パーソナリティが番組グッズの売上で特番枠を購入!? 落語家ワイド『SHIBA-HAMAラジオ』特番で復活

上段左から、立川こしら/)瀧川鯉八 /柳亭小痴楽/春風亭昇々/立川吉笑/入船亭小辰/春風亭ぴっかり☆(敬称略)

文化放送は、昨年度放送された落語家による生ワイド『SHIBA-HAMAラジオ』(2018年10月-2019年3月)の特別番組『SHIBA-HAMAラジオ・リターンズ~みんなの『夢』かなえちゃお~』を、5月23日(木)午後7時30分より2時間生放送でお送りします。

『SHIBA-HAMAラジオ』は、昨年度のナイターオフ期間限定のワイド番組として、火曜から金曜日、7人の落語家が曜日別パーソナリティを務めてお届けしていた番組です。
レギュラー放送中に、「番組オリジナルグッズ"ちゃお缶"(※)の売上で特別番組枠を文化放送から買う」という目標を掲げた結果、見事1,500個以上を売り上げて達成しました。今回の特番の決定はレギュラー放送終了時に発表され、このたびその詳細が決定しました。

タイトルは、『SHIBA-HAMAラジオ・リターンズ~みんなの『夢』かなえちゃお~』。リスナーと出演者の「夢」を次々と叶えていくことをテーマにお送りします。レギュラー番組でパーソナリティを務めた立川吉笑、瀧川鯉八、立川こしら、春風亭昇々、柳亭小痴楽、春風亭ぴっかり☆、入船亭小辰の7人全員が登場し、噺家の賑やかなトークを繰り広げます。
また当特番では、番組の中でメール・FAXを紹介したリスナー全員に、「ちゃお缶」の新作をプレゼントする特別企画も実施します。

(※)「ちゃお缶」...水曜パーソナリティ瀧川鯉八の決まり挨拶文句「ちゃお」にかけた缶仕様の特別音声コンテンツ。中に入っているQRコードへアクセスすると、落語1席とフリートークが聴取可能。全6色、単価1,000円。

鶴瓶 電話予約の様子を奥様に怒られる

ニッポン放送「鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ」(5月19日放送)では、ゴールデンウィーク中の出来事が話題に挙がった。


最近肩が上がらず腕に力が入りづらくなっていた鶴瓶は、療養のため温泉に行った。その温泉は、何度か訪れたこともあるという有馬の温泉。しかしゴールデンウィーク真っ只中ということもあり忙しそうな電話口。なんとか一部屋「絞り出しました!」ということで温泉に入ることができたそうだ。

無事に部屋を予約できた鶴瓶だったが、その様子を見ていた奥様にはとても怒られてしまったとか。というのも、予約の際に「笑福亭鶴瓶ですけど……」と、本名ではなく“笑福亭鶴瓶”と名乗っていたからだ。世間的にも知らない人はほぼいない名前を使って忖度してもらおうとしていたのでは?という様子がよくない印象を受けたそう。鶴瓶のように芸名のある芸能人にとって、本名と芸名とで態度を変えられてしまったら複雑でもあり、悩みどころのひとつなのかもしれない。

奥様には怒られてしまった鶴瓶さんだが、心の中では「でも(部屋は)取れたやんけ…」と思っていたそうだ。

鹿島プレゼンツ 笑福亭鶴瓶日曜日のそれ
FM93AM1242ニッポン放送 日曜16:00-17:30

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ