声優・小野大輔が司馬遼太郎の短編傑作「猿ケ辻の血闘」を朗読

『川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選』(ラジオ大阪・TBSラジオ 毎週土曜18時~)は、司馬遼太郎の遺した傑作短篇作品を、いま話題の人気声優の朗読でお送りする番組です。

2012年10月よりラジオ大阪とTBSラジオの2局で同時放送中のこの番組は、昨年10月に10期(SEASON 10)を迎えました。今期も総勢8名の役者が1人1作品ずつ、計8作品の朗読に挑みます。

4月2日(土)より放送を開始する第10期5作⽬は「猿ケ辻の血闘」。朗読を担当するのは番組3回目の出演となる小野大輔。人気アニメ等に多数出演するほか、アーティスト活動でも注目を集めています。5月7日(土)まで全6回の放送です。

 

【「猿ケ辻の血闘」作品あらすじ】

時は幕末。京都には薩摩、長州、土佐の三藩を中心に尊王攘夷派の過激志士が集っていた。市中の治安が悪化するなか幕府は警備にあたる京都守護職を設置して会津藩に役務を命じる。

京都に派兵された会津藩士のひとり大庭恭平は、密偵として御府内浪士一色鮎蔵を名乗り尊王攘夷派の志士に近づいていく。薩摩藩士の田中新兵衛とは料亭に通うほどの仲となったが、攘夷派で公家の姉小路公知をめぐって二人の運命は思わぬ結末を迎えることになる・・・。

 

【小野大輔コメント】

<作品について感じたこと>

描かれるのは幕末における暗殺計画の一部始終。シリアスかつダークな雰囲気が漂います。あの時代を生きた武士の生き様を鮮やかに克明に、しかし潔く淡々と描いた物語だと感じました。

<読んでみて感じたこと>

大庭恭平の会津弁のイントネーションがとにかく難解でした。さらに田中新兵衛は薩摩弁。この番組に関わらせていただいた中でも一番骨が折れました。そして声優として燃えました。方言がもつ温かさや熱さを大切に朗読させていただきました。

<番組リスナーの方へメッセージ>

声優として完全燃焼しました。楽しんでいただければ幸いです。

 

【小野大輔(おの・だいすけ)プロフィール】

5月4日生。高知県出身。「涼宮ハルヒの憂鬱」(古泉一樹)で注目を集める。声優アワード主演男優賞を過去2回受賞。近年の代表作は「ジョジョの奇妙な冒険」(空条承太郎)、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(古代進)、「おそ松さん」(松野十四松)、「進撃の巨人」(エルヴィン・スミス)など多数。アーティストとしても活躍中。

プレミアム会員登録をして全国のラジオを聴く!

川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選
放送局:OBCラジオ大阪 他1局ネット
放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:竹下景子、小野大輔
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

宮台真司が開いた各私塾の特徴とは?

4月17日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)、大竹メインディッシュのコーナーに社会学者、宮台真司さんが登場。自身の開いた私塾について語った。

大竹まこと「宮台さんは3月で65歳になられて、東京都立大学を定年退官されました。現在は私塾を開かれた、と伺っています」

宮台真司「もともとゼミに80人ぐらいメンバーがいたんです。学内の人は10~15人ぐらいかな。あとは学外から参加している映画監督、ミュージシャン、プロデューサーなどいろいろいるんです」

壇蜜「いろんな職の人が」

宮台「ゼミを、みなさんの不利益にならないよう、どう引き継いでいきましょうか、というときに、ひとつにまとめることができなかったので(塾が複数ある)。学問的なものを深める『思想塾』。昔、2005~6年ぐらいまでやっていて、そのあと朝カル(朝日カルチャーセンター)にプラットフォームを引き継いでもらったものです。『荒野塾』は社会という荒野を仲間と生きろ、とずっと言ってきた問題に関係していて。NGO、NPOや社会的起業家たちがメインのクライアントです」

大竹「はい」

宮台「社会を、あるいは人々を幸せにする、という場合に、どこが実践的なポイントになるのか、ということを話すんですね。たとえば焚火はなぜ良いのか。焚火だけでなく、火は人間同士が仲良くなるのに重要なんですけど、学問的な根拠もある」

壇蜜「火を囲むこと」

宮台「そういうことです。あと昔だったら立ち入り禁止の洞窟の中に入っていく、森の奥のほうに入っていく。法を破る、法を超える。そうすると法は助けにならないから仲間の関係、掟が助けになる。という実践的な知恵が山のようにあるんですね。それを皆で共有していく。あと『界隈塾』、これは力が湧く、力を奪われる、というのをキーワードにしています。90年代に入る少し前から、最初は『登校拒否』という名前で引きこもりが出てくる。これは力が出ない状態なんです。力が出ない人たちがどんどん増えた。80年代~90年代の境目ぐらいから、いわゆる鬱の人たちも増えてくる。これも力が出ないということなんですね」

大竹「うん」

宮台「じゃあ力が出るためには何が必要なのか。何がないから力が出なくなっているのか、ということをみんなで共有して。そこから先は荒野塾と少し違っています」

Facebook

ページトップへ