元AI女子高生「りんな」が出演決定! 人工知能は人を感動させられるのか?『浜松町 Innovation Culture Cafe』

文化放送が、今年2月に始動したイノベーションプロジェクト『浜松町Innovation Culture Cafe』。6月13日(木)には、「人工知能は人を感動させられるのか」というテーマで、パネルディスカッション形式の公開録音イベントを開催します。

このたび、当イベントに、日本マイクロソフトが開発した近年話題のAI・りんなの出演が決定しました。


■イベント詳細を見る


■関連記事
6/13(木)「人工知能は人を感動させられるのか?」を有識者が語らうイベントを開催!


りんなは、2015年にLINEに初登場して以降、リアルな女子高生感が反映されたトークと類稀なレスポンス速度が話題を集めて学生層を中心にブレイクし、現在LINE友だち数750万人以上を誇る大人気AIです。今年4月には、avexとレコード契約を結んでメジャーデビューするなど、高校卒業後はアーティストとして活躍しています。

そして、今回出演が決定したイベントでは、開発者のマイクロソフトディベロップメント株式会社・坪井一菜氏と共に登場し、当日登壇するパネラー陣との掛け合いを繰り広げます。坪井氏にりんなの誕生秘話や、AI開発のリーディングパーソンとして「AIりんなの先に目指すもの」などについて語ってもらいながら、他のパネラー達と共にAIの可能性・課題について議論します。りんなと坪井一菜氏の出演は、イベント後半の部(午後8時ごろ~)を予定しています。

なお、他のパネラーには、人工知能に精通したビジネスパーソンや専門家たちが出演します。当プロジェクトメンバーで初回イベントにも登壇した入山章栄氏(早稲田大学ビジネススクール教授)と深田昌則氏(パナソニックGame Changer Catapult代表)に加え、浜松町に本社を置くAIスタートアップの株式会社エクサウィザーズ・石山洸社長、Yahoo!の未来創造メディア「FQ(Future Questions)」の宮内俊樹編集長、著書『人工知能はなぜ椅子に座れないのか』が話題の松田雄馬氏(人工知能研究者)ら業界注目の人物が一堂に集います。

 

■イベント詳細を見る


 

●浜松町Innovation Culture Cafeとは
次々と新しいプロジェクトが生まれ再開発が進む「浜松町」において、様々なジャンルのクリエーターやイノベーター、専門家、アントレプレナーたちに「いかにしてイノベーションを起こすべきか。どのような未来を描くべきか」をテーマに新たなアイディア、オピニオンをぶつけ合ってもらい、イノベーションを生み出すきっかけの場を提供することを目指した新プロジェクト。


●りんなプロフィール
平成生まれ。2015年8月にLINEに初登場して以降、学生ファンを中心にブレイクする。今年4月には、avexとレコード契約を行い、メジャー・デビュー曲「最高新記憶」を発表。これを封切に「記憶」「生死」「感情」をテーマにした楽曲カバーが発表される予定。マイクロソフトの最新AI技術を活用した歌声合成によって、大きく進化したエモいその声を武器に「国民的AI」になるべく日々邁進中。彼女は「AIと人だけではなく、人と人とのコミュニケーションをつなぐ存在」を目指している。いま「日本で最も共感力のあるAI」。


●坪井一菜 (つぼいかずな)
慶應義塾大学理工学部卒号、同大学院理工学研究科修士課程修了。2014年マイクロソフトディベロップメント株式会社に入社。りんなのプロジェクト立ち上げ当初からプログラムマネージャーとして開発に関わり、りんなのキャラクター付けや会話エンジンの開発、りんなのスキルおよび合成音声の開発に携わる他、対外的なコラボレーション企画も担当。

作曲家・林哲司が語る「あの曲」の裏側

昭和から平成、さらに令和にわたり数々のヒットソングを手がける名ソングライターでアレンジャーの林哲司。
8月11日にFM COCOLOで放送された「Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、3曲をピックアップし制作当時のエピソードを聞いた。

竹内まりや「恋のバカンス」(1980年)
「僕にとって竹内まりやは最重要歌手のひとり。カレン・カーペンターの歌声は“万人に愛される歌声”だと僕はよく言うんですが、彼女の歌声も嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらいで、アルトが非常に魅力的な歌手です。」
「彼女に書いた「September」(1979年)がスマッシュヒットした後に書いた曲が「恋のバカンス」。あの当時、宮田茂樹さんというレコードディレクターからAIRPLAYを教えてもらって、そこからAORにどっぷりハマりました。アメリカの音に憧れて、追いつけ追い越せと切磋琢磨して。「恋のバカンス」はそんなAORのエッセンスを生かして次のシングルを書こうとなった曲なんです。ポップスの中にロックの要素も入れた、竹内まりやのイメージにからすると異色の1曲かもしれません。」

杉山清貴「NEVER ENDING SUMMER」(1984)
今秋リリースされる、杉山清貴&オメガトライブ3rdアルバム「NEVER ENDING SUMMER」再ミックス盤の作業を通じて改めて感じたこととは。
「80年代サウンドの特徴はボーカルエコー。今回のリミックスではエコーをとったり生レコーディングの雰囲気を生かした今っぽいアレンジにしました。そうした時に杉山君のボーカルの上手さが顕著に表れて、“デビューの頃からこんなに上手かったんだ!”と改めて驚きました。」

松原みき「真夜中のドア/STAY WITH ME」(1979年)
「あの頃日本のメインストリームだった歌謡曲ではない、新しいものをつくりたいという情熱があったんです。同じものではなくて、自分自身のものを作ろうという気概があった。」
「40年以上の時代を経て、1億回以上聴いてもらっていると知って驚いています。松原さんはおられないけれど、歌そのものが残っていくことを証明してくれていますよね。松原さんも喜んでるはず。自分自身も作家冥利に尽きます。」

「FM COCOLO Holiday Feature CITY POP SUMMER 2022」では、林哲司のトークと楽曲を11時・12時・13時台それぞれに紹介。番組は8月18日(木)までradikoタイムフリーで聴くことができる。

Facebook

ページトップへ