日本とも「すごく似ている」イギリスの政治状況とは?

ニュースキャスターの長野智子がパーソナリティを務める「長野智子アップデート」(文化放送・月曜日~金曜日15時30分~17時)、6月19日の放送で毎日新聞論説委員の小倉孝保が、日本とも似ているという、イギリスの政治状況について解説した。

鈴木敏夫(文化放送解説委員)「日本でも、いつ解散総選挙なんだ、とずっと言われていますがイギリスでは現在、下院の総選挙が行われているんですね。スナク首相がイギリス議会の下院を、5月30日に解散しました。7月4日の総選挙に向けて、選挙期間の真っただ中です」

長野智子「スナク首相は、なんで下院を解散したんですか?」

小倉孝保「あそこの任期は5年で、来年の1月までには解散しないといけなかったんです。イギリスの場合、クリスマスは完全に休んでしまうので、10月か11月だろうとは言われていました。でもいま政権を持っている保守党の支持率がかなり低いんです。日本の岸田首相の政権より少し高いぐらいだと思います。インフレの収まり傾向が見られたんです。ずっとインフレが厳しくて、この状態で選挙すると必ず負ける、と言われていた。それが収まる気配があったからスナクさんは恐らく『ここだ』と思った」

長野「なるほどね。ほかの国の話ですけど、日本でもありえそう」

小倉「すごく似ているんですよ、イギリスと日本の政治状況って」

長野「保守党の支持率が低い、とのことですけど、選挙の情勢はどんな感じなんですか?」

小倉「保守党が20数%、対する労働党が40数%の支持がある。このまま選挙すれば、恐らく14年ぶりの政権交代になるんです。2009年に政治資金のスキャンダルが起きて、その前の2008年にリーマンショックが起きて経済がダメになって、2010年の選挙で保守党が政権を奪還した。以降、ずっと勝ち続けてきた。それが今回の選挙では、さすがにダメなんじゃないか、という。なんでこんなときに選挙するの、と保守党の議員は恐らく思っています」

長野「加えてBBCが『とんでもないオウンゴール』と書くようなことが起きたみたいで」

小倉「そうなんです、スナク首相が。6月6日がノルマンディー上陸作戦の記念日で、毎年式典はあるんですけど、今年は80周年。そういう区切りのときには各国の主だった首相、リーダークラスが集まってくる。ノルマンディーはフランスですから、フランスの大統領はもちろん、アメリカからバイデンさん、ドイツからショルツさんらが行っている。ノルマンディー上陸作戦って史上最大の軍事作戦で、80周年、現役の人が生きている最後になるんじゃないかと言われています」

鈴木「ああっ、そうか」

小倉「二十歳で参戦している退役軍人が今年100歳ですからね。僕が70周年で取材したときも、ほとんどいなくなるんじゃないかと言われていた。この80周年は車椅子で参加している人が何人かいたんです。でもあと10年は難しいと思います。大きな式典で、現役の人が出席している。連合国側のアメリカ、イギリス、カナダ、フランス辺りにとって、僕らからは想像できないぐらいの大切な式典だった」

長野「大切ですね」

小倉「イギリスのスナク首相は、イギリスの式典には出席したんですけど、そのあと国際式典に姿を見せなかった。なんだなんだ、と。労働党の党首はいたのに。調べたらどうやら、民放のインタビューに重なっていたみたいで」

長野「そんな大事なインタビューだったんですか?」

小倉「なんのインタビューだ、ということも話題になっています。スナク首相が言うには、解散を決めてから入った予定ではなく、前から予定は入っていたというんですけど、ノルマンディーはもう決まっている話で。なんでその時間にインタビューなんか入れるんだ、と」

タグ

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ