新プロジェクト 『浜松町Innovation Culture Cafe』をスタート!「食」をテーマに初回イベント、特別番組も

文化放送は、新プロジェクト『浜松町Innovation Culture Cafe』をスタートします。
新プロジェクト『浜松町Innovation Culture Cafe』では、文化放送が得意とするイベントとラジオ番組の枠組みを活用し、いかにしてイノベーションを起こすべきか、どのような未来を描くべきかを討論し、イノベーションを生み出すきっかけの場を提供します。

「食」をテーマに初回イベント開催、特別番組も
その初回となるのが、2月5日(火)に開催される公開収録イベントと、同月23日に放送される特別番組となります。今回は「食とイノベーション~未来の食はどう変わるのか?」をテーマに、「食」に関するビジネスやテクノロジー、向き合い方の話題を核に、未来の食を語り合います。

出演するのは、早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄氏、パナソニック アプライアンス社Game Changer Catapult()代表の深田昌則氏、「Smart Kitchen Summit Japan」主催者でシグマクシス ディレクターの田中宏隆氏、起業家/ビジネス・デザイナーの菊池紳氏、予防医学研究者の石川善樹氏、クックパッドの小竹貴子氏です。イベントは2部構成で、前半は「今なぜフードテックか?フードテックの現状と注目の新事業」をテーマに、後半は「食は生活をイノベートするのか?今後食に求められる役割とは?」をテーマに出演者の活発な議論を公開収録イベントスタイルでお聞きいただきます。また参加者も議論に加わっていただく場も設けます。

)Game Changer Catapultは、浜松町にオフィスを構える、パナソニック アプライアンス社の社内インキュベーション組織で、家電領域を中心とした新規事業の創出と、それらをリードする人材育成の加速を目的として展開するプロジェクトです。『浜松町Innovation Culture Cafe』はこのGame Changer Catapultに協力を得て進めていきます。

文化放送ではこのイベントの参加者を募集しています。応募概要は下記の通りです。


【イベント概要】
●イベント名
「浜松町Innovation Culture Cafe」
●日時
2019年2月5日(火)開場18時30分 開演 19時00分~(21時0終了予定)
●会場
文化放送12Fメディアプラスホール
(港区浜松町1-31<JR浜松町駅北口すぐ/都営大江戸線・浅草線大門駅1分>)
●出演者
・入山章栄(早稲田大学ビジネススクール准教授)
・深田昌則(パナソニック アプライアンス社Game Changer Catapult代表)
・田中宏隆(Smart Kitchen Summit Japan主催者/シグマクシス ディレクター)
・菊池紳(起業家/ビジネス・デザイナー )
・石川善樹(予防医学研究者)
・小竹貴子(クックパッド株式会社 ブランディング・編集担当本部長)
・砂山圭大郎(文化放送アナウンサー)
●詳細および応募方法
下記Webサイトからお申込みください。
https://hamamatsucho-icc.peatix.com/
※先着100名(予定)
●参加費用
2000円(税込)
※上記ホームページより事前ネット決済となります。

 

『浜松町Innovation Culture Cafe』とは
文化放送は、次々と新しいプロジェクトが生まれ再開発が進む「浜松町」に本社を置く放送局として、「イノベーションの重要性」と「いかにイノベーションを起こすか」をテーマに、様々なジャンルのクリエ―ターやイノベーター、専門家、アントレプレナーたちが、新たなアイデア、オピニオンをぶつけ合う場としての新プロジェクト『浜松町Innovation Culture Cafe』をスタートします。

ビジネスを取り巻く環境が日々変化する昨今、既存の枠組みや組織の壁を超えての新規事業やイノベーションが求められています。また同時に、メディアを取り巻く環境も同様に激変しており、これまでのやり方とは違う方法論でのコンテンツ作りやユーザー囲い込み、ビジネス創出が必要不可欠となっています。
新プロジェクト『浜松町Innovation Culture Cafe』では、文化放送が得意とするイベントとラジオ番組の枠組みを活用し、いかにしてイノベーションを起こすべきか、どのような未来を描くべきかを討論し、イノベーションを生み出すきっかけの場を提供します。

お金の管理方法、同棲期限を決める…「同棲前にやっておいたほうがいいこと」は? “人生の先輩”がアドバイス

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイドラジオ番組「Blue Ocean」(毎週月曜~金曜 9:00~11:00)。毎週金曜日に放送している「オトナのなんでも相談室」では、リスナーから届いたお悩みを、Blue Oceanリスナーのみんなで考えていきます。

1月27日(金)の放送は、「同棲前にやって良かったこと」に関する相談を紹介しました。

※写真はイメージです



<リスナーの相談>
「同棲が始まるときにやって良かったこと」はありますか?

周囲に聞くのがいいと思うのですが、私の周りは国際恋愛や国際結婚している人が多いため、同じような状況の友人がいません。ネットにさまざまな情報がありますが、リスナーのみなさまのご意見も伺えればと思います。ちなみに同棲はあと数ヵ月で始まります(神奈川県20代後半 女性 会社員)

ーー今回の相談に対して、番組にはリスナーからたくさんのアドバイスが届きました。この記事では、その一部のメッセージを紹介します。

◆お金の管理
家賃や光熱費、食費はどうやって出し合うか、家具などの大きな買い物をしたときの支払いはどうするかなど、お金のことはしっかり決めておいたほうが揉めずに済みます。私の場合、共有口座と、その口座から引き落としになるクレジットカードを作って、必要な額を毎月口座へ入れる形をとっていました。

このやり方で8年間同棲して一度も揉めたことはありませんでした。家事の分担もしっかり分けたほうがいいです。分担を曖昧にして、ケンカになったことが多々あります……(東京都 20代後半 女性 会社員)

◆ルール変更は臨機応変に、話し合いが重要
今までの関係性から同棲が始まると一変、けっこう現実的な所が見えてきます。お互いが嫌な部分はしっかりと把握した上で、家庭内のルールは決めておいたほうがいいかと思います。例えば、「お金はどうするのか?」「友人との飲み会はどの頻度がOKか?」「家事の分担はどうするか?」など。

あと重要なことは、1回決めたルールで進めて「なんか窮屈だな」とか「このルールはちょっと……」っていうところが出てきたら、ルールの見直しを何度もしていくと、ますます生活しやすくなっていくと思います。やっぱり話し合いが重要ですね(東京都 30代後半 男性 会社員)

◆同棲前の両親への挨拶、お金の管理方法
現在、同棲して1年半が経ちました。同棲前にして良かったことは、両親への挨拶とお金の管理方法について決めることです。彼は「同棲だし、別に挨拶とか必要なくない?」という感じでしたが、妹が結婚するときに(妹の旦那さんが)ちゃんと挨拶しなかったが故に、母が妹の旦那さんをあまりよく思わない感じがあり、その後の関係性を考えると、先に挨拶しておくに越したことはないと思い、半分無理やり(笑)私の両親とのごはん会を企画しました。

結果、いまでも母は「いい青年だよね! 彼氏くんにこれを食べさせてあげて!!」などと言ってくれて、彼のことを気に入っている様子なので良かったなと思います。あと、お金は先に管理方法をきちんと決めておいたので、モヤモヤしたり揉めたりすることもなく、よかったなと思っています(埼玉県 20代後半 女性 会社員)

◆同棲の“期限”を決めておく
というのも私自身、28歳から同棲を始め、ズルズルと同棲を6年間続け、現在まで結婚に至っていません。賃貸で同棲するなら、例えば契約更新までには結婚 or別れるかを決めることを条件にするとか。しっかりやっておけば良かったと後悔しています(東京都 30代 女性 会社員)

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2023年2月4日(土)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です⇒ 詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時:毎週月~金曜9:00~11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

Facebook

ページトップへ