カベポスター「せり上がって『M-1グランプリ2022決勝』の一歩目を踏み出したのは俺!」

右から、カベポスター 浜田順平さん、和田麻実子アナウンサー、カベポスター 永見大吾さん

M-1グランプリ2022決勝に出場したカベポスター 浜田順平さん永見大吾さんが、その2日後、レギュラー出演するラジオ番組『OBCグッドアフタヌーン!和田麻実子のみみよりだんご』(OBCラジオ大阪 毎週火曜日11時~14時放送)に出演しました。

「M-1から、おかえりなさい!」と和田麻実子アナウンサーに迎えられると、二人は「ただいま!」と応じ、スタジオに大きく張り出された「カベポスター M-1グランプリ2022 お疲れさまでした」と書かれた“垂れポスター”に「めっちゃうれしい」と笑顔を見せました。

M-1グランプリでは8位という結果に甘んじたカベポスター。不利と言われるネタ披露の1番手を引き当てたことが話題となっていました。「トップバッターの女神が僕らに微笑んだ」とたとえた浜田さんは「自分自身にどう納得させようか悩んで、行きついた答えがこれ」とその葛藤を明かしました。一方でトップバッター決定直後、カメラに向かってピースサインを見せていた永見さんは、真意を聞かれると「トップバッターを引いて、落ち込んでるとか、かわいそうって思われないようにしないとと思って、焦って中学生みたいなピースをした」と振り返りました。和田アナウンサーはそんな二人に、終始「そうかー」「本当にえらいね!」と声をかけ、心から労いました。

「ホンマ早かったです。一瞬でした」と悔しさを隠さず語る二人。M-1の画面から姿を消した後は楽屋に戻りましたが、浜田さんは「後の漫才も正直見れなかった。やりたいことはやれたし、ウケたけど、負けんねやろなって思った」と、しばらくの間うなだれていたといいます。逆に、永見さんは「僕はM-1を見るのに集中していた」と言いながらも「楽屋には各事務所のマネージャーさんとかがいて、戻った僕らに気を遣ってくれていたと思うけど、負けたてほやほやで卑屈な気持ちになって、一瞬『この人たち嫌い!』ってなって。皆を見たくないからM-1だけ見ようって画面に集中した」と秘めていた気持ちを語りました。

苦い思いを味わったM-1グランプリでしたが、そんな中、浜田さんが、M-1で最もアツいシーンとして挙げたのが、ステージに上がる直前にゴンドラで上昇する瞬間の「せり上がり」。自身のコーナー「浜田むねアツ!みみアツ!」でその瞬間を振り返り、「『笑神籤(えみくじ)』を引いた後のせり上がりを自分ができるなんて! あの時の鳥肌って忘れられない。いろいろな思いがあったけど、決勝で、あの時だけ足が震えて…。緊張とかではなく高揚」と語ります。「緊張ゼロやったよな?」と問われた永見さんも深く頷き「地下10階から上がってきた感じ。他のどこにもない」とM-1だけの特別な瞬間を振り返りました。

トップバッター、本当に辛かったけど、唯一自慢できるとしたら『せり上がって、M-1 2022の一歩目を踏み出したのは俺や!』」と胸を張った浜田さん。「自分がカベポスターファンで、せり上がってくるところを見たら泣いてしまう。もう一回視聴者として見てみたい。ホンマに踏みしめました。めっちゃ嬉しかった」と、あのステージに立った喜びを語り、「悔しいのはありますけど、こんなにアツいことはない。走馬灯確定!」と明言しました。

二人の健闘を讃え、神戸北野ホテルの「世界一の朝食」を取り寄せるなど、労いムード一色のこの日の『みみだん』。12月27日までradikoのタイムフリーでぜひお聴きください。

OBCグッドアフタヌーン!和田麻実子のみみよりだんご
放送局:OBCラジオ大阪
放送日時:毎週火曜 11時00分~14時00分
出演者:和田麻実子(ラジオ大阪アナウンサー)/ 浜田順平(カベポスター)/ 永見大吾(カベポスター)
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

「音楽」は“歌詞 or メロディー”どっちから好きになる? 津田健次郎「完全にリズム、もしくはメロディー派」

声優・俳優の津田健次郎がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新ラジオ番組「津田健次郎 SPEA/KING」(毎週日曜 12:00~12:30)。声優として数々の人気アニメ作品、俳優としても話題のドラマ・映画に出演。今もっとも注目を集める才能・津田健次郎のパーソナルな一面が知れるレギュラーラジオ番組です。5月12日(日)の放送では、20代の女性リスナーから届いた「音楽」に関する質問に答えました。


パーソナリティの津田健次郎



◆「リズム or 歌詞」どっちから好きになる?

<リスナーからのメッセージ>
「毎週(番組内で)津田さんが選曲されている素敵な音楽に関して質問があります。津田さんが音楽を聴くとき、リズムから好きになるか、歌詞から好きになるか、どっちが多いですか? ちなみに私は、リズムやメロディーを聴いて好きになるパターンが多いです」

津田:僕は完全にリズム、もしくはメロディー(から好きになる)派で、その後に歌詞を知ることもすごく多いです。音楽をよく聴いていた頃は洋楽のほうが多かったので余計にそうだったのかもしれないですけど、(歌詞の内容を知って)“こんな歌詞だったんだ!? 全然印象が違うじゃん”っていう曲もあるし、“メロディーにドンピシャに合ってるね”もあるし、“あれ? 意外とエッチなのね”もあるし(笑)。

メロディーから入る派としては“歌詞を後から知る”っていうのも1つの面白い楽しみ方ですよね。もちろん、歌詞から入る方もいらっしゃるでしょうし、そこからまた曲の世界が広がっていくと、すごく面白いでしょうね。

<番組概要>
番組名:津田健次郎 SPEA/KING
放送日時:毎週日曜 12:00~12:30
パーソナリティ:津田健次郎
番組Webサイト:https://15audee.jp/articles/news/arzGScruNeYzMYs9hC6vN9xF

Facebook

ページトップへ