声優・関智一が朗読に挑戦!司馬遼太郎・傑作短篇「四斤山砲」

「四斤山砲」の朗読を担当する、声優・関智一

『川口技研 Presents 司馬遼太郎短篇傑作選』(ラジオ大阪・TBSラジオ 毎週土曜午後6時~6時30分放送)は、司馬遼太郎の遺した傑作短篇作品の朗読に、いま話題の人気声優が挑戦する番組です。

2012年10月から、ラジオ大阪とTBSラジオの2局で同時放送されているこの番組は、昨年10月から9年目に突入。今期は総勢8名の声優が1人1作品ずつ、計8作品の朗読に挑みます。7月10日(土)から全7回にわたり放送される作品は「四斤山砲」。

今作品の朗読を担当するのは、番組初登場となる関智一(せき・ともかず)。国民的人気アニメ『ドラえもん』でスネ夫役を演じるほか、『機動武闘伝Gガンダム』(ドモン・カッシュ役)、『のだめカンタービレ』(千秋真一役)で主演を務め、『鬼滅の刃』(不死川実弥役)や『呪術廻戦』(パンダ役)など話題作品への出演が絶えず、いま最も注目を集める声優のひとりです。

今回の作品朗読にあたり感想を尋ねたところ「短篇とは言え、朗読でこれだけのボリュームを一気に読み上げる事は、多く経験できることではありません。現代では馴染みの薄い言葉や、専門的な用語を、下読みの際に念入りに調べる。宝探しの様な気分で、夢中になって取り組めました」と語り「新選組や幕末史が大好きなボクは今回参加させて頂いて、本当に嬉しかったです。心を込めて朗読させて頂いたので、楽しんで頂けたなら幸いです」とリスナーにメッセージを送りました。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

ナビゲーターの女優 竹下景子

【「四斤山砲」作品あらすじ】時は幕末。新選組・永倉新八のもとに、剣術の師の弟を名乗る男が入隊を希望して訪ねてきた。男の名は大林兵庫。覚えのない永倉だったが、近藤勇に引き合わせると大林は大砲の砲術を饒舌に語り、砲術師範として迎えられる。しかし、新選組には既に阿部十郎という砲術師範がいた。立場を失う阿部。大林に疑念を抱き素性を追う土方歳三。やがてその正体を知る永倉。ふたりの砲術師範の決断が新選組の運命を動かしてゆく。大林と阿部、ふたりの生き様と彼らを待ち受ける結末とは…。

川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選
放送局:OBCラジオ大阪 他1局ネット
放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:竹下景子、関智一
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

作曲家・浜圭介のヒット曲で綴る『原光隆の歌謡曲主義』

「昭和の名曲が生まれた背景には、その歌を作った作家たちのドラマがある…」このフレーズで始まるのが「昭和のうたびと」。東海ラジオ『原光隆の歌謡曲主義』(日17:00~18:00)の中で毎週午後6時から(6時40分まで)放送しているコーナーだ。昭和から平成、令和へと歌い継がれている名曲とともに、作家の人生を紐解いている。

Facebook

ページトップへ