パラリンピックメダリスト上原大祐と名カメラマンが、パラの魅力とカメラ術を伝授! 2月16日 生放送特番『清水一二 浜松町ラジオ写真館』

左からパラリンピックメダリスト・上原大祐、写真家・清水一二(敬称略)

文化放送は、2月16日(土)午後7時00分より、特番『清水一二 浜松町ラジオ写真館』を生放送でお送りします。

番組のパーソナリティを務めるのは、40年以上にわたりパラスポーツを撮り続ける写真家・清水一二さん。IPC(国際パラリンピック委員会)公認のメディアスタッフであり、パラスポーツカメラマンの第一人者として活躍されています。そんな清水さんにとってラジオパーソナリティは今回が初挑戦となります。
実際に浜松町の写真店での勤務経験をもつ清水さんですが、番組では架空の写真館を舞台に、清水さんが館主として、そこへ訪れたお客様とトークを繰り広げるという設定でお送りします。パラスポーツに魅せられた自身の経験を交えてその魅力を熱く語るほか、初心者向けにカメラの基本からプロカメラマンならではの撮影技術を伝授してくれます。

ゲストには、清水さんの旧知の友人であり、2010年バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した元アイススレッジホッケー日本代表の上原大祐さんが登場し、アスリートの視点から写真とパラスポーツについて語ってもらいます。さらに、最近新たな趣味としてカメラを始めた文化放送アナウンサーの舘谷春香もプロの技を学びに参加します。

番組では、清水一二さんと上原大祐さんへの質問メールを大募集中です。「スポーツ写真の撮影のコツ」「40年間続けてこれた秘訣」などテーマは自由、送付先は下記の通りです。

メールアドレス:photo@joqr.net


清水一二(しみずかずじ)
フォトサービス・ワン代表/日本写真家協会会員/日本スポーツプレス協会会員/国際パラリンピック委員会メディアスタッフ。大学卒業後、リハビリ施設の写真室に勤務し障がい者スポーツと出会う。1980年フリーカメラマンとなり、ライフワークとして障がい者スポーツを撮り続けている。選手や競技団体との親交も厚く、国際パラリンピックメディアスタッフとしての撮影やNHKでのコメンテーターなど活躍は多岐に渡る。文化放送夕方ワイド『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』月1レギュラーとして出演中。

宝塚元トップスター 真琴つばさ、安寿ミラ、水夏希、龍真咲 が平成の音楽とタカラヅカを語る!

平成という時代がまもなく幕を閉じようとしている4月29日(月・祝)。ニッポン放送では宝塚月組元トップスターの真琴つばさをパーソナリティに迎え、平成の出来事とタカラヅカの思い出を音楽とともに振り返る3時間の特別番組をお送りする。今年創立105周年を迎え、今なお豪華絢爛な夢のステージを繰り広げている宝塚では、多くのトップスターが誕生。番組では3人の元トップスター安寿ミラ、水夏希、龍真咲がゲストとして登場し、平成の音楽や宝塚の思い出を真琴つばさとともに振り返る。

Facebook

Instagram

ラジコ(radiko)さん(@radiko_jp)がシェアした投稿 -

ページトップへ