パラリンピックメダリスト上原大祐と名カメラマンが、パラの魅力とカメラ術を伝授! 2月16日 生放送特番『清水一二 浜松町ラジオ写真館』

左からパラリンピックメダリスト・上原大祐、写真家・清水一二(敬称略)

文化放送は、2月16日(土)午後7時00分より、特番『清水一二 浜松町ラジオ写真館』を生放送でお送りします。

番組のパーソナリティを務めるのは、40年以上にわたりパラスポーツを撮り続ける写真家・清水一二さん。IPC(国際パラリンピック委員会)公認のメディアスタッフであり、パラスポーツカメラマンの第一人者として活躍されています。そんな清水さんにとってラジオパーソナリティは今回が初挑戦となります。
実際に浜松町の写真店での勤務経験をもつ清水さんですが、番組では架空の写真館を舞台に、清水さんが館主として、そこへ訪れたお客様とトークを繰り広げるという設定でお送りします。パラスポーツに魅せられた自身の経験を交えてその魅力を熱く語るほか、初心者向けにカメラの基本からプロカメラマンならではの撮影技術を伝授してくれます。

ゲストには、清水さんの旧知の友人であり、2010年バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した元アイススレッジホッケー日本代表の上原大祐さんが登場し、アスリートの視点から写真とパラスポーツについて語ってもらいます。さらに、最近新たな趣味としてカメラを始めた文化放送アナウンサーの舘谷春香もプロの技を学びに参加します。

番組では、清水一二さんと上原大祐さんへの質問メールを大募集中です。「スポーツ写真の撮影のコツ」「40年間続けてこれた秘訣」などテーマは自由、送付先は下記の通りです。

メールアドレス:photo@joqr.net


清水一二(しみずかずじ)
フォトサービス・ワン代表/日本写真家協会会員/日本スポーツプレス協会会員/国際パラリンピック委員会メディアスタッフ。大学卒業後、リハビリ施設の写真室に勤務し障がい者スポーツと出会う。1980年フリーカメラマンとなり、ライフワークとして障がい者スポーツを撮り続けている。選手や競技団体との親交も厚く、国際パラリンピックメディアスタッフとしての撮影やNHKでのコメンテーターなど活躍は多岐に渡る。文化放送夕方ワイド『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!』月1レギュラーとして出演中。

高田純次&浦沢直樹がアカデミー賞受賞作品を語る 『スリー・ビルボード』

パーソナリティの高田純次と浦沢直樹

■いよいよアカデミー賞発表
アカデミー賞の発表が週末に迫った。作品賞には『ボヘミアン・ラプソディ』や『女王陛下のお気に入り』、『ローマ』などがノミネート。メインの司会者が不在となるなど、賞の行方以外にも注目が集まっている。


■高田純次と浦沢直樹が語る『スリー・ビルボード』
そして、去年の作品賞にノミネートしたのが『スリー・ビルボード』。アメリカの片田舎で娘を殺された主婦が警察に不満を持ち、抗議のために巨大な広告看板を設置すると、次々と不穏な事件が起き始める...というサスペンス。惜しくも作品賞は逃したが、娘を殺された母親を演じたフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を獲得した。彼女にとっては、『ファーゴ』に続き、2回目の主演女優賞となった。

文化放送が誇る異色タッグラジオ「純次と直樹」のパーソナリティ、高田純次と浦沢直樹は『スリー・ビルボード』に感銘を受けたという。2月17日放送の「純次と直樹」で感想を語り合った。

浦沢 不思議な作品ですよ。着地点がそこ!となった瞬間にこんなの見たことないって思った。
高田 笑いでも泣きでもないよね。

また、2人が注目したのが警察署の署長を演じたウディ・ハレルソン。

高田 いかにも悪役っぽい顔してる。
浦沢 手塚作品に出てきそうな顔ですよね。

浦沢 高田さんって悪役は?
高田 俺はやったことないのよ。
浦沢 詐欺師とか、めっちゃ悪い高田さん見たいですよね。
高田 やりたいよねぇ。そういうの(オファー)来ないんだよねぇ。


悪い高田純次、見てみたいものだ。

Facebook

ページトップへ