声優・安元洋貴が司馬遼太郎短篇作品を朗読「高ぶるものを感じました」

©番組初出演で「最後の攘夷志士」の朗読を担当する、安元洋貴

川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選』(ラジオ大阪・TBSラジオ 毎週土曜18時~)は、司馬遼太郎の遺した傑作短篇作品を、いま話題の人気声優の朗読でお送りする番組です。

2012年10月よりラジオ大阪TBSラジオの2局で同時放送中のこの番組は、昨年10月に10期(SEASON 10)を迎えました。今期も総勢8名の役者が1人1作品ずつ、計8作品の朗読に挑みます。

7月2日(土)から8月6日(土)までの全6回にわたって放送する7作⽬は「最後の攘夷志士」。朗読を担当するのは、当番組初出演の安元洋貴です。声優として人気アニメに多数出演するほか、映画吹替やナレーションなど幅広く活躍しています。

「最後の攘夷志士」あらすじ

時は激動の幕末。国学者系の攘夷志士、三枝蓊(さえぐさ・しげる)は紀州高野山にいた。

幕府親藩である紀州藩牽制を担う陸援隊から義軍の作戦家として招かれたのが三枝だった。

三枝と面会した陸援隊長代理の田中顕助は頭を悩ませる。勁烈な純正攘夷主義思想に対して、薩長両藩は外夷交戦を経ていまや密かに英国と結び軍制の洋式化を進めている。時流は変わり攘夷は倒幕の道具になっていた。

義軍は京都に入り解散。三枝ら一行は朝廷御親兵となり大政奉還をむかえるが、間もなく攘夷を捨て港をひらく布告が渙発される。攘夷のための勤王倒幕に生きた攘夷志士には到底受け入れられない現実。

節を守り続けた三枝の運命は大きく転換していくことになる――。

安元洋貴コメント

<作品について感じたこと>

むかしに読んだことがあった作品でしたので覚えていると思っていましたが、なにぶんずいぶんと時がたっていたため内容を結構忘れている自分がいました。だからこそ、改めてこういった形で触れられて嬉しく思っております。

純粋に武士というものの気持ちに触れることができて、高ぶるものを感じました。

 

<朗読して感じたこと>

言葉使いがいまとはだいぶ違うところがあり正直苦労したところも多かったのですが、要所々々で眼に入ってくる美しい日本語はとても気持ちがよかったです。

自分自身が言葉使いを粗雑にしているな、と改めて感じさせていただけました。

この歳になってもまだまだ学ぶものがあるなと嬉しくおもいました。

 

<番組リスナーへメッセージ>

お聞き苦しい点もあるかとおもいますがどうぞご容赦ください(笑)

ぜひ、司馬遼太郎先生の本を片手に聞いていただければ、よりおおきな臨場感を得られるとおもいます。

どうぞお楽しみください。

安元洋貴(やすもと・ひろき)プロフィール

山口県出身。声優、ナレーター。シグマ・セブン所属。主な出演作品は、アニメ「鬼灯の冷徹」鬼灯役、「フューチャーカード バディファイト」ジャックナイフ・ドラゴン役、「弱虫ペダル」の金城真護役など多数。映画「ジュラシック・ワールド」ではバリー役の吹替えを担当。NHK「クローズアップ現代」のナレーションも務める。

川口技研プレゼンツ 司馬遼太郎短篇傑作選
放送局:OBCラジオ大阪 他1局ネット
放送日時:毎週土曜 18時00分~18時30分
※放送局によって日時が異なる場合があります。
出演者:安元洋貴(朗読)/ 竹下景子(ナビゲーター)
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性に悩んでいます…相談者に江原啓之が愛の喝

スピリチュアリストの江原啓之がパーソナリティをつとめ、番組パートナーの奥迫協子とお送りするTOKYO FMのラジオ番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。

5月12日(日)の放送では、リスナーから届いたさまざまな相談に、江原がアドバイスを送りました。

江原啓之



<リスナーからの相談>
今回ご相談させていただきたいことは、風俗店で働いてお金を稼いでいた娘たちとの関係性です。
長女については、昨年に所得税の請求があり、問い詰めたところ風俗店で働いていたことが発覚しました。次女については、婦人科から2万円の投薬を受けた領収証があったことから、そのように感じています。私の直感ですが、ここ数ヵ月前から働いていたと確信しています。本人は否定していますが、嘘をついているのが分かります。

正直なところ、不自由なく暮らせているのに、風俗店で稼ぐ選択をした娘たちが理解できません。物欲、推し活のために自分の体を売り物にし、気持ち悪いと思います。受け入れ難いのですが、このことから学ばなければならないとも思っています。娘たちとどのような関係性でいるのが良いのか、どうか教えていただけないでしょうか。

<江原からの回答>
江原:私は風俗店で働くという職業を否定するつもりは全くありません。

昔、15年ほど個人カウンセリングをやっていたのですが、セックスワーカーの方たちもたくさん来て、いろいろな相談を受けました。ほとんどの方は生活のためにやっていましたよ。昔は、そうした選択をする方たちには、やっぱりいろいろなご事情がありました。「こういう仕事をしていると、世間ではいろいろとやかく言われるけれども、この私が家族・兄弟を養っていくのに、他に何ができるんですか?」とおっしゃるような方もいましたよ。

そういう事情のある方たちがいることは分かるのですが、相談者さんの娘さんたちは、そうではないですよね。過去のことは消せないでしょう。入れ墨と同じで、一度したものを消すというのは本当に大変で、年数がかかるものです。どこにどういう目があるか分からないですよね。必要に駆られて、自分の暮らしのためにやっているんだと胸を張って言えるのなら、風俗店で働いていたことについてとやかく言うような人々のことは、せせら笑って過ごせるでしょう。でも、ただ単にお金のためだけにやったのなら、後ろめたい気持ちが残ってしまう。

だから「どんな職業か」は問題なのではなく、「胸を張って生きられるようにしなさい」と言うのが、親の役目だと思うんです。本当に物欲や推し活のためだけにそういう働き方を選んでいたのだとしたら、子どもたちに対してそうハッキリ言うべきです。

奥迫協子、江原啓之



●江原啓之 今夜の格言
「“愛”と“後先”を教えるのが親の役目です」


----------------------------------------------------
5月12日(日)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 5月20日(月)AM 4:59
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25、エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
出演者:江原啓之、奥迫協子
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

Facebook

ページトップへ