笑福亭鉄瓶、聖火リレー走行を語る「師匠に代わって...」

聖火リレーで使用したユニフォームを着てトーチを持つ笑福亭鉄瓶

ラジオ大阪(OBC)が毎週月~木曜の午後6時から放送する『hanashikaの時間。』は、松竹芸能に所属する4人の噺(はなし)家(か)がアシスタントやゲストとともにトークを繰り広げる番組です。4月12日は月曜担当の笑福亭鉄瓶と松本美香が出演しました。

「時刻は6時を回りました。こんばんは」と、いつもの番組開始の文句を、やけに神妙な声で発した鉄瓶。「聖火ランナー、奈良県香芝市を走らせていただきました、笑福亭鉄瓶です」と続けます。この日、東京2020オリンピック聖火リレー、奈良県の2日目で地元香芝市のラストランナーを務めた後、生放送にかけつけた鉄瓶に、リスナーからも「配信で見ました。今日のお話、楽しみにしています」とメッセージが寄せられました。

鉄瓶は今回のコロナ禍での聖火リレーについて「賛否あったと思うんです。聖火をつなげるというのは、ただ手渡しすることじゃなくて、賛成も反対も意見を尊重したり、思いやったり、遠慮し合ったりの押し引きでできること。もう開催しようということになったのだから、どうやりましょうかというところで、否定の人のことももちろん考えないと」と思いを述べ、そうした中で毅然(きぜん)として運営にあたるスタッフを「すごく丁寧に動いていた」とたたえました。

笑福亭鉄瓶が使用した聖火リレーユニフォーム

当日着て走ったユニホームを見せながら「肌触りがすごくいい。めちゃめちゃ気持ちよかった」と絶賛する鉄瓶に、生地に触れた松本も「おぉっ、ツルツルやん~」と興奮。さらに鉄瓶からトーチを渡されると、「おぉぉ、うわ~」と声を上げ「こんな貴重なものを…」とますます恐縮しました。鉄瓶は「走る前にスタッフの方から説明を受けるんです。トーチを持つところはあごより上にするようにしてくださいって。低いと髪の長い方は『ボッ』ってなって燃えてしまうから」と説明し、「持ってみると思ったより軽いなと思うけど、これを片手に持ち続けながら走ると重量を感じます」と振り返りました。

そんな鉄瓶に松本が「でも終始、本当にいい笑顔で走ってたよね」と声を掛けると、「沿道の皆さんがスタッフの注意を守って、静かに拍手や手を振って応援してくださっていて、本当に素晴らしいなと思った。その応援を見ていたら、最後まで笑顔で走らないとという気持ちになりました」と頷きつつ、「うちの師匠(笑福亭鶴瓶)が、スケジュールが合わなくてご辞退したということもあって、師匠に代わってという思いも背負いながら…」と様々な気持ちを抱いての走行だったことを明かしました。

 また、沿道に母親の姿を見つけたと言い「すぐわかったんです。メカ音痴、まだガラケーの母親が、『写ルンです』を持ってて。『え、それまだ売ってたんや』ってビックリ」と笑い「いろんな方に支えてもらった一日でした」と笑顔を見せました。

 

hanashikaの時間。
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 18時00分~19時45分
出演者:(月)笑福亭鉄瓶、松本美香、(火)桂小春團治、小川恵理子、(水)笑福亭晃瓶、近藤綾香、(木)笑福亭鶴二、内海英華
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

男子バスケットボール・河村勇輝選手 高校時代の恩師も太鼓判!「いろいろなことを考える監督みたいなところがありました」

2024年パリオリンピックでの活躍が期待されるアスリートが熱い想いを語るTOKYO FMのラジオ番組「Cheer Up Station~route de paris~」。

5月19日(日)の放送では、「男子バスケットボール」の競技に注目。河村勇輝選手の母校、福岡第一高校 男子バスケットボール部の監督が、当時の河村選手の活躍について振り返りました。


※写真はイメージです



◆男子バスケットボールをけん引!河村勇輝選手に注目

2023年9月、「FIBAバスケットボール ワールドカップ2023」順位決定戦で、日本代表は最終戦となるカーボベルデ戦に勝利。結果、アジア勢最高位となる19位が確定し、2024年パリオリンピックの出場権を獲得しました。オリンピック出場は2大会連続8回目で、1976年のモントリオール大会以来、48年ぶりの自力出場となります。

日本代表のなかで、若き司令塔として活躍している河村勇輝選手は、現在23歳。2024年2月におこなわれたアジアカップ予選のグアム戦でもチーム最多の15得点6アシスト、続く中国戦でも12得点をあげ、チームの勝利に貢献しました。

パリオリンピックでの活躍も期待される河村選手。母校、福岡第一高校 男子バスケットボール部で河村選手を指導していた井手口孝(いでぐち・たかし)監督に、当時の活躍について伺いました。

河村選手は常にコート全体を見ており、メンバーチェンジをおこなう際は、交代選手が活躍できる機会を作ったそうです。「あえて最後はその子に打たせて終わらせることで、自信をつけさせます。次のクォーターでまたその選手が使えるようになると、(スタメン候補の)選手が広がるじゃないですか。そうすると、チームとしてよくなるんですよね。そういういろいろなことを考える監督みたいなところがあります」と井手口さんはコメント。「いい意味で話すことがない」と井手口監督が太鼓判を押す、河村選手の世界での活躍を期待しましょう。

番組では、井手口監督のチアアップソングの1つ、柳ジョージさんの曲「Go for "The Dream"」をオンエアしました。

----------------------------------------------------
5月19日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年5月27日(月) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Cheer Up Station~route de paris~
放送日時:毎週日曜8:55~9:00
パーソナリティ:TOKYO FMアナウンサー
番組サイト:https://audee.jp/voice/show/82868

Facebook

ページトップへ