マイクロソフトを抜いたエヌビディアって何がすごい?入山章栄が解説

6月18日のニューヨーク株式市場で、アメリカの半導体大手、エヌビディアの時価総額が3兆3352億ドル(日本円で約526兆円)となり、マイクロソフトを抜いて、初めて世界トップとなった。

野村邦丸アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ番組『くにまる食堂』(文化放送・月曜日~金曜日9〜13時)6月19日の放送は、ジャーナリストの入山章栄氏(週替わりパートナー)がこのニュースを受けて、エヌビディアとはどんな会社か解説した。

野村邦丸(パーソナリティ)「世界中で半導体不足といわれる中で、今、エヌビディアが飛ぶ鳥を落とす勢いなんだそうですね」

入山章栄「これ、大ニュースですよ。エヌビディアは、世界で最も注目されている会社なんです。何をやっているかというと、半導体を作ってる会社なんです」

邦丸「半導体を作る会社の中でも、この会社は何がすごいんですか?」

入山「今、生成AIが世界中でブームになってるわけです。世界のハイテク産業は生成AIが人類を変えるということで盛り上がってるんですね。その生成AIを動かす時に、半導体が必要なんです。今までも、パソコンやスマホなどに半導体は入っていたんですけど、エヌビディアは世界で最もレベルが高い生成AI向けの半導体が作れるんです。エヌビディアの半導体は生成AIの時代、色々なところに入っていくだろうという期待値で株価が上がって時価総額がものすごく上がっているんですね」

邦丸「今、エヌビディアの独壇場だということですね」

入山「半導体は、大きくいうと設計図を作るイメージのファブレスと実際に組み立てるファウンドリがあるんですね。エヌビディアは設計だけをやってる会社で、自分たちで工場を持って作っていないんです」

邦丸「日本の半導体のほうは、どうなんですか?」

入山「日本は設計をやる方はちょっと厳しいんです。ですが、工場で作るほうは得意なんです。細かいものを作るのは、日本人は得意。半導体はきれいな水が必要。日本は水がきれい。ファブレスは苦手だけど、ものを作るほうは強いと世界で思われているんです。ですので、ファウンドリの会社である台湾のTSMCが熊本に工場を作った。同じような狙いで日本人が作ったのが北海道にあるラピダスという半導体の会社。ここも、千歳に大きな工場を作っています。今、世界中の半導体企業が日本に注目してるんです」

タグ

実は暑い!パリ五輪は史上最も暑い大会になる可能性も…

まもなく開催されるパリオリンピック・パラリンピック。しかし最近のフランスは夏の猛暑が深刻化しているという。716長野智子アップデート(文化放送)」は、ハフポスト日本版編集長の泉谷由梨子にパリの猛暑について伺った。

長野「パリも暑いんですよね」 

泉谷「暑いんです。開幕が7月26日ということで間近に迫っているんですけど、猛暑の影響が心配されています。前回は2021年の東京大会でしたけれど、この時は気温34℃、湿度70%で史上最も暑い大会になったと言われているんです。しかし今年、また更新してしまうのではないかと言われているんです」 

長野「えっー!」 

泉谷「フランスでも最近は夏の記録的な猛暑が深刻化していまして、2022年にはフランス史上最も暑い夏になっていて、2023年には5000人が暑さによって死亡したんです」 

長野「フランスで?」 

泉谷「気温も40℃以上になる日が増えていて、日本は暑いと思いきや、実はフランスも熱波の影響が深刻になっているんです。ヨーロッパってそもそも涼しいイメージがありますけれども、フランスは気候変動による影響を最も受けやすい地域で欧州の中で一番酷暑で死亡する確率が高い地域というふうに言われているんです」 

長野「それは知らなかったな~」 

泉谷「元々涼しい地域が多いからなのか冷房の普及率も日本ほど高くない」 

長野「選手村も冷房がないんですよね。なんか床を冷やすんでしょう?」 

泉谷「そうなんです。地下水を汲み上げて冷却するんですけど、それは涼しいからというよりも史上最も持続可能な大会というコンセプトがありますので、二酸化炭素排出量を削減することで温室効果ガスの量もこれまでの大会から半減というのを明確に目標に掲げているからなんですね。ただ猛暑が選手のコンディションに影響を与えかねないということで、各国がエアコンを選手村に持ち込んでしまって結局エコになっていないという状況にもなってしまっているんです」 

Facebook

ページトップへ