パラリンピックメダリスト上原大祐と名カメラマンが、パラの魅力とカメラ術を伝授! 2月16日 生放送特番『清水一二 浜松町ラジオ写真館』

左からパラリンピックメダリスト・上原大祐、写真家・清水一二(敬称略)

文化放送は、2月16日(土)午後7時00分より、特番『清水一二 浜松町ラジオ写真館』を生放送でお送りします。

番組のパーソナリティを務めるのは、40年以上にわたりパラスポーツを撮り続ける写真家・清水一二さん。IPC(国際パラリンピック委員会)公認のメディアスタッフであり、パラスポーツカメラマンの第一人者として活躍されています。そんな清水さんにとってラジオパーソナリティは今回が初挑戦となります。
実際に浜松町の写真店での勤務経験をもつ清水さんですが、番組では架空の写真館を舞台に、清水さんが館主として、そこへ訪れたお客様とトークを繰り広げるという設定でお送りします。パラスポーツに魅せられた自身の経験を交えてその魅力を熱く語るほか、初心者向けにカメラの基本からプロカメラマンならではの撮影技術を伝授してくれます。

ゲストには、清水さんの旧知の友人であり、2010年バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した元アイススレッジホッケー日本代表の上原大祐さんが登場し、アスリートの視点から写真とパラスポーツについて語ってもらいます。さらに、最近新たな趣味としてカメラを始めた文化放送アナウンサーの舘谷春香もプロの技を学びに参加します。

番組では、清水一二さんと上原大祐さんへの質問メールを大募集中です。「スポーツ写真の撮影のコツ」「40年間続けてこれた秘訣」などテーマは自由、送付先は下記の通りです。

メールアドレス:photo@joqr.net


清水一二(しみずかずじ)
フォトサービス・ワン代表/日本写真家協会会員/日本スポーツプレス協会会員/国際パラリンピック委員会メディアスタッフ。大学卒業後、リハビリ施設の写真室に勤務し障がい者スポーツと出会う。1980年フリーカメラマンとなり、ライフワークとして障がい者スポーツを撮り続けている。選手や競技団体との親交も厚く、国際パラリンピックメディアスタッフとしての撮影やNHKでのコメンテーターなど活躍は多岐に渡る。文化放送夕方ワイド『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』月1レギュラーとして出演中。

高級ハンドソープ、使わないスパイスでオシャレ感…みんなの“生活感の隠し方”

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。

5月14日(火)放送のテーマは「隠したい生活感」でした。「見せる収納術」や「ミニマリスト」という言葉にあるように、今の時代は洗練されたおしゃれなライフスタイルを過ごす、という方向に向かっています。そのなかで「生活感」はカッコ悪いという価値観も出てきていますが、生活感を隠すために実際どのような努力をしているのでしょうか。街の人に聞いてみました。

※写真はイメージです。



テーマ「隠したい生活感」

◆ゲストが来たら高級ハンドソープに変更

「普段は洗面所に歯ブラシとか基礎化粧品とかが置いてあるんですけど、人が来たりすると棚に一気にしまって物がない状態にします(笑)。あと、普段だったら100~200 円のハンドソープを使ってますけど、ジョー マローン ロンドンとかモルトンブラウンとか、海外のブランドものにします。

普段は絶対に使わないんですけどね。やっぱり最近の風潮って、子どもがいても全部完璧にっていう感じがあるじゃないですか。だから気にしますよね(笑)。それなりにやらないと、イケてない人みたいになるから」(35歳/女性/会社員)

◆スパイスを試験管に入れてオシャレ感を演出!

「キッチンまわりであれば、スパイスを試験管に入れ替えたりしてオシャレ感を演出しています(笑)。ナツメグとかベイリーフとか全然使わないんですけど、ほぼ見せる用で(笑)。既製品のラベルが並んでいるよりも統一感が出るので、買ってきた容器に移し替えてます(笑)。

コンビニとかで買った安いクッキーとかでも瓶に移し替えたらオシャレ感が出るので。限られた場所でどうやって住み心地の良さを追求するか。これが頭を使うトコですね。

過剰に気を使うといろんな物が目についちゃうので、人を家に呼ぶときに片付ける! っていうくらいのサイクルでやってます」(28歳/男性/自営業)

◆靴やバッグはハイブランドで

「洋服が好きで、ズボンとかはユニクロとかなんですけど、ほかをハイブランドにして、ズボンも高く見せてます(笑)。靴はバレンシアガ、バッグはグッチにして全体を高く見せるようにしてます。

靴下も、チラ見せするときだけいい靴下を履いて(笑)。ジャスティン・ビーバーの私服とかもコンビニに行くだけなのに、すげーなと思うくらいキメてるので(笑)」(20歳/男性/大学生)

◆ある程度の生活感は許しあいたい

「物を隠したい場所はリビングルームです! ゴチャゴチャ感が出ちゃうのでスッキリ見せたい。たとえば、野球関係の物。巨人ファンです(笑)。なかでもカレンダーがありまして、毎日の試合が一覧でわかるようになっていたり、選手のものを貼っていたり。

孫の家族が来るときは孫たちが広く遊べるようにしたいので、それを空いている別の部屋にブチ込みます(笑)。やっぱりスッキリしたお家は居心地がいいし! でも、長く居ると落ち着かなかったり緊張感があったりしますよね。

ゴミひとつ落とせないような感じで(笑)。だから、ある程度の生活感は許しあいましょう(笑)」(60代/女性/元グラフィックデザイナー)

◆カーテンでフィギュアを隠してます

「自分はフィギュア集めが趣味なんですけど、それを隠すためのカーテンがあったりします。鉄道とかが好きで、模型がずらーっと並んでるんですよ。でも、人が来たときに趣味が見えちゃうと、生活感が丸見えなんで。

これからアロマを買いに行こうとしてたんですけど、匂いも雰囲気作りに大事。バラとかお花系の香りを漂わせることによって生活感を隠してますね。いい生活してるんだなっていう、いいほうの印象をつけたいので(笑)」(20歳/男性/大学生)

【「生活感をなくす」のは日々の心地よさの演出】
街でみなさんの話を聞いていると、「隠したい生活感」とは「オシャレに変換したい(思われたい)部分」でもあるよう。また、自分自身が日々心地よく過ごすための工夫でもあり、生活感をなくすための努力にはそれぞれのこだわりも感じました。

「生活感」がダメなわけではありませんが、オシャレで洗練された生活を演出することは、だらけてしまいがちな日々の背筋を伸ばす、そんな行為なのかもしれません。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

Facebook

ページトップへ