フランス料理は自由! 鈴木おさむが「なんだその大喜利!?」と驚いた斬新なフレンチ

「おとなりさん」(文化放送)のゲストコーナー「10時のおとなりさん」の2月28日のゲストに、「白金オルタナティヴ」のオーナーシェフ・斉藤貴之さんが登場! フランス料理人が考案した自由すぎる新メニューとは?

斉藤貴之さんがオーナーシェフを務める「白金オルタナティヴ」は、町工場跡地をリノベーションしたオシャレな店内でフレンチをベースにした世界の料理が楽しめる。

鈴木おさむ「『白金オルタナティヴ』のコンセプトは“大人のファミレス”ですが、ベースはフレンチなんですよね? フレンチをベースにするとどんな料理になるんですか?」

斉藤「フランス料理の技術を使って中華・エスニック・和食を入れた料理を作っています。逆に普通のフレンチと違い、バターや生クリームをそんなに使わないので、食後感もすごく軽いです」

鈴木「今日はお聞きしたいことがあって。僕はそんなにグルメじゃないんですけど、食べることは好きです。イタリアンや中華は、イメージで料理がパッと浮かぶんですけど、フレンチって未だに実態が分からないというか、イメージが浮かびにくいんです。フレンチってどう思ってたら良いんですか?」

斉藤「そもそもフランス料理自体は幅広いんです。カジュアルなビストロから高級店のレストランまであるので、初めは町のビストロに行ってステーキとフライドポテトとワイン一杯で楽しんでいただけたら」

鈴木「えー。でも中華やイタリアンに比べて、フレンチは敷居が高いと言われませんか?」

斉藤「それはイメージです。30年くらい前にフランスから帰ってきたシェフたちが、三ツ星レストランみたいな高級店をやろうとしたんです。そのイメージが未だに残ってますが、フランスではフレンチは日常食なので。もっとカジュアルに楽しんでいただけたらと思います」

鈴木「何をしたら“うちはフレンチだ!”って言えるんだろう?」

斉藤「フレンチの伝統的な料理はあるんですけど、フランス料理の定義は本当に自由なんですよね。それをベースに料理人が自由に作ってます」

鈴木「創作料理はどういうときに思いつくんですか?」

斉藤「やっぱり食材を見て思いついたり、お酒を飲んで酩酊状態のときにパッと思い浮かんだりします。瞬間的に思い浮かぶので、私はそんなに考えないですね」

鈴木「料理って著作権が無いじゃないですか? 料理界では、他の人が作るのはタブーなんですか? それとも良いんですか?」

斉藤「本当は嫌です。うちもけっこうパクられます」

坂口愛美アナ「それは同業者が食べに来て?」

斉藤「食べに来たり、今はSNSで見たりして真似されますけど、されたら名誉なことなのかな? と思ってますね」

鈴木「誰かが作ったから流行るわけですからね」

そんな斉藤さん、最近も新作で変わった料理を考案したそう。

斉藤「ジビエでライチョウって鳥があるんです。スコットランドの鳥で苦みがあるんですけど、それをアイスクリームにしてエスプレッソをかけて。イタリアンのアフォガートにしたんですよ」

鈴木「え!? 鳥を? それはスイーツですか? 鳥料理ですか?」

斉藤「鳥料理です」

鈴木「へー、それは鳥を先に食べてアイスクリームを後から食べるんですか?」

斉藤「いや、これはアイスクリームが鳥なので……」

鈴木「あ、アイスクリームが鳥なんだ!! なんでそんなの思いつくんですか?」

斉藤「イタリアンでアフォガードを食べたときに“これはライチョウでいける!”って」

鈴木「なんだその大喜利!?(笑)」

斉藤「これはおもろい料理になりそうだ!と思って、すぐに仕込んだらいけましたね」

鈴木「お客さんのリアクションは?」

斉藤「“これはすごいなー!”と言ってもらうことが多くて。ただ、『ジビエコース』で、ジビエを食べにくるお客様向けに出しました」

鈴木「そっか。ジビエが好きな時点で、攻めてるお客さんだったんだ!」

斉藤「“その方々なら大丈夫なはず!”と思って。一般の方には出さないです」

鈴木「へー! 面白いなー!」

タグ

「特定の人としか話せない」10代の相談 いろんな人とコミュニケーションが取れるようになる会話のきっかけは?

ラジオの中の学校、TOKYO FMの番組「SCHOOL OF LOCK!」(月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55)。2月27日(火)の放送では、パーソナリティのこもり校長(小森隼/GENERATIONS from EXILE TRIBE)とCOCO教頭(CRAZY COCO)が、リスナーのメッセージをきっかけに“コミュニケーションの取り方”について語りました。



――リスナーのメッセージ

私は人前で話すのが苦手です。学校でもみんなと仲良くなりたいのに特定の人としか話せないし、スピーチをするときは緊張して涙が出てきたりします。私には女優になるという夢があるので、少しでもいろんな人とコミュニケーションをとりたいと思っています。どうしたらコミュニケーションが取れるようになるのか、教えてほしいです。
(16歳)

――コミュニケーションが取れるようになるには?

こもり校長:教頭は、元CAだから“いろんな人としゃべる”という仕事をしてきているよね?

COCO教頭:そうだね。でもCAをしていても、初めての人はめちゃめちゃ緊張するの。日本人だけと話すわけでもないし。

こもり校長:うんうん。

COCO教頭:ってなったときに、最初にやったのは……定型文を決めて練習してた。どんな人にも、「はじめまして、こんにちは。私は井上と申します。こういうサービスをさせていただきます」というのを、応用しないで話してたね。それが慣れてくると、自分のものとして腹落ちしてくるのよ。それを、1回試してみるのもいいかも。

こもり校長:でも、学校で「はじめまして、私は○○と申します」はできないじゃん。

COCO教頭:そっかそっか。

こもり校長:学校での定型文って、どうなるかな?

COCO教頭:例えば“趣味の話をする”とか、入口(最初の話題)を決めておく。「何をしゃべったらいいんだろう?」と思ってテンパっちゃうから、「私は、一言目にみんなの趣味を聞きます!」と決めちゃえば、そのテンパりは除けるよね。

こもり校長:たしかにね。

COCO教頭:そういう感じで、“入口を決めておく”のはオススメかな。



この日の放送では……
・「最近、仲がよかった子に避けられるようになりました。卒業までに仲直りしたいです」という中3
・「最近、部活のバスケが楽しいです。でも、今年度で顧問もコーチもいなくなるので、寄せ書きをして渡します」という中2
・「特技がなくて困っています。もう少しでクラス替えがありプロフィールを書くのですが、特技の欄に書くことがありません」という中1
・「最近の悩みは、アルバイトを掛け持ちするかどうです。短期希望なのですが、田舎だから長期募集しか見つかりません」という高3
と電話をつなぎました。

----------------------------------------------------
2月27日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年3月6日(水)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:こもり校長(小森隼・GENERATIONS from EXILE TRIBE)、COCO教頭(CRAZY COCO)
放送日時:月曜~木曜 22:00~23:55/金曜 22:00~22:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/lock/



Facebook

ページトップへ