武井壮、同い年・イチローの引退を語る!

4月15日午前2時00分より文化放送で生放送された特別番組『武井壮のガッとしてビターン!』で、番組パーソナリティでタレントの武井壮が、イチローの引退について言及しました。同い年のイチローに対して、「同世代のスーパースターが国民的スターになり、その姿に本当に刺激されたし嫉妬もした」と述べつつ、「彼が野球を語るということはとてつもない価値をもった文化遺産」などと彼の凄さについて熱く語りました。

以下本人の主なコメントです。

「引退したあとも、全てのスポーツをやってる人だったり若い人だったりこれから夢を追いかける人たちに、何かメッセージを送れる世界のスーパースターだからさ。彼が今後一番得意な野球を離れて、プレイヤーとして離れるだけで、たぶん彼が野球を語るということはとてつもない価値をもった文化遺産だと思う」

「同い年の三浦大輔とか誰に聞いても、『あれはまともに対戦したら絶対に抑えられない』って言うのよ。各球団のエースを務めた方々にイチローについて聞いてまわったら、『あの男だけは別格だ』と。実際に抑えてんのよ。だけど、他の選手との攻め方のレベルが違うんだって。エース級の投手が言ってたのは、イチローに至ってはストライクゾーンがボール1個分真四角に広いんだって。そこまでは全部ヒットにできるんだって。ストライクゾーン投げたらほぼほぼ打たれるんだって。1個外に外したやつもほぼ打たれる。そこから外すしかないけど、外したら完全にボールだからボールになっちゃうんだって。その中で勝負するしかないんだけど、そこに入れると打たれちゃう。だから、みんな口揃えていうのは、なんとかイチローのあの間合いを乱すしかないって言うわけよ。バットまわして右手を伸ばしてとか構えるでしょ。あのとき何かに合わしてくるんだって。それを合わさせないように、わざとマウンド外したり変な顔したりとかして、なんとか合わないようにする。0.0何秒でも彼に与えるタイミングをずらすということを毎球イチローにやってて。そういう試行錯誤を全球にわたって必死にやって、完璧に抑え込める球を投げこんだのに、完璧に打たれたりする。記憶としては、自分がしっかりきっちり攻めたつもりのやつはほぼほぼ打たれれてるんだって。だから同じくらい打たれる他のバッターと打たれてる感覚が違うんだって」

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ