小川恵理子が世界の歌をカタカナで歌う!マイケルが「ムスコがファイト」!?

小川が書き起こした「今夜はビート・イット」の歌詞

ラジオ大阪(OBC)が、毎週月~木曜18時から放送する『hanashikaの時間。』。火曜日は、桂小春團治と小川恵理子が担当しています。

小川が担当するコーナー「バック・トゥ・ザ・エリコ」では、アシスタント界の重鎮とも言われる小川が、若かりし頃の淡い想い出から最近の話題まで、赤裸々に語ります。関西と故郷 福井のなまりが混じった味のある語り口で、涙あり笑いありの尽きることのないネタを毎回披露しています。

そんな小川が最近挑戦しているのが、海外の曲を歌うこと。それも、その国の言葉ではなく、カタカナで聞こえたまま書き起こし、それを音楽に乗せて歌うという大胆なものです。

2月に、韓国の男性ヒップホップグループ BTSのヒット曲「ダイナマイト」を歌ったところ、これがリスナーに大ウケ。以来、「この曲を歌って!」というリクエストが多数寄せられ、とうとう「月末お気楽企画 カナ歌道場」という恒例企画になりました。

4月にはマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」に挑戦。その時に書き起こした中の「ムスコがファイト!」という謎の詞は、スタジオには爆笑を起こしました。

フランス語の歌詞を歌う、桂小春團治(右)と小川恵理子(左)

5月25日は、シルヴィ・ヴァルタン「あなたのとりこ」に挑戦。「フランス語なんて歌詞見ても歌われへんやろ」と首をかしげる小春團治に、「これこそカタカナで歌う価値がある!」と小川は胸を張ります。

大学時代、フランス語を選択したという小川は、恩師から一度は「センスがある」と言われたものの、その後は成績ガタ落ちで赤点ギリギリに。それまで「マドモアゼル エリコ~」と声を掛けてきた恩師からも、最後には「小川さん」と呼ばれたといいます。

「フランス語はまず耳から。難しいことを考えずにシンプルに耳からだよ」という恩師の言葉を振り返り、「でも先生! 30年以上たった今、奇しくも耳だけで!」とラジオから呼びかけ、小春團治と共にカタカナで書きとった歌詞で見事に歌い上げました。

「コロナが落ち着いたら、これを皆さんもカラオケで歌えば、『あいつフランス語できるなー』いうて評判にね…」と勧める小川に、小春團治は「なれへんわ!」と笑ってツッコみました。

小川の「カナ歌」、ぜひお聴きください!

hanashikaの時間。
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週月曜~木曜 18時00分~19時45分
出演者:(月)笑福亭鉄瓶、松本美香、(火)桂小春團治、小川恵理子、(水)笑福亭晃瓶、近藤綾香、(木)笑福亭鶴二、内海英華
番組ホームページ
公式X

※該当回の聴取期間は終了しました。

蓮舫氏の政治生命は限界? 石丸氏にも不安点…都知事選敗者の今後を読む

7月15日(月) 寺島尚正アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『おはよう寺ちゃん』(文化放送・月曜日~金曜日 午前5時00分~9時00分)が放送。月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と、都知事選で敗れた蓮舫氏、石丸氏について意見を交わした。

 

今回の結果が蓮舫氏の攻勢限界点では?

東京都知事選で落選した前立憲民主党参院議員の蓮舫氏がSNSで今後の活動について「今は、国政選挙はもう考えていない」と述べ、立候補の考えがないことを明らかにした。投開票からおよそ1週間となったおととい夜、都知事選後では初となる動画配信で、「国政から卒業して、都知事に手を挙げ、すごい景色を見た。120万を超える人が『蓮舫』と書いてくれて、これでまた国政に戻るというのは違う。渡り鳥みたいになる」と述べた。蓮舫氏は都知事選で、立憲や共産党などの支援を受け、およそ128万票を得たが、3位だった。

寺島アナ「上念さん、この表明についてはどうご覧になってますか?」

上念「う~ん、政治生命が終わったかな?みたいに見えちゃうんですけど、どうでしょう。128万票で3位だったので、これが彼女の攻勢限界点になるんじゃないですかね。では何するのか。このまま4年後の都知事選挙を目指すかは分からないですけど、その時はどうなっているんですかね。タレントとしても、若い世代はタレント時代の蓮舫さんを知ってる人はあまりいなくて、40歳ぐらいだともう政治家のイメージみたいですね」

寺島「ああ、もうすでにね」

上念「50代ですよ、蓮舫さんがタレントだったこと覚えてる人は。となるとやっぱなかなかきついですね。歳月人を待たずとはよく言いますね」

一方、東京都知事選で2位に躍進した前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏はきのうテレビ番組に出演し、自民党の派閥パーティー収入不記載事件について「一言でいうとダメだが、ダメなことをなかったことにしようとしている自民党が究極的に終わっている」と述べた。その上で、石丸氏なら自民党をどう変えるかと共演者に問われると、「私をトップに据えてくれるなら、自民党に入ってもいい」と述べ、「でも、ないでしょうね」と答えた。

寺島「上念さんは石丸氏の今後について、どうご覧になりますか?」

上念「石丸さんは、ポスター代を踏み倒して裁判で負けてますよね。そういうブーメランになりそうなことは、ちゃんとやってたほうがいいと思います。あの踏み倒し方は、結構ひどいですからね。そういった常識がないような指摘をされてる部分をどうするのかと。自民党を俺が変えてやるみたいな偉そうなことを言うのはいいんですけど、政治家は厳しく見られるので、その辺はどうなのか。そこまで言うなら、じゃあご自身はどうなんですかと言われるので、それも考えて発言してるのかなと、ちょっと心配です」

Facebook

ページトップへ