神戸の老舗ライブハウス「チキンジョージ」の歴史を語る!インストバンド「SIBERIAN NEWSPAPER」が送る深夜のトーク番組『しゃべり庵』

神戸「チキンジョージ」での収録風景

毎週水曜深夜3時から放送中の『SIBERIAN NEWSPAPERのしゃべり庵』。10月20日は、神戸の老舗ライブハウス「チキンジョージ」のホールでの収録を放送しました。

SIBERIAN NEWSPAPER(以下、シベリアン)は、10年来、チキンジョージ専務・児島勝さんの誕生日(10月14日)に「児島勝生誕祭」として、ここでイベントを行ってきましたが、昨年はコロナ禍でコンサートは中止し、老朽化したピアノに変わる新しいピアノの寄贈イベントを行いました。今年も収束の傾向がみられるもののライブハウスでのイベントは見合わせ、それに代わる企画として、今回の特別企画を放送しました。収録には、児島勝さんのほか、代表・児島進さん、音響スタッフ・藤澤奈央子(がちょ)さん、ステージ演出の「雷神」代表・大山輝満(テリー大山)さん、そして、シベリアンから阿守孝夫、藤田一宏が参加し、チキンジョージの歴史とバンドとの関わりを振り返りました。

今年、営業41周年を迎えたチキンジョージは、関西を代表するライブハウスの代表格で、関西におけるミュージシャンの登竜門でもあります。現在音楽シーンの第一線で活躍するミュージシャンの多くも、この舞台に立ちました。

41年前、この場所でキャバレー「エンペラー」の2階で始まったチキンジョージは、1階への移転・改装後間もなく阪神淡路大震災で被災。倒壊の恐れがあるため、やむを得ず解体し、残ったステージ跡で行った5月のイベントで進さんが思わず口にしてしまった「チキンジョージ12月に復活します」の言葉通り、スタッフ一同が駆けずりまわり、なんとか同年末に復活します。進さんはこの時のことを「『チキンジョージ、仮設かぁ。よぉ頑張ったなぁ!』『いや、これ本設なんですけど』って(笑)」と回想。そして、再建したチキンジョージには、前年にロスアンゼルスでの大地震を経験したMr.BIGが駆け付け、アコースティックライブを行いました。当初30分程度の予定だったところ、2時間半のライブを行い、大変盛り上がったといいます。この模様は、震災復興の一場面として、テレビでも放送されました。そのドキュメンタリーを、高校生の頃に地元・香川県で観たシベリアン・ギターの阿守は、チキンジョージのステージへの憧れの気持ちを一層強くしたと語ります。

こうして、チキンジョージは41年間、数々の危機に遭遇しながらも、多くのミュージシャンと、スタッフ、そして全国から訪れるオーディエンスに愛され、それを乗り越えてきました。「神風が吹いとるからな!」と豪語する勝さんに、「いや、勝さん、人の力ですよ(笑)」と阿守がツッコむ場面も...。そんなチキンジョージのオーナー3兄弟について、裏方で支えるスタッフは「いつも酔っている」と口を揃えます。番組冒頭のたどたどしい語りは、緊張のせいなのか、年齢のせいなのか、それともお酒のせいなのか…。ぜひお聴きください!

この番組は、言葉のない音楽・インストゥルメンタル(楽器のみ演奏される音楽ジャンル)の社会人バンド「SIBERIAN NEWSPAPER」が、深夜に送るトーク番組です。コロナ禍で活動を自粛する社会人バンドの活動第二幕として10月6日より放送を開始。一見見過ごされがちなことに取り憑かれた人にスポットを当てる、「しゃべり庵」のコーナーを中心に、ラジオ小説、音楽へのこだわりやとっておきの曲を紹介するコーナー、そして、今回登場したチキンジョージ専務・児島勝氏がリスナーの人生相談に乗るコーナーなど、メンバーの個性を生かしたバラエティに富んだ内容で展開します。

新しい世界、初めて聴く音楽、初めて触れる考え方...。知らなくても困らないけど、聴いて知れば、明日から世界が少し変わるかも...?

<SIBERIAN NEWSPAPERプロフィール>

<メンバー> 右より
阿守 孝夫 (アコースティックギター)
平尾 正和 (パーカッション)
土屋 雄作 (ヴァイオリン)
真鍋 貴之 (クラシックギター)
山本 周作 (コントラバス)
藤田 一宏 (ピアノ)

SIBERIAN NEWSPAPERは6人編成インストゥルメンタルバンド。2006年 1stアルバム「ASIATIC SPY」イギリスのマンチェスターで行われた音楽フェス「In The City」に出演、「世界中の全ての音楽を内包している」と評され、BBCにて世界中に放送される。

2007年、FUJI ROCK FESTIVAL出演、フランスの音楽見本市「MIDEM」に参加。

2008年、2nd アルバム「COMICAL SALUTE」タイガーIH炊飯ジャーTVCMに「SLOVENIAN MORNING」を提供。2009年、ヴィヴァルディ「四季」を編曲したコンサートを開催、同コンサートを収録したアルバム「四季」。エドワードゴーリーの絵本「敬虔な幼子」の世界観を楽曲化したコンサートを開催、PE’Z10周年トリビュートアルバムに参加。

2010年、3rd アルバム「HISTORIA SIBERIANA」。

2012年、4th アルバム「0」、演劇集団キャラメルボックス「無伴奏ソナタ」に楽曲を提供。

2013年、演劇集団キャラメルボックス「隠し剣鬼ノ爪、盲目剣谺返し」に楽曲を提供、愛知県豊川市制70周年記念番組「豊川からアルマ望遠鏡へ宇宙へと続く道」に楽曲を提供。

2014年、ラストツアーを行い活動休止。

2018年、神戸で行われたエストニア音楽祭への出演を皮切りに活動再開。

SIBERIAN NEWSPAPERオフィシャルホームページ

SIBERIAN NEWSPAPERのしゃべり庵
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週水曜 27時00分~28時00分
出演者:SIBERIAN NEWSPAPER
公式Facebook
公式Twitter
公式Instagram

※該当回の聴取期間は終了しました。

★今日の運勢★2021年12月4日(土)12星座占いランキング第1位は射手座(いて座)! あなたの星座は何位…!?

今日の占い「12星座ランキング」を発表! ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする、毎日運勢占い「12星座別ランキング&ワンポイントアドバイス」。2021年(令和3年)12月4日(土)のあなたの運勢を、東京・池袋占い館セレーネ代表・占い師の水森太陽(みずもり・たいよう)さんが占います。今日の第1位は射手座(いて座)! あなたの星座は何位……?


【1位】いて座
今日は思考の整理をすると◎ 来年はどんな年にしたいかを考えてみると良いでしょう。いろいろイメージすれば、ますますやる気も出てくるようです。恋愛では、自分らしさを大切に。

【2位】しし座
充実した日になりそう。家族や友人と遊んだりするのも良いでしょう。楽しく過ごしていると、創作意欲が湧いてくるかも。手料理を振る舞ってみるのも◎ 写真に収めて記録に残しておきましょう。

【3位】おひつじ座
スケジュールを調整したり、趣味などの整理をすると気持ちがスッキリするでしょう。やりたいことがたくさんあるようなので、それらに優先順位をつけるのも◎

【4位】みずがめ座
交友関係が広がるとき。恋人募集中の人は、恋愛につながる出会いがあるかも。緊張しないことが大事です。自分の好きなアイテムを身に着けると◎ 自然に接していれば、相手にあなたの良い面が伝わるようです。

【5位】ふたご座
大切な人としっかり向き合うと◎ 堅苦しい雰囲気にならないように、相手が好きなものを用意したり、2人がくつろげるような工夫をすると良いかも。将来に向けて共通の目標ができれば絆も強まりそう。

【6位】やぎ座
心の思うままに行動すると運気アップ。賑やかな場所よりは、“自然がある場所”に行くと気持ちが落ち着くかも。夜空を見ながら今までの出来事を振り返ったり、これからのことを考えると◎

【7位】さそり座
お金や健康面など、身の回りのことを整理すると◎ 旬の野菜を使ったバランスの良い食事をとれば、運気アップにもつながるようです。

【8位】うお座
忙しい日になりそうですが、周囲からのサポートもあり、無事に終えることができそう。休憩時間などに、おいしいお茶を飲みながら会話をするのも良いでしょう。うまく気分転換することを心掛けて。

【9位】おとめ座
やるべきことがあっても、心と体はゆっくりしたいようです。こういうときに頑張りすぎると、かえってイライラしてしまいそうなので、適度に力を抜くことが大切かも。

【10位】てんびん座
何もしないと、あっという間に時間が過ぎてしまうかも。切磋琢磨できる相手のことを考えると、重い腰が上がりそう。運動など、習慣にできることを考えてみましょう。

【11位】かに座
今日は直感を頼りにすると◎ また、無理をするのは控えたほうが良いときでもあります。おいしいものを食べたり、お昼寝などをして英気を養いましょう。好きな人と会話をするのもアリ。

【12位】おうし座
あれこれ悩んでいる人は、いったん考えることをストップしましょう。カラッとした明るい人と接したり、リフレッシュできるようなことを積極的にしてみて。涙活をするのも◎

【きょうの一言メッセージ】
日本では見られませんが、本日の午後に日食になります。心が妙にざわつくかもしれません。また、自分の心と向き合うのに良いタイミングなので、内省してみても良いかも。

■監修者プロフィール:水森太陽(みずもり・たいよう)
池袋占い館セレーネ代表。10代から占いの研究と実占を重ね、東西の様々な占術を修得しており、毎年2,000人以上の鑑定を行っている。また、さまざまな媒体で活躍するプロ占い師を多数育てている。
Webサイト:https://selene-uranai.com/column/6152.html
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCK70ME4Xy7AXrJWv2CgtulA

Facebook

ページトップへ