アインシュタイン、見取り図らが奨励賞にノミネート!『第56回上方漫才大賞』ラジオ大阪・カンテレ同時生放送

第56回上方漫才大賞 4月10日午後3時より生放送

ラジオ大阪(OBC)は、4月10日(土)午後3時より『第56回上方漫才大賞』生放送します。

上方演芸界で最も長い歴史を誇る「上方漫才大賞」は今年で56回目。1966年(第一回)の、かしまし娘の大賞受賞以来、横山やすし・西川きよしやオール阪神・巨人、ダウンタウンなど、その時代を席巻したコンビ・トリオがこの賞を手にしてきました。

この日は、上方漫才大賞のほか、奨励賞新人賞が決定します。上方漫才界にあって、年度を通じて寄席・放送およびその他舞台などで最も活躍した者に大賞が贈られるほか、奨励賞部門では大賞未受賞者が、新人賞部門では結成10年目までの若手らが熱いバトルを繰り広げます。大賞は、事前の厳選なる審査で選出され、その結果を発表。奨励賞・新人賞はノミネートされた各5組・7組の計12組がステージで漫才を披露し、その審査を経て決定します。

この奨励賞・新人賞の審査には、番組聴取者も参加することができます。当日、OBCのホームぺージに表示される「かみまん投票」のバナーから、各賞ノミネートの中から最もおもしろいと感じたコンビに投票してください。

奨励賞に5組、新人賞に7組がノミネート

今回のノミネートは次のとおりです。

奨励賞:アインシュタイン、祇園、プラス・マイナス、ミキ、見取り図(以上5組)。

新人賞:エンペラー、風穴あけるズ、カベポスター、からし蓮根、コウテイ、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ(以上7組)。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ステージでの漫才披露を取りやめたため奨励賞・新人賞は、異例の選考中止となりました。2年ぶりの選考となる奨励賞・新人賞に輝くのは誰なのか、また、栄誉ある大賞にその名を刻むのは誰なのか。その瞬間に、どうぞご注目ください。

ラジオ大阪 第56回上方漫才大賞 ホームぺージ

当日の司会は、大平サブロー、藤川貴央OBCアナウンサー、関純子カンテレアナウンサーの3人が務めます。

OBC・カンテレで同時放送される『第56回上方漫才大賞』。ラジオでの放送は、放送後1週間、radikoのタイムフリーで聴くことができます。

第56回上方漫才大賞
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2021年4月10日 土曜日 15時00分~17時30分
出演者:大平サブロー、藤川貴央(ラジオ大阪アナウンサー)、関純子(カンテレアナウンサー)、アインシュタイン、祇園、プラス・マイナス、ミキ、見取り図、エンペラー、風穴あけるズ、カベポスター、からし蓮根、コウテイ、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

「盗作ではなく研究成果です!」半田健人が新曲『改札口』をつくった理由とは?

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分~/司会:中山秀征・アシスタント:石川みゆき)。12月4日(日)のゲストは、伍代夏子さん、半田健人さん、そして中継先の日野市から石原まさしさんです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

オープニングに昭和歌謡から『バス・ストップ』(平浩二)を歌った半田健人さん。

「好きな歌謡曲を3曲あげろと言われたら、そのうちの1曲は迷わず『バス・ストップ』をあげます。それだけ歌謡曲していて、完璧な作品で大好きな曲です」

新曲『改札口』は、敬愛する野口五郎さんへのオマージュ作品です。

「野口五郎さんのファンとしては、『私鉄沿線』をカバーする行為はあまりにも大きいんです。ならば自分用の私鉄沿線みたいな歌をつくってしまえばいいと思って手がけたのが『改札口』です。雰囲気は酷似していますが、盗作ではなく研究成果だと思ってくださいね(笑)」

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

半田さんは「高層ビルマニア」ですが、最近は「昭和のビル」を見て歩いているそうです。

「最近取り壊しになる昭和のビルが本当に多くて、鉄道が引退するときのようにインフォがあればいいのですが、中規模のビルやマンションは知らぬ間に取り壊しが始まります。日々、昭和のビルを見張って歩いています」という半田健人さんの「三揃いのスーツ」は、もちろん昭和のものだそうです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

今回も日野市の「高幡不動尊」から「中継クイズ!ご当地ソングを当てまSHOW!」を出題した石原まさしさん。今回も京王線高幡不動駅の接近メロデイからクイズです。

ヒントをいただいたのは、日野市と八王子市が本拠地のラグビーチーム「日野レッドドルフィンズ」に所属する東郷太朗丸選手と橋本法史選手でした。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

新曲『龍馬維新の志』を披露した石原まさしさん。デビュー曲『田原城山草枕』の続編で、幕末の土佐藩士・坂本龍馬の物語です。31歳の若さでこの世を去るまで残した数々の偉業と、愛する日本のために信念を貫いた男の生き様を綴り、歴史のロマンを感じさせる作品となっています。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

今年(2022年)、芸能生活40周年を迎えた伍代夏子さん。1982年7月21日、「星ひろみ」として歌手デビュー。「加川有希」「中川輝美」と改名を経て、1987年に「伍代夏子」として「戻り川」でデビューしました。

「星ひろみでデビューしたものの、4ヵ月で事務所が倒産し、しばらくレコード会社で事務の仕事をしていた時期もありました。加川有希、そして本名の中川輝美で5年、残り35年が伍代夏子です。この5年があるから、いまの私があると思います」

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

代表曲から『肱川あらし』を披露した伍代夏子さん。

「初めて船村徹先生につくっていただいた曲です。『肱川あらし観光大使』になったり、日本作詩大賞を受賞したり、たくさん思い出がある曲です」

新曲『人生にありがとう』は芸能生活40周年記念曲です。

「作詞を荒木とよひさ先生にお願いしました。シングルを手掛けていただくのは、芸名が中川輝美だったときの『夢きずな』以来、36年ぶりのシングルなんです」

 

<<伍代夏子さんの情報>>

*アルバム『伍代夏子芸能活動40周年セルフセレクション・ベスト~人生にありがとう~』好評発売中!

*「新春ビッグステージ2023 伍代夏子&藤あや子 スペシャルコンサート ココロ花咲く!オンナの花道!」
・1月24日(火) 神戸文化ホール大ホール
・1月25日(水) 大阪フェスティバルホール
・1月26日(木) ロームシアター京都メインホール

○伍代夏子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.voicemusic.co.jp

<<半田健人さんの情報>>
・12月21日、原宿ラドンナで『半田健人LIVE~スライディング・ドアーズの奇癖』開催

○半田健人さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://handakento.com

<<石原まさしさんの情報>>
○石原まさしさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://エスプロレコーズ.com/ishihara/

Facebook

ページトップへ