかるんだなぁと思って」と、感慨深げに話しました。また、以前に行われたトークショーでの質問コーナーを「次々に子どもが手を上げて的確な質問をしてるんです。学者も驚いちゃって身を乗り出して説明し始めて。それはそれは感動的なシーンだった」と回想しました。

マンモス展を通して問いかけたいこと

「子どもさんと行くもよし、大人同士で行くもよし、一人でどっぷり浸るもよし…」と言いながらも、「私は一人で行こうと思います」と言い切る慶元。いとうさんが「マンモスの世界の人たちから『マンモス展をやったら、おばあさんが拝んでいた』って話をよく聞くんです。なんかそういう(拝んでしまうような)気持ちになっちゃうみたい。『出てきていただいてありがとうございます』って」と話すと、慶元は笑いながらも、「思わず手を合わせてしまうんでしょうね、『ありがたい…』って」と自らもマンモスの写真に向かって手を合わせました。いとうさんも一緒に手を合わせながら「今、(マンモスたちから)何かを感じて、考えて生活を変えていきましょうっていう時なのではないでしょうか」と話しました。

マンモスに向かって手を合わせる2人

いとうさんは今回のマンモス展を「人それぞれ違う答えのある展覧会」と言います。「(展示の)最後に『みなさん、本当にこのまま、地球このままでいいですか、どういう未来を選びますか』っていう問いかけがある」と明かしました。

番組リスナーに向けて「一回(見ただけ)で(その答えを出すことは)たぶん無理だと言うか、消化しきれないし、日によって答えが違っても仕方がない。だから何度も何度も見てもらって、人とも話してもらって。自分たちも、そろそろ生活とか生き方だけじゃなくて、経済のシステムや何やら含めて今考えなきゃいけない時。そんな時に『マンモス、出てきてくれてありがとう』っていう気持ちが僕にはあります。(皆さんにも)そういう気持ちで見ていただけたらと思います。」とメッセージを送りました。

『マンモス展 その「生命」は蘇るのか』は、31日(金)から9月22日(火・祝)まで大阪南港ATCギャラリーで、午前10時から午後5時まで、会期中無休で開催される予定です。

詳しくは公式HPをご覧ください。

 

「〝新しいおとな〟の朝に!ハッピー・プラス」は毎週月~金曜日の午前7時50分~11時に放送中。月・火曜日は南かおり、水・木曜日は慶元まさ美、金曜日は若宮テイ子が番組パーソナリティーを務める音楽と情報満載の番組です。

この放送は、16日までラジコのタイムフリーで聴くことができます。

”新しいおとな”の朝に!ハッピー・プラス
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~金曜 7時50分~11時00分
出演者:(月・火)南かおり、(水・木)慶元まさ美、(金)若宮テイ子
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

日向坂46高本彩花 佐々木美玲の家に泊まり続けていた過去を明かす「みーぱんの家は安心感がすごくある」「長居しちゃう」

日向坂46の佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組「ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!」(毎週金曜 11:30~11:55)。この番組は、ランチ前に「ほっ」とするような“癒やし”の時間をお届けすることを目指していますが、たまに(?)脱線してしまう番組です。5月24日(金)の放送は、ゲストに日向坂46からの卒業を発表している一期生の高本彩花さんが登場! ここでは、佐々木美玲家で起こったエピソードを語り合っていました。


日向坂46の佐々木美玲と高本彩花


佐々木:私と彩は同じ一期生なんですけど、たぶん一緒にいる時間が一番長いと思うんだよね。

高本:確かに! みーぱんのお家にめっちゃ泊まっていたよね(笑)?

佐々木:泊まってた(笑)!

高本:昔は本当にみんな、ずっと入り浸ってたもんね。みーぱんのお家って、すごく居心地が良いし“泊まっていいよ”って全部受け入れてくれるというか、安心感がすごくあるんだよ。

佐々木:それ、めっちゃ言われる(笑)。

高本:だから、長居しちゃう(笑)。懐かしい~。

佐々木:それでさ、私が飼っていた犬がいて、私は「くま」って名前を付けたのに違う名前で呼んでさ(笑)。

高本:ハハハ(笑)。

佐々木:まだ飼い始めたばかりで、本人もまだ名前を覚えていない頃だったから「違う名前で呼ぶのをやめて!」って、ずっと言ってた(笑)。

高本:それは、みーぱんが不在で、としちゃん(加藤史帆さん)と私でくまの子守りみたいなことをしていた時間があって、としちゃんが(違う名前で)ずっと呼んでいたのよ(笑)。

佐々木:(笑)。でも今は、ちゃんと“くま”って覚えてくれたから良かった。それこそ、くまを一緒に見に行ったのも彩なんですよ。

高本:そうだね! 一緒に行ったわ。

佐々木:あとは韓国旅行も行ったり、それぐらい本当に一緒にいる時間が長いから……。

高本:確かに! 思い返してみればそうだね。

佐々木:思い返さないでちゃんと覚えていて(笑)。

----------------------------------------------------
5月24日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月1日(土) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!
パーソナリティ:日向坂46(佐々木美玲、河田陽菜、富田鈴花)
放送日時:毎週金曜 11:30~11:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/hitoiki/

Facebook

ページトップへ