小野大輔による司馬遼太郎作品朗読「朗読によって誰もが司馬の世界を体感出来る」

朗読を担当する、声優 小野大輔さん

ラジオ大阪(OBC)が土曜の夕方に放送する『川口技研Presents 司馬遼太郎短篇傑作選』は、文豪司馬遼太郎作品の朗読をお送りしています。

2012年にスタートしたこの番組は、女優の竹下景子さんがナビゲートし、一つの作品の朗読を一人の声優が担当します。10月からは第9期に突入。その最初の作品「売ろう物語」を担当するのは、前期に続き2回目の登場となる、人気実力派声優 小野大輔さんです。

ナビゲーターの女優 竹下景子さん

数多くのアニメ作品に出演し、声優アワード主演男優賞を過去2回受賞した実績を持つだけでなく、アーティストとしても活動するなど、幅広く活躍する小野さんが朗読するのは「売ろう物語」(全5回)です。

「売ろう物語」あらすじ

時は安土桃山時代から江戸時代の初期。播州出身の幼馴染かつ同姓同名の武将と商人、「後藤又兵衛」の物語。武将又兵衛(後藤基次)は黒田家の家臣として黒田如水(黒田官兵衛)と黒田長政に仕え武功を挙げるも長政とは不和で、如水の死後、黒田家を出奔する。智勇ある武将又兵衛を諸国の大名が召し抱えようとするが首尾良く進まず浪人生活を送ることになる。そんな時、京都の街で幼馴染の商人又兵衛と再会するが…。

小野大輔さんのコメント

 --ストーリーについて感じたことは?

 「同じ名前を持ちながら、まったく別の人生を歩んだ2人の又兵衛。あの時代だからこその悲喜交交と、抗いようのない運命。そこに生きていた人間の熱量をそこはかとなく、ひしひしと感じられるストーリーでした」

 --作品を読んでみて感じたことは?

 「セリフの躍動感、会話における2人の距離感を意識しました。生きたセリフ、生きた会話になればなるほど、語りの部分との差異も生まれ、相乗効果としてストーリーが立体的に伝わるのではないかという狙いがありました。時代がかった言い回し、用語などが絡み合い、難易度が非常に高い文章でしたが、だからこそやりがいがありました」

 --番組リスナーのみなさんにメッセージをお願いします

 「朗読することによって、様々な垣根が取り払われて、老若男女問わず誰でもが司馬遼太郎先生の世界を体感することが出来るようになる。素敵な番組です。まだ体感していない方にもぜひ触れていただきたいコンテンツなので、これを機にまた、より多くの人の耳に届くといいなと感じています」

『川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選』は、首都圏では同時刻にTBSラジオから放送されます。

radikoのプレミアム会員なら、どこからでも聴くことができます。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選
放送局:OBCラジオ大阪 他1局ネット
放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:竹下景子、小野大輔
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

税収が2年連続過去最高額を更新、しかし歳出の半分も賄えず 森永氏「税収の中で全てを賄おうとする理屈がおかしい」

7月6日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、2021年度の税収が過去最高額を更新したというニュースについて、寺島尚正アナウンサーと水曜コメンテーターで経済アナリストの森永康平氏が意見を交わした。

財務省は7月5日、2021年度の国の一般会計決算概要を発表した。税収は67兆円で、企業の業績回復を背景に2年連続で過去最高額を更新した。一方で歳出総額は142兆円を超え、税収の2倍を超えた。新型コロナウイルス対策の予算が膨らむなどしたことが要因だ。

寺島アナが「過去最高の税収と聞くと、景気がよいのかなと思いますが」と尋ねると、森永氏はその見方を否定した。

「例えば、去年から見て年収が上がったとかボーナスが出たということは、少なくとも私自身はありませんし、私の周りの知人と話していても、そういう景気の良い話は出てきません。その中で軒並み物価は上がっていて、個人的には景気が良い要素なんかどこにもないと思うので、景気が良いから税収が上がっているというのは考えられないわけです」(森永氏)

また、物価上昇によって消費税が増える状況にも疑問を呈した。

「消費しないと、人間は生きていけない。当然ながら売価が上がれば、それに対する10%の消費税がかかってくるわけで、景気の善し悪しに関係なくとられてしまう税金であるということを考えると、明らかに景気が良くないのに税収だけが上がっていく現象はおかしいのではないかと思います」(森永氏)

寺島アナが、新規国債発行額が57兆6000億円にのぼる点について、厳しい財政運営が続くと指摘すると、森永氏はこう反論した。

「結局税収で賄えない分を国債で発行していて、それがけしからんという話だと思いますが、そもそも税収で全部賄おうとしていること自体がおかしな話なわけです。予算を決め、支出して世の中にお金が出回って、その一部を税として後から徴収しているというだけの話をしているのに、なぜ全てを税収の中でやらないといけないのか。そもそもの理屈がおかしいと思います」(森永氏)

Facebook

ページトップへ