アインシュタイン、見取り図らが奨励賞にノミネート!『第56回上方漫才大賞』ラジオ大阪・カンテレ同時生放送

第56回上方漫才大賞 4月10日午後3時より生放送

ラジオ大阪(OBC)は、4月10日(土)午後3時より『第56回上方漫才大賞』生放送します。

上方演芸界で最も長い歴史を誇る「上方漫才大賞」は今年で56回目。1966年(第一回)の、かしまし娘の大賞受賞以来、横山やすし・西川きよしやオール阪神・巨人、ダウンタウンなど、その時代を席巻したコンビ・トリオがこの賞を手にしてきました。

この日は、上方漫才大賞のほか、奨励賞新人賞が決定します。上方漫才界にあって、年度を通じて寄席・放送およびその他舞台などで最も活躍した者に大賞が贈られるほか、奨励賞部門では大賞未受賞者が、新人賞部門では結成10年目までの若手らが熱いバトルを繰り広げます。大賞は、事前の厳選なる審査で選出され、その結果を発表。奨励賞・新人賞はノミネートされた各5組・7組の計12組がステージで漫才を披露し、その審査を経て決定します。

この奨励賞・新人賞の審査には、番組聴取者も参加することができます。当日、OBCのホームぺージに表示される「かみまん投票」のバナーから、各賞ノミネートの中から最もおもしろいと感じたコンビに投票してください。

奨励賞に5組、新人賞に7組がノミネート

今回のノミネートは次のとおりです。

奨励賞:アインシュタイン、祇園、プラス・マイナス、ミキ、見取り図(以上5組)。

新人賞:エンペラー、風穴あけるズ、カベポスター、からし蓮根、コウテイ、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ(以上7組)。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ステージでの漫才披露を取りやめたため奨励賞・新人賞は、異例の選考中止となりました。2年ぶりの選考となる奨励賞・新人賞に輝くのは誰なのか、また、栄誉ある大賞にその名を刻むのは誰なのか。その瞬間に、どうぞご注目ください。

ラジオ大阪 第56回上方漫才大賞 ホームぺージ

当日の司会は、大平サブロー、藤川貴央OBCアナウンサー、関純子カンテレアナウンサーの3人が務めます。

OBC・カンテレで同時放送される『第56回上方漫才大賞』。ラジオでの放送は、放送後1週間、radikoのタイムフリーで聴くことができます。

第56回上方漫才大賞
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:2021年4月10日 土曜日 15時00分~17時30分
出演者:大平サブロー、藤川貴央(ラジオ大阪アナウンサー)、関純子(カンテレアナウンサー)、アインシュタイン、祇園、プラス・マイナス、ミキ、見取り図、エンペラー、風穴あけるズ、カベポスター、からし蓮根、コウテイ、ネイビーズアフロ、ラニーノーズ
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

テレビプロデューサー・佐久間宣行 ラジオ番組で娘をネタにした場合は使用料を請求される

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(10月19日放送)にテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。パーソナリティを務めるラジオ番組のネタ探しについて語った。

佐久間宣行

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。10月18日(月)~10月22日(金)のゲストはテレビプロデューサーの佐久間宣行が出演。2日目は、ラジオやエッセイでの「身内ネタ」について—

黒木)パーソナリティをされている「オールナイトニッポン0(ZERO)」では、「きょうは頭にどんなネタを持って行こうか」というようなことを考えてから臨まれるのですか?

佐久間)だいたい序盤の15〜20分はエンタメのニュースを話すので、エンタメのニュースを作家陣にラインで送って、メモにしてもらっています。フリートークは毎回、自分でメモをつくって、15〜20分くらいしゃべります。

黒木)週1ですから、週に1回、「これがネタになる」みたいなものを考えるのですか?

佐久間)そうです。いまコロナ禍ではないですか。そうすると家族の話が増えて来るのですよ。それで、娘から「ネタにしてもいいけれど、ネタにした場合は使用料をいただきます」と言われました。中3の娘と契約を結んで、別のお小遣いを払うことになったのです。

黒木)でも、そうしたら、自由にお話しできるではないですか。

佐久間)その契約を本当に書面で交わそうという話を2人でしています。

『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』

黒木)私もある新聞で5〜6年ほど週1でエッセイを書いていたのですが、週1ってネタに詰まるのですよね。

佐久間)そうなのですよ。

黒木)撮影にどっぷり入ってしまうと、撮影の話しかない。でも本当に読者の方が「それを読みたいか」と思うのですよ。

佐久間)わかります。それと、情報解禁などもありますものね。

黒木)それで、結局、おっしゃったように家族の話になるのです。

佐久間)やはり、そうなりますか。

黒木)そうなると、私の場合は夫の話が多くなります。

佐久間)黒木さんもネタ探しをそんなに一生懸命やっていられたのですね。エッセイは大変ですよね。

黒木)週1ですから、そのときはやはり、ネタ探しは。

佐久間)エッセイを読まれて、ご主人はどんな感じでしたか?

黒木)「こういうことがあったんだって」とか「そういうことがあったんだって」と人に聞かれるのだそうです。それで「また書いたの?」みたいな。

佐久間)まったく一緒です。うちの娘も、「お父さんとこんなことあったんだって?」と、同級生のリスナーから聞いたと言っていました。

黒木)家族のネタは親近感が湧いたり、共感してもらえる部分があるのですよね。その他には、私は料理をつくるのが好きなので、最近、ハマっている料理のことなども書きました。

佐久間)しっかりとネタを探しているではないですか。

黒木)もともとすごくお笑いが好きなのです。ですので、オチがないと。

佐久間)「オチがないと」ということを黒木瞳さんから聞くとは思わなかったです。

佐久間宣行

佐久間宣行 / テレビプロデューサー

■1975年・福島県いわき市出身。
■早稲田大学卒業後、テレビ東京に入社。「ゴッドタン」「青春高校3年C組」「あちこちオードリー」など数々の番組を担当。バラエティ番組を作るカリスマ・プロデューサーとして活躍。映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」では監督・脚本も手掛けた。
■2019年にはテレビ東京の現役局員でありながら、ニッポン放送『オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティに就任。番組内の愛称は「船長」。多くのリスナーを獲得している。
■2021年、テレビ東京を退社。フリーのテレビプロデューサーとなる。
■今年6月には扶桑社から、『オールナイトニッポン0』の活動を書籍化した、『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』が発売された。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ