青二は"ぶっちぎりのやっべぇ事務所"!? 『神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜』

文化放送で毎週土曜日25時から放送中、人気声優二人がお送りする『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~』。6月1(土)の放送では、青二プロダクション公式Twitterで神谷さんのコメント動画を見ましたというお便りが届き、動画を撮った経緯や内容が詳細に語られました。

 

【予約受付中】「DGS VS MOB LIVE SURVIVE」

お便り

青二プロダクションのTwitter公式アカウントで、Twitterをやっていない神谷さんからのコメント動画を見ました。完全に原稿を読んでいてたどたどしい神谷さんや後ろにちらちら映る銀河万丈さん、短い動画に見るべきポイントがたくさんでした。

もしかしたら神谷さんは嫌だなと思っているかもしれませんが、これから所属声優さんのお仕事の様子が公式アカウントを通して知ることができると思うと楽しみです。

 

青二がTwitter開設! 人気声優陣の動画をUP

5月1日に開設された青二プロダクションのTwitter公式アカウント。記念すべき初回ツイートとして、野沢雅子さんの驚きのコメント動画がアップされたらしく──

 

神谷「弊社青二プロダクションがですね、まぁその50年の節目にですね、Twitterを始めるという」

小野「最初が確か」

神谷「マコさん......野沢雅子さんがその第一弾の動画としてアップされまして、弊社事務所のですね、廊下の一番奥から『うりゃぁぁぁぁぁぁぁ!!! 絶対見てくれよな!!』って言うっていう、完全にネタじゃないですかっていうのが上がりまして(笑)」

小野「本家のね(笑)」

神谷「バカみたいに再生されるっていう」

小野「いやぁー素晴らしかったですよ」

神谷「恐ろしいほど再生されてますね、あれ(笑)」

小野「いや、俺も何回か見ましたあれ。ヘビロテしちゃった」

神谷「いやー、僕最初見たときに分かんなくて。だって、マコさんすげー遠くから走ってくるのに、音がずっとオンなんだもん。(小野くん、)言ってること分かる? 全然遠くから聞こえる音じゃないの。もう全然ガツガツ聞こえてくるわけ」

小野「がっつりマイク乗っちゃってるっていうね」

神谷「八十歳超えてんだよ、あの人」

小野「声量が半端ねぇってことね」

神谷「声量半端なさすぎるでしょ。なんか、マコさんに聞いたんだって。『向こうからワー! って言って走ってきて、何か喋るとかってできます?』って、『いや、無理ですよね』って言ったら、『いやぁ、できますよ』みたいな。で、やってくれたんだって。やらせないでしょ、普通(笑)」

小野「普通はね」

神谷「普通やらせないでしょ」

小野「俺の事務所は」

神谷「なんかね、青二プロダクションやべーんだよね。どうかしてるんだよ」

小野「(笑) やっべーぞ」

神谷「やべーぞ、青二プロダクションなんか」

小野「でぇじょうぶか?」

神谷「ベテランにあんなことやらせて大丈夫かぁ?」

小野「(笑)」

■このパートを聴く

 

■次の記事
流れない神谷浩史の"ちゃんとした"動画? 神谷浩史の動画にGalaxy登場!? 『神谷浩史・小野大輔のDear Girl〜Stories〜』

神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 25時00分~25時30分
出演者:神谷浩史、小野大輔

■メールアドレス
dgs@joqr.net

※該当回の聴取期間は終了しました。

「招待者が、国家権力との距離感を問われる難しさがある」 安倍元首相「国葬」について辛坊治郎が指摘

キャスターの辛坊治郎が9月27日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ゲストとして出演した政治ジャーナリストの田﨑史郎氏と、同日に執り行われた安倍晋三元首相の国葬(国葬儀)について対談した。

安倍元首相の国葬で、献花し手を合わせるプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(中央)と巨人の原辰徳監督(その左)=2022年9月27日午後4時23分、東京都千代田区(代表撮影) ©共同通信社

辛坊)今回の国葬を通じて感じたのは、「なかなか難しいところがあるだろう」ということです。国葬には機械的に招待される人がいますよね。現役の国会議員や国会議員経験者、都道府県知事、経済団体のトップらです。「難しい」と感じたのは、その他の曖昧模糊とした招待者に対してなんです。国葬に参列する、しないというのは、おそらく国家権力との距離感を如実に表すバロメーターにもなるからです。当然ながら、ポジティブに受け止める人もいるだろうし、逆にネガティブに受け止める人もいるはずです。

国家権力との距離というものが1つのバロメーターとして見えてくるとなると、招待者は判断を迫られます。ですから、純粋に故人を悼むという観点からすると、葛藤が生じる人も出てくるわけです。国葬とは、「ずいぶん酷なことをいろいろな人に強いるイベントだな」という気がするんですよ。

田﨑)中には、そう感じる人もいるでしょうね。特に苦しい立場にあったと思われるのは、報道機関ですよ。新聞社、テレビ局の各社には案内状が3枚ずつ届いたといわれています。そこで各社は判断を迫られたわけです。例えば、社長を含め誰が参列するか、しないか。あるいは、参列そのものをどうするか。そういう意味では、辛抱さんがおっしゃったことはメディアに対して当てはまります。岸田政権や安倍元首相との距離感をどう保つかが問われてしまいますからね。

辛坊)そういう意味では、私はちょっと腹に据えかねていることがあるんです。安倍元首相をめぐっては、「桜を見る会」の問題がありました。問題が大騒動になってからは、皆が口をつぐんじゃいましたけれども、大騒ぎしているメディアのトップは毎年、桜を見る会に参加していましたよね。

田﨑)そういうメディアもありましたね。

辛坊)「何なんだ!」というのが正直な思いでしたよ。

田﨑)考えものですね。

辛坊)トップどころか報道局長レベルでも毎年、参加して自慢げに写真を撮っていた人もいますよ。

田﨑)いますね。僕の記憶では、首相官邸記者クラブのキャップ、サブキャップらも行っていました。

辛坊)招待されていたんですよね。

田﨑)ええ。僕は行ったことはないんですけれども、招待されたことはあります。

辛坊)そこです。田﨑さんは、権力との距離の測り方が職業倫理に基づいていて、実にしっかりとしています。すごいです。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ