NHKを辞めて“飯塚事件”を徹底追求!「正義の行方」作者・監督がゲストに登場

お笑いタレント、大竹まことが同世代や全世代の男女に向けてお送りしているラジオ番組『大竹まことゴールデンラジオ』(文化放送・毎週月〜金13:0015:30 が621日に放送され、講談社から飯塚事件をテーマにした著書『正義の行方』が発売中の木寺一孝さんが出演。パートナーで作家の室井佑月とともに、飯塚事件について伺った。

大竹「ええと、『正義の行方』という御本は、この4月に映画化もされて、それが今も上演中ということですね。飯塚事件を丹念に取材されていますが、最初にこの事件のあらましについてちょっと教えていただけますか」

木寺「1992年の2月に福岡県飯塚市という、もともと炭鉱の町だったところで、小学1年の2人の少女が忽然と姿を消して、翌日そこから離れた甘木市の山中で、遺体となって発見されたという痛ましい事件です。実は証拠がほとんどなくて、犯人の逮捕まで2年7カ月かかるんですね。そこで逮捕されたのが近所に住む当時56歳の男性、久間三千年(くまみちとし)元死刑囚。この事件の特徴は、その人がずっと無実を主張して直接的な証拠がないことです。でもあっという間に裁判では死刑が確定します。当時、死刑の執行はスピードが早まっていたとは言え、本人が自白をしていない、証拠がない、裁判のやり直しを求める動きもある中で、2年という短い時間で死刑が執行されて、そして死刑執行後の再審請求が今も続いています」

室井「なんでそんなに早まったんですか?」

木寺「これはもうブラックボックスなんですよね。まあ陰謀論的には、「西の飯塚、東の足利」とも言われる足利事件があって、こちらは菅家利和さんという方がDNA型鑑定で逮捕されたんですけども、改めてDNA型を再鑑定したら無罪だったんです。実はそのDNA鑑定はMCT118型という古いタイプで、飯塚事件と同じなんです。それで、足利事件で再鑑定をやるかどうかが進んでいた中で、飯塚事件の久間元死刑囚の死刑執行が行われたんですね。ここがちょっと疑念を持ってしまうというんですね」

室井「私、すごい不思議でならないんですけど、今の進んだ科学だったら、もっと詳しく鑑定できるかもしれないじゃないですか」

木寺「先日、鹿児島県警のニュースがありましたけれども、要するに証拠を保全するなと、警察自体がやっていたというんですね。日本にはDNA型鑑定の血液だとか、そういう科学的証拠や資料を保全しなさいっていう法律が無いので、もうやりたい放題なんですね」

大竹「日本にないということは、他所の国ではそれはあるんですか?」

木寺「これは世界の趨勢といいますか、スタンダードになってきています」

大竹「木寺さんは、最初、NHKにいらしたんですよね。この事件にどういうふうに関わってらしたんですか?」

木寺「2009年に再審が始まった時、死刑を求める被害者遺族のドキュメンタリーをやっていまして、その取材の中でこのケースを知りました。最初は弁護側の取材からスタートしたんですが、NHK的には死刑が執行された事件を番組で扱うのは、非常にハードルが高いんですね。要するに確信を持ってないといけない。弁護団さえ掴んでいない証拠を持ってるのかと、上司からは、本当に軽く考えるなと言われました。「この事件、この番組を作るっていうことは、世の中がひっくり返るっていうことなんだからな」と、かなり怒られました(笑)」

大竹「で、怒られて、その後どうしたんですか?」

木寺「その後、2012年ぐらいから撮影を始めました。それはようやく再審の動きが弁護団に高まってきて、DNA型鑑定に捏造の疑いがあると、警察がどうも切り貼りのようなことをしていると。そういうことが動き始めた時期で、これはもしかしたら再審になるかもしれないということで、1年半ぐらい密着して撮影をしたんですね。この時も再審が開始したらというハードルがありました。それで70時間ぐらい撮影したんですけど、結局2017年に再審が棄却ということになって、ちょっとお蔵入りに」

大竹「膨大なやつが。何年もかかって調べたやつが」

木寺「そこから、どうにかしたいと思って、もう数えられないきれないぐらい提案を書き直したんですよ。NHKってA4の紙で企画書を出して、そこでお金を貰うわけですけど、もうあらゆる手を尽くして書いたんです」

この続きはradikoのタイムフリー機能でご確認ください。

タグ

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ