ビートたけしさんが生出演! 放送後記『大竹まこと ゴールデンラジオ!』

『大竹まこと ゴールデンラジオ!』の2月6日の放送に、昨年新作小説『フランス座』を出版したビートたけしさんが生出演しました。大竹まこととたけしさんは、『TVタックル』(テレビ朝日系)で長年共演していますが、たけしさんが同番組にスタジオ生出演するのは初めて。

そんな今回は、どんなトークが繰り広げられたのでしょうか?

■出会いから30年
まずは大竹まことが「『TVタックル』の昔のときは二人とも本当に若くてね」と出会いを振りかえり、思い出トークへ。

たけし:「タックルって最初、関口宏さんだった。あの人面白いですよね。台本が一応あったんだけど、本番になって俺が関係ないこと言ったら『あれ』って言って帰っちゃった(笑)。『打合せ、俺はしてない』って言って」
大竹:「 私がその2、3年後に参加するんだけど、あんまり台本関係ない番組だった(笑)」
たけし:「台本作家がいて、『たけし登場など』ってその"など"が書いてないんだから」
大竹:「面白くよろしくみたいな(笑)」
たけし:「『適当に』って書いてあんの」

■独立後とゾマホンについて
たけし:「この前ネットのニュースで、平成元年の年末年始の番組本数と去年から今年の本数、俺同じなんだって。だから30年間同じペースなんだって(笑)。30年前っていうのが漫才ブーム終わった時だからね。俺漫才ブーム入れて40年間結構忙しかった。でもお金がない(笑)」
大竹:「俺途中まで『たけしさん普通の人だなぁ』って思ってたのがいけなかったね。そうじゃないよね、寝てないし普通じゃないし、なんかこうどんどん分野を広げていくし」
たけし:「1回ヒロポン中毒と間違えられたからね。警察が来て血液検査と尿検査させられたからね」
大竹:「それで色々抱えてたものをこの年になって今お一人でやってらっしゃるんですか? 」
たけし:「いいね~事務所は独立すると!笑うね。お金とられない(笑)」
大竹:「たけしさん知らないところで何十人、何百人も後ろで食ってますからね(笑)」
たけし:「俺200冊近く本かいて、映画とか撮って、絵とか写真の色んな権利が発生してるらしいんだけど、それが前は事務所に入ってたから、それが今俺んところに入るようになったじゃん。もう働かなくていいやって(笑)」
大竹:「権利は死んでから70年間続きますからね」
たけし:「どっか寄付しないとしょうがないな、これ」
大竹:「そんなに稼いで(笑)。寄付といえば、ベナンのゾマホンにはどのくらい...? 」
たけし:「あいつには1億円ぐらいあげてるんじゃないかな? ベナンはひどい国だよ、国家予算3億円いかないのに国会議員に立候補するのに3千万いるから誰も国会議員になれない。大統領があげてるんだって。独裁政権みたいなもんだよ。自分の息がかかった奴しか立候補してないんだから。ゾマホンだけが一生懸命日本でお金集めて立候補してるわけ。ゾマホンが一番人気で、立候補してもあいつ暗殺されんじゃないかな」

登場部分を聴く!
オープニングから聴く!


『大竹まことゴールデンラジオ!』は、明日7日(木)は映画監督として注目されるガレッジセールのゴリ、8日(金)は森友事件をスクープした元NHK記者の相沢冬樹氏がゲストとして登場します。

大竹まこと ゴールデンラジオ!
放送局:文化放送
放送日時:毎週月曜~土曜 13時00分~15時30分
出演者:大竹まこと
番組ホームページ
公式Twitter

◆パートナー
月)倉田真由美
(火)はるな愛
(水)壇蜜
(木)光浦靖子
(金)室井佑月

◆コメンテーター
(月)森永卓郎
(火)深澤真紀/武田砂鉄 ※週替り
(水)きたろう
(木)みうらじゅん/関口靖彦/天久聖一/やついいちろう ※週替り
(金)金子勝

◆レポーター
(月)ガンバレルーヤ
(火)タブレット純
(水)いとうあさこ
(木)カミナリ
(金)ラバーガール

◆アシスタント
太田英明(文化放送アナウンサー)

※該当回の聴取期間は終了しました。

日本の古代漁法「鵜飼」を通して、持続可能な伝統社会について考える

東海ラジオでは、特別番組『語らい~鵜に学べば~』を、5月28日(土)19:00~20:00まで放送する。「鵜飼」は鵜を使い鮎を獲る日本の古代漁法。現在、全国11ヶ所で行われているが、どこも、観光客の減少、コロナ禍、後継者不足などの問題に直面している。

Facebook

ページトップへ