シリアから帰国・安田純平氏が生出演。『大竹まこと ゴールデンラジオ!』

文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(月-金 午後1時00分~3時30分)の本日の放送に、ジャーナリストの安田純平氏が生出演し、以下のようにコメントしました。

大竹:「40ヶ月拘束されたわけですけど、隣の部屋で拷問があったり、飲まず食わずの20日間をやり通したり、ご自身も覆面した人たちにボコられたりして、心の方は大丈夫ですか?」

安田:「今のところはフラッシュバックみたいなものはそんなにないんですけども、たとえば向こうで寝てるときに夢を見て、自分の家にいてドアを開けて出ればそのまま逃げられるんじゃないかというように思って、そこで目が覚めると周りがコンクリートということがあった。でも今、家にいるわけですよね。で、目が覚めると家にいて、これは自由なのかあの時の夢の続きなのかがわからないときとかあって。そういう、まだ現実なのかどうかがわからなくなることがありますね」

大竹:「拘束中、(安田さんが)壁を蹴ったりして暴れた後はどうなるんですか?」

安田:「無視というか。周りにも囚人がいて、周りと喋ってはいけないということになっているんですけど、本当にこちらがバランスを崩してしまうと全部喋ってしまうかもしれない。そうするとまずいから、逆に扇風機とかを盛大にまわしてうるさくして…。扇風機がまわってないと静かなので全く身動きとれないんですけど、まわるとうるさくなるので音を立てても良いので楽になるんです。こちらがキレてしまったと向こうが思ったら、奴らは逆にうるさくしてそれ以上はしないようにする。寸止めをするというか」

大竹:「コーランもお読みになって、向こうの宗教のことがより深くわかるようになったと」

安田:「そうですね。ある程度勉強はしていたんですけど、イスラム教の中で特に自分でも胸に落ちる部分とかは結構あってですね。人間は弱いものであると。だからそれぞれもっている能力以上を神が求めることはないとか、神というのは慈悲深いものであるとか。アラビア語と英語両方書いてある本をくれたので、コーランの勉強をしながらアラビア語の勉強にもなってそれはすごく助かりました」

大竹:「一番苦しかったのはどの時期、何ですか?」

安田:「やはり身動きしてはいないという話がどんどんエスカレートして、24時間扇風機もまわさないでまったく身動き取れないときが3ヶ月ほど続いて。このままへたすると、永遠に出られないかもしれないなと思ったり」

今すぐオンエアを聴く!

大竹まこと ゴールデンラジオ!
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~15時30分
番組ホームページ
公式Twitter

【メールアドレス】
golden@joqr.net

【FAX】
03-5403-1151

※該当回の聴取期間は終了しました。

日本の古代漁法「鵜飼」を通して、持続可能な伝統社会について考える

東海ラジオでは、特別番組『語らい~鵜に学べば~』を、5月28日(土)19:00~20:00まで放送する。「鵜飼」は鵜を使い鮎を獲る日本の古代漁法。現在、全国11ヶ所で行われているが、どこも、観光客の減少、コロナ禍、後継者不足などの問題に直面している。

Facebook

ページトップへ