欅坂46のキャプテン・菅井友香が日向坂46にエール 「嬉しいです。でもちょっとだけ寂しい気持ちもあります」 2月11日『レコメン!』で

2月11日、アイドルグループ「けやき坂46」が「日向坂46」に改名することが発表されたことを受け、同日に文化放送のラジオ番組『レコメン!』に生出演した欅坂46のキャプテン・菅井友香が日向坂46にエールを送りました。
※『レコメン!』月曜24時台、ダブルパーソナリティ:欅坂46・菅井友香、笑いグループ・オテンキののり

菅井「私たちと一緒に頑張ってきた「けやき坂46」(ひらがな欅坂46)が日向坂46に生まれかわってデビューがきまったんですよ。おめでとうございます。」
と口火を切ると、オテンキのりが「妹的なものが旅立っていくという感じなの?」と質問。菅井友香は、
菅井「妹っていうか......ちょっとだけ後輩なだけで、いつデビューしてもおかしくないくらい本当に団結力もあって、グループとしてすごく力をつけていて、私たちも助けてもらっていたのでついに決まったんだなという嬉しい気持ちです。でもちょっとだけ寂しい気持ちもあります、正直。新しいロゴとかも今日できて、デビューすることは知っていたんですけど、坂の名前は今日の記者会見で初めて知って、すごくかわいいし空色もかわいいしすごく合ってるなと思いました。ロゴにもう、緑がなくて空色と紫で、ちょっとさびしいなと思いつつ、でも坂道グループを一緒に盛り上げていけるように私たちも頑張りたいなと思います」
と心境を語りました。続けて、今回の改名については
菅井「日向坂の皆もびっくりしたと思う。複雑な部分もあったと思うんですけど、頑張ってきた3年間の皆の絆がなくなるわけじゃないから、新たに日向坂として歴史を作って、でも今までのことも大事にしながら、欅坂も二期生が入って昨日から番組にも登場して一緒に頑張っていくのでね、欅坂も日向坂も両方応援してくれたら嬉しいです」
とキャプテンらしいエールを送りました。

この日の『レコメン!』では菅井友香と守屋茜のユニット曲『ヒールの高さ』も初解禁オンエアされました。この新曲について菅井友香は
菅井「茜と一緒に聴いたんですよ。音源が来たときに。『あ、きたー!こういう曲歌ってみたかったー!』と二人でハイタッチしたくらい好きな曲です」
と語りました。『ヒールの高さ』は2月27日発売の8thシングル「黒い羊」のTYPE-C収録に収録されます。

 

コメント部分を聴く!

『ヒールの高さ』を聴く!

高田純次&浦沢直樹がアカデミー賞受賞作品を語る 『スリー・ビルボード』

パーソナリティの高田純次と浦沢直樹

■いよいよアカデミー賞発表
アカデミー賞の発表が週末に迫った。作品賞には『ボヘミアン・ラプソディ』や『女王陛下のお気に入り』、『ローマ』などがノミネート。メインの司会者が不在となるなど、賞の行方以外にも注目が集まっている。


■高田純次と浦沢直樹が語る『スリー・ビルボード』
そして、去年の作品賞にノミネートしたのが『スリー・ビルボード』。アメリカの片田舎で娘を殺された主婦が警察に不満を持ち、抗議のために巨大な広告看板を設置すると、次々と不穏な事件が起き始める...というサスペンス。惜しくも作品賞は逃したが、娘を殺された母親を演じたフランシス・マクドーマンドが主演女優賞を獲得した。彼女にとっては、『ファーゴ』に続き、2回目の主演女優賞となった。

文化放送が誇る異色タッグラジオ「純次と直樹」のパーソナリティ、高田純次と浦沢直樹は『スリー・ビルボード』に感銘を受けたという。2月17日放送の「純次と直樹」で感想を語り合った。

浦沢 不思議な作品ですよ。着地点がそこ!となった瞬間にこんなの見たことないって思った。
高田 笑いでも泣きでもないよね。

また、2人が注目したのが警察署の署長を演じたウディ・ハレルソン。

高田 いかにも悪役っぽい顔してる。
浦沢 手塚作品に出てきそうな顔ですよね。

浦沢 高田さんって悪役は?
高田 俺はやったことないのよ。
浦沢 詐欺師とか、めっちゃ悪い高田さん見たいですよね。
高田 やりたいよねぇ。そういうの(オファー)来ないんだよねぇ。


悪い高田純次、見てみたいものだ。

Facebook

ページトップへ