超豪華声優陣がラジオドラマを熱演!「青山二丁目劇場」

人気声優によるラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』(月・午後8時30分~9時00分)。12月3日と10日の放送は、古川登志夫さん・田中秀幸さん・松島みのりさん・平野文さんら超豪華声優陣を招いてお送りします。

青ニプロダクション所属の声優によるラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』は、2006年にスタートした文化放送の人気番組です。
今回声優たちが演じるドラマ「空に記す」は、この企画のために書き下ろされたオリジナル作品。本シリーズは、2017年に単発の企画としてスタート後、2018年からはおよそ月に1本という連続企画として実施してきました。
そしてこのたびそのクライマックスとして、豪華声優陣がそろって出演することが決定しました。W主演の古川登志夫さん(矢島寛二役)・田中秀幸さん(北川純役)に加え、須藤祐実さん、岸尾だいすけさん、平野文さん、江原正士さん、松島みのりさん、山下恵理子さんの全8名の実力派声優が熱演します。

この「空に記す」は、訳あって日本全国を旅する二人の男、矢島寛二(演・古川登志夫)と北川純(演・田中秀幸)の旅物語で、これまでシリーズを通して全12道府県を巡り、今回の放送では東京に戻って来てからの模様を描いたものになっています。

今すぐ12月3日オンエアを聴く!

青山二丁目劇場
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜 20時30分~21時00分
出演者:古川登志夫、田中秀幸、須藤祐実、岸尾だいすけ、平野文、江原正士、松島みのり、山下恵理子
番組ホームページ

【パーソナリティー】
古川登志夫(劇場支配人)
青二プロダクション所属の声優の皆さん(ドラマ)

【メールアドレス】
aogeki@joqr.net

※該当回の聴取期間は終了しました。

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ