尾上右近、大河ドラマ『青天を衝け』出演は「もしかしたら…と期待あった」

ラジオ大阪(OBC)が毎週土曜の昼1時から放送する『あみるのママで』は、河島あみると川田一輝が、気になるトピックスや断捨離・掃除、魚に関する豆知識などを紹介する番組です。2月6日は、歌舞伎俳優の二代目 尾上右近と電話を繋ぎました。

大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)に、孝明天皇役で出演

右近は、2月14日より始まる大河ドラマ『青天を衝け』に、孝明天皇役で出演。「もともと、大河ドラマに出る機会があったら嬉しいなという気持ちがあった」と明かしました。さらに、この『青天を衝け』と自身について、「主人公である渋沢栄一さんと、(自身の)曽祖父に付き合いがあった」、また「脚本家 大森美香さんが、去年(自身が)出演予定だった舞台の脚本を書いていた」などの接点を挙げ、「作品とのご縁、脚本家さんとのご縁で『もしかしたら出させていただけるんじゃないかな』と期待みたいなものがあった」と漠然とした希望が徐々に明確な期待に変化したことを説明。そして、実際に出演の話があった時の気持ちを「歌舞伎俳優の方々が天皇の役をなさることが多く、何か歌舞伎役者に課せられているその役の表現というものがある(と思う)。僕を歌舞伎俳優の一人として呼んでいただけたのがうれしい」と使命感と率直な思いを語りました。

大河ドラマの撮影現場については、「(撮影は既に)始まっている。(現場に)プロフェッショナルが集まって、バトンを繋いでいく様は感動的で身が引きしまる。その中に飛び込んでいくのはワクワクした気持ち」と充実感を表しました。また、「歴史を感じる瞬間もたくさんあるし、長く続いて繋がってきたもの(というところが)歌舞伎に似ているのかな、伝統芸能に近いんじゃないかなと思ったりした」と自身の世界と共通するものを感じると明かしました。

『三月花形歌舞伎』では、歌舞伎の魅力の紹介も

後半の話題は、3月6日(土)より行われる『三月花形歌舞伎』に。今回は、同じ演目でも俳優による魅力の違いを楽しめる構成になっており、A・Bパターン、さらに奇数日・偶数日によって異なる4パターンの配役で行うといいます。

演目の中で河島が目を留めたのが「歌舞伎の魅力」というもの。内容について、右近は「歌舞伎の魅力、歌舞伎の楽しみ方をご案内する一幕。若手の俳優が普通の着物を着て、より親しみやすく分かりやすく、お客様にお伝えする。案内や導きがあれば、より(歌舞伎の世界に)入っていきやすいのかなと(思う)」と説明。川田が「本当に(歌舞伎を)見たことがない人でも行っていい?」と不安気に聞くと「もちろん大歓迎。僕も含め、若手はフレッシュにエネルギッシュに歌舞伎の魅力を伝えることができると思うので」と応えました。

最後に、「歌舞伎は、日常を忘れさせるエンターテイメントの底力を持っている演劇。Aプロ・Bプロ・奇数日・偶数日と来ていただきたい。それが無理なら僕が出るAプロを是非(観てください)」と笑いました。

『三月花形歌舞伎』公演情報詳細

あみるのママで
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週土曜 13時00分~14時30分
出演者:河島あみる、川田一輝
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

神野三枝が気づいた「節電要請に応える電気ポットの使い方」

東海ラジオ『Paradise』(月~金9:00~11:00)は「あなたの人生がパラダイスに!」なるように、オトナな音楽、カルチャー情報、医療や介護の問題、ホットなエリア情報、役立つ生活情報、ショッピング情報など、様々な情報を持ち寄って、ホッと一息つける時間を演出する番組。DJは神野三枝。12月1日のオープニングトークは「今日から始まった節電要請」の話から。

Facebook

ページトップへ