「いまは心が焼け野原」日本に取り戻してほしい「価値無限思考」とは?

2月28日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)、大竹メインディッシュのコーナーに慶應義塾大学商学部准教授で経営学者の岩尾俊兵さんが出演。発売中の著書『日本企業はなぜ「強み」を捨てるのか』と『世界は経営でできている』に関連して、いまと昔の日本経済について語った。

大竹まこと「日本はいま、こういう状態になっているけど、戦後立ち上がってきて。焼け野原から、あっという間に世界のトップレベルまで(成長した)。ジャパン・アズ・ナンバーワンまでこぎつけたわけだ」

岩尾俊兵「本当にそうです。1945年の敗戦後、焼け野原になっている状態から、資源も土地もない、しかも敗戦で外交的にもいろんな制限がつけられた。それがたった20年ちょっとで、1968~1969年にはアメリカの次の経済大国になったという、とんでもない価値創造大国だったんですね」

大竹「朝鮮の動乱とかいろんなことがあって、それが景気を生んだ、という外因もあるけどね。それでも短い時間で立ち直ってきた」

岩尾「しかも脳みそという資源を使ったのがすごく大きいと思います。それをいま忘れている、と。みんな貧乏、貧乏と言うけど、いまは物質的にすごく豊かですよね。私もさっき食べましたけど、誰もが牛丼ぐらいは食べられるようになって。摩天楼はこの辺もいっぱい建っているわけですけど、逆に心の中が焼け野原、みたいになっている」

大竹「うん」

岩尾「アメリカが全部悪いというわけではないですけど、プラザ合意の、金がとにかく大事で、価値は有限で、無限につくれるのは幻想だ、と思い込んだことによって、いま心が焼け野原になっている。そういう状態だと思います」

大竹「なんでそうなっちゃったの?」

岩尾「一言でいうと、価値有限思考というものが蔓延したからだと思います。世の中にとって、誰かにとって、価値があるものですね。わかりやすいものでいうとお金とか。あとサービス、尊敬もそうですね。SNSの時代で、みんな尊敬という価値をほしがる。有限だから奪うしかないと思い込んで、奪い合いをするからギスギスしている」

大竹「うん」

岩尾「たとえば高齢者の方が豊かな生活をしている。価値は有限だと思っていると、若者の手に入る価値が減っているんだ、高齢者をどうにかしろ、という人がいる。それが文化人だと持てはやされて……。価値が有限だと思うからそうなるんです」

大竹「価値は無限だと」

岩尾「そういうことです。私の(著書)『世界は経営でできている』『日本企業はなぜ「強み」を捨てるのか』、どちらも価値有限思考から価値無限思考に戻そう、と。価値無限思考のほうがいいというわけではなく、もともとそれが本質だったんだ、と。日本の経済成長を支えたのも価値無限思考だったし、という。過去にもあったんだから過去の良さを取り戻して、もう1回、価値はつくれるんだ、という発想に戻そうと。そういうことです」

タグ

中川大輔・八木莉可子・乃木坂46 清宮レイらが“オニ語”を絶叫し躍動! 『鴨川ホルモー、ワンスモア』公開ゲネプロレポート

ニッポン放送と劇団「ヨーロッパ企画」上田誠のタッグでお贈りするエンタメ舞台シリーズ第4弾『鴨川ホルモー、ワンスモア』が4月12日(金)東京・サンシャイン劇場にて開幕。

公演前に初日前会見と公開ゲネプロ(通し稽古)が行われた。

本作は、第 170 回直木賞を受賞した万城目学のデビュー作にしてベストセラーとなった小説「鴨川ホルモー」とその外伝的続編 「ホルモー六景」を、“ワンスモア”とタイトルを新たに、京都を代表する劇団「ヨーロッパ企画」上田誠が総勢 18 名の豪華キャストで舞台化する、青春群像喜劇だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

舞台の幕が開くとステージ中央には、京都・鴨川の土手(可動式)が。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

二浪の末京都大学へ入学した安倍(中川大輔)が、菅原(岩崎う大)ら怪しい先輩たちから誘われた新歓コンパで早良(八木莉可子)への一目惚れをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」へ入部するところから物語は始まる。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

京大青竜会は、千年も昔から脈々と「ホルモー」のサークル。ホルモーとは、“オニ語”を叫び、鬼や式神を使役して戦う謎の競技。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

当初はホルモーに懐疑的だった安倍たちも、いつの間にか好奇心に負け、訓練に夢中で取り組む、そして京大青竜会のライバルである京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックス、立命館大学白虎隊との激しいバトルが展開されていくというストーリーだ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

ゲネプロ前に行なわれた初日前記者会見にて、高村役の鳥越裕貴が「オニ語だけで会話できる」、楠木役の乃木坂46 清宮レイが「オニ語も身体に染み付いている」と語ったように、ステージの上下左右でキャストがオニ語を叫び、躍動し、縦横無尽に動き回るパワフルなバトルシーンは見応え抜群だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

さらに、安倍と早良との恋愛模様や、恋敵となる芦屋(佐藤寛太)の存在感、楠木をはじめ、男性ブランコが演じる三好兄弟や松永らサークルのメンバーたちとの関係性、そしてそれぞれに紐づくストーリーが、誰もが一度が味わったことがあるようないい意味での青臭さとともに表現されている。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

キャストのそれぞれが輝き、そして笑える瞬間が随所にある、まさに青春群像喜劇だった。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

初日前記者会見にて中川は「自分の黒歴史を乗り越えていくことが本作の主題のひとつになっている」と語った。「ホルモー」という奇想天外なトピックについ意識が向きがちだが、ストーリーの端々から醸し出されるのは、青さ、甘さ、酸っぱさ、どこか恥ずかしくなるようなほろ苦さ。まさにそれは誰しもが経験したあの青春の日々だ。

『鴨川ホルモー、ワンスモア』

観終わった頃には、きっとホルモーから離れるのが寂しくなってきているはずだ。

Facebook

ページトップへ