東急のDXの今後の課題とは?

株式会社L is Bの代表である横井太輔氏がパーソナリティを務めるラジオ番組「L is B presents 現場DX研究所」(文化放送 毎週月曜日20:00~20:30)

5月27日放送には、先週に引き続き、東急株式会社 URBAN HACKS VPoEの宮澤秀右氏をお迎えし、DXに関する今後の課題や理想の働き方などについて詳しくお話いただいた。

松井佐祐里アナ(パーソナリティ)「DXに関する今後の課題は何ですか?」

東急株式会社 URBAN HACKS VPoEの宮澤秀右氏「リアルを中心とした個社最適のビジネスモデルをお客様中心のビジネスモデルにしていくです」

L is B代表・横井太輔氏(パーソナリティ)「詳しく教えてください」

宮澤「東急株式会社は連結子会社で130社の事業を抱えております鉄道事業、バス事業、不動産事業、ストア事業、百貨店事業といろいろあります。デジタルが来る前の世界というのは、そういった事業が自分たちのビジネスを自分たちの範囲で一生懸命やっていくことで、利益も生み出せてきましたしビジネスモデルが成り立ってました。ただ、東急株式会社として事業単体で勝負できていく世の中ではなくなってきています。我々の強みというのは、生活に必要とされるサービスを沿線を中心として一通り網羅できていること。お客様の生活の流れがいろんなお客様にそれぞれにあります。それをデジタルのサービスを使うことによって、より便利なものに変えていく。ただ電車に乗っていることの体験を突き詰めるっていうことではなくて、お客様のライフサイクルライフステージに応じたサービスをどういうふうにデジタル、ITを使って提供していくか、ここに対するチャレンジなんだと思います」

横井「今、取り組まれているサービスにはどんなものがありますか?」

宮澤「例えば、東急カードプラスというアプリケーションがあります。東急カードのユーザーさんを中心としたアプリケーションで、今までのそのカードの使い方というのは、例えば給料日の後に請求が来て、今月これだけ使っちゃったなと使ってしまったことの振り返りのために使われてました。そこを発想の転換として、お客様が商品を楽しんで使っていただくことをサービスの基軸にしたんです。コアな機能として東急沿線に住まれている方が、自分が好きなジャンルだったり、自分が住んでいるエリアを登録することによって、各社のおすすめサービスをそのアプリ上で見られるようになったんです。そういったものを最適化することによって、お客様にそのサービスが本当に刺さる。使ってもらうことによって、またファンになって新しい所を探しに行く。そういうようなコミュニケーションをお客さんと取りたいと考え、変革を行っています」

松井「宮澤さんが思う理想の働き方を教えてください」

宮澤「シンプルです。自分が楽しいなって思うことをやってる時が、一番成果が出ると思います。これは仕事だけじゃなくて、楽しいな、面白いなって思うことでやろうっていう気になる。自分たちがやっている開発、サービス、ソフトウェアを作ることで、楽しいなと思える環境をどう作るか?それが私のメインの仕事だと思ってます」

横井「私も全く同感で、よく頑張ろうって言いますけど頑張ってるうちは駄目で、面白いと思うと、頑張らなくてもできちゃうんですよね」

タグ

伊藤美来、高橋李依 アニメ『夜のクラゲは泳げない』に込めた想い!

声優の安元洋貴と白石晴香がパーソナリティ!週替わりで登場するゲストとのトーク!
リスナーのみなさんからのリクエストを中心に集計したアニメ、ゲーム、声優、特撮に関するナンバーのオリジナルチャートを発表していく1時間のミュージックプログラム、
「A&Gメディアステーション FUN MORE TUNE」!
6月15日はゲストに伊藤美来さん、高橋李依さんをお迎えして、TV『夜のクラゲは泳げない』特集をお送りしました。

伊藤さん演じる「光月まひる」は、どんなキャラクターなのでしょうか?「海月ヨルとしてイラストレーターで活動している子なんですけど、輝きたいな、変わりたいなって思っている。そんな時に李依ちゃん演じる花音ちゃんに出会って、JELEEのイラスト担当になるんです。私はお絵描き、凄く不得意です…(伊藤)」

高橋さん演じる「山ノ内花音」は、どんなキャラクターかというと「ちょっとした事件を起こしてしまって、アイドル辞めちゃうんです。そんな自分でも表現したいことがあるからとJELEEという匿名アーティスト活動を始めた人間で。自分の大好きな絵を描いてくれるヨル先生にお願いしたいとタッグを組み始めたところから物語が始まるんです(高橋)」

“それぞれキャラクターと似てると思うところは?”と聞いてみたところ「私、美来ちゃんのツッコミの仕方がめちゃくちゃ“まひる”だなって思ってて(高橋)」「確かに絶妙なテンションで突っ込む。なんか静か過ぎず、張り過ぎず。私のツッコミが“まひる”にだいぶ出てるかもしれない。オーディションで“まひる”のイラストと内容を見て、“私かも”と思っちゃうくらい。この子だと思いました(伊藤)」

アフレコ現場の雰囲気はどうだったのでしょうか?「こういうふうに演じたいなという思いを汲み取ってくれる現場です。どこのシーンも生きてきたなという感じ(高橋)」「それぞれの生き様がそこにある感じがしましたね(伊藤)」「富田美憂ちゃん演じる渡瀬キウイ、そして島袋美由利ちゃんが演じる高梨・キム・アヌーク・めい。JELEEのメンバー4人は基本的に一緒でした(高橋)」

そんな匿名アーティスト・JELEEのミニアルバム『JELEE BOX』が6月26日に発売されます。40mPさんが作詞、作曲、編曲を担当。「作中でJELEEちゃんが書いたというお話になっているので、40mPさんもJELEEちゃんになって書いているんです。私もJELEEちゃんが選んだ言葉、伝えたい言葉を、咀嚼してからじゃないと歌えない、なんか頂いた歌詞というのではなくて、セリフの延長線上で歌わせてもらってるなって感覚もありました。40mPさんが機材や環境、状況を作中のみんなにリンクさせながらベストな形を目指して、彼女たちの機材だったらどうするって考えてくれたんです(高橋)」

楽曲に対する印象も伺いました。「40mPさんが作詞、作曲、編曲、全部やってくれているので、理解度が追いつかない自分が悔しくて…花音なのに!(高橋)」「JELEEの良さっていうのは、お話ありきの楽曲なんです。だからミュージックビデオもみんながそれぞれ努力して成長した過程が映っていたりするし、花音の思いとかも話を見ないと分からない。リンクが素晴らしいなっていつも思ってます(伊藤)」

終始仲良さそうに、楽しそうに話してくれた伊藤美来さんと高橋李依さん。「夜のクラゲは泳げない」はお二人にとってどんな作品になったのでしょうか?
「この時代に届けたい思いがたくさん詰まってる作品になっております。見て頂いた人に絶対に刺さるセリフあると思いますので、ぜひ届いたらいいなと思っております(伊藤)」「自分の中の大好きを1個増やしてくれてありがとうの気持ち。ヨルクラ大好きになれて良かった!(高橋)」

Facebook

ページトップへ