大阪城天守閣館長・北川央「現代の大阪城主」が最後に語った秘話

(左から)和田アナウンサー、北川さん(大阪城天守閣館長)、原田アナウンサー

『原田年晴 かぶりつきフライデー!』(ラジオ大阪 金曜11:00~)は原田年晴・和田麻実子両ラジオ大阪アナウンサーがお送りしている情報番組。3月25日12時台放送の「昼下がりのトーク」では3月31日に大阪城天守閣の館長を退任される北川央(ひろし)さんをお招きし大阪城にまつわる興味深いお話や北川さんの大阪城に対するお気持ちを伺いました。

 

「大阪城のことは北川さんに聞けば全てわかる」と以前から原田アナと交流のあった北川さん。昭和62年から大阪城の学芸員として働き始めました。学生時代は飛鳥・奈良時代の日本古代史を専攻していたものの、研究に行き詰まり、古代史が難しいと感じた頃、大阪市立美術館に就職した先輩からの誘いで展覧会の仕事を手伝った時、「文化財を扱う仕事がやりたかったんだ」と気付かされ、学芸員になろうと決意。たまたまその時期に募集していた大阪城へ就職しました。約35年務めた大阪城、北川さんにとって中でも印象に残っている仕事は、海外にも大きな影響をもたらしました。

2006年オーストリア・エッゲンブルグ城に「大坂城」を描いたと思われる屏風絵があるので、その写真を見てほしいと頼まれた北川さん。それは間違いなく、「秀吉が亡くなる前後の大坂城と城下町を描いた物」だとわかり、日本だけではなく、ヨーロッパでも大発見というニュースになりました。さらにエッゲンブルグ城のあるオーストリア第二の都市グラーツは、中世の古い街並みも残る中、屏風絵の発見もあり、世界遺産に登録されました。それを期にエッゲンブルグ城から大阪城と友好提携を結びたいと、オーストリアの大統領夫妻・大臣ら約70名の政府高官も来日し2009年に調印式が行われました。それがヨーロッパで大ニュースとなり、今度はフランスのブルターニュ大公城からもオファーがあり友好提携を結びました。

1枚の屏風絵をきっかけに、ヨーロッパでの公演会も多数行うなど、世界的な活動をすることになった北川さん。「日本の首相に会ったことはないが、海外に行く機会が増え、オーストリアの大統領、各国の首相など国家元首と会う機会があるので、なんだか自分がエラくなったような気持ちになってしまう」とも。

「ここでヨーロッパの話を聞くとは!」と驚く原田アナンサーは続いて、北川さんにとっての秀吉という人物について質問しました。

「秀吉は天才的で頭がよく、庶民からの成り上がりで庶民の気持ちもわかる。だから庶民の気持ちをうまくコントロールしながら、一方裏面は怖い人。冷血な支配者というイメージです」

放送中の様子(大阪城天守閣館長・北川央さん(左))

原田アナウンサーが過去に北川さんに何度かインタビューや質問した中で、忘れられない話が「大阪城公園内の梅園のすぐ横にある急な坂道。その坂道を覆っているコンクリートを取ると、その下に雁木(がんぎ)という石段が全部残っているんです」というエピソード。この石段は徳川幕府が「大坂城」を再築した際に作ったものだそうです。こんな風に大阪城について質問すれば何でも答えてくれる北川さんに、絶大の信頼を置く原田アナウンサーは35年の功績を称える意味も込め「現代の城主ですよ」と呼び、北川さんも照れ笑い。

貴重な話を語って下さった北川さん。そんな北川さんにとっての大阪城とは、「大阪城は、家にいるよりも長く過ごしてきた場所なので、人生そのもの」と、最後に定年を迎える気持ちとして、

「まだまだ退職という気分ではなかったが、こういう風にラジオなどに出させていただく機会が増え、やっと実感してきた。やりきったという気持ちはないが、持たされた時間の中で精一杯のことはやったという気持ち」

と語りました。

また、北川さんは大阪城について数多くの本を出版され、昨年12月には「大坂城―秀吉から現代まで50の秘話―」というタイトルの本を出されました。大阪城にまつわるエピソードが中心のこの本ですが、真田家の話も多く載せられています。

「執筆時、ちょうどドラマで「真田幸村」が取り上げられ、真田家についての講演会もあり、その際、新たに気付いたことや発見があったので、今回は真田のエピソードが多くなっている」

とのこと。歴史好きにはたまらない一冊となっています。

 

これから桜の時期になり、華やかになる大阪城。風景を楽しむだけでなく、北川さんが教えてくれた随所随所に残る歴史や秘話に思いを馳せるのも、また違った一面に出会えるかもしれません。

原田年晴 かぶりつきフライデー!
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週金曜 11時00分~14時00分
出演者:原田年晴、和田麻実子、北川央(大阪城天守閣館長)
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

12星座×タロット占い「牡羊座(おひつじ座)」2024年4月22日(月)~4月28日(日)のあなたの運勢は? 総合運・開運メッセージ

ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする12星座占い「2024年4月22日(月)~4月28日(日)の運勢占い」。12星座×タロットカードで占う「牡羊座(おひつじ座)」のあなたの運勢は? 12星座別の開運メッセージもお届けします。
(監修:東京・池袋占い館セレーネ所属・石川白藍(いしかわ・はくらん)さん)





■牡羊座(おひつじ座)
カード:女教皇(正位置)


内なる智慧と直感力が高まっている時期です。自分の価値観に従って、真実の道を歩むことが大切です。知識を深め、スピリチュアルな成長を遂げることができるでしょう。他者からのアドバイスにも耳を傾けながら、最終的には自分の心の声に従いましょう。

■監修者プロフィール:石川白藍(いしかわ・はくらん)
天の後押しがあって、2018年、2019年のスキルシェアサイト「ココナラ」にて、高いリピート率で2万以上あるサービスのなかでランキング1位となる。第六感の精度・占いの技術だけではなく、SNSマーケティング、子どもたちに生き方を教える塾の経営、コミュニティ運営、資産の作り方、行動心理学の知識など、幅広く培った経験を活かして、抽象的なメッセージだけでなく具体的な指針を伝えることができる。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
オンライン占いセレーネ:https://online-uranai.jp/

Facebook

ページトップへ