田村淳×水溜りボンド実現! 『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』

水溜りボンド

6月15日(土)放送の文化放送『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』に人気動画クリエイター「水溜りボンド」の2人が登場した。田村淳とトミーは『クイックジャパン』で対談しているが、水溜りボンドの2人が揃って会うのは初めてだという。放送日の6月15日現在、水溜りボンドのYouTubeチャンネル登録者数は398万人を超えている


■バズっている感覚はない

田村淳 すごいバズってる。(登録者数)398万人って投稿し始めた頃、目標にしてた?
カンタ&トミー 全くですね。
トミー 夢の範疇になかった。その先というか。
カンタ 当時、日本のトップの人でも200万人くらいだった。
トミー バズっている感覚はない。毎日投稿なので。
カンタ ヒット作があるわけじゃなくて、地道に少しずつ広がってるっていう。
田村淳 水溜りボンド専用メディアだからすごい。
トミー 初めてお会いした時も「自分のメディアはすごい」って言ってくださった。


■お互いの第一印象は?

カンタ やべぇ奴いるなって。大学の新入生歓迎会の飲み会でめっちゃ笑い取ってた。
トミー 僕とすべてが真逆。性格も考え方も。だけど仲良くできる。
田村淳 何があったんだろう。
カンタ 趣味が同じ。
トミー 面白いと思うことが一緒なんですよ。
田村淳 キャラクターは違うけど、根幹が一緒だったんだ。


■役割分担、動画のアイデアは?

田村淳 役割分担は?
カンタ 僕が編集。
トミー 日々の企画は相方がサーチして、流行っているものをアレンジする。大きなものは、コンビで考えて、長期のものは俺が考える。毎日投稿はカンタ、コンビとしてどう進んでいくか、っていうのは僕。

田村淳 企画はどうやって考えている?
カンタ 2人でやって楽しいこと。トミーのリアクション見たいとか。その「ウキウキ」だけですね。
田村淳 「ウキウキ」を追求できるって羨ましい。
トミー 放課後、カンタに「ウチに面白いゲームあるぜ」って誘われている気分。
カンタ あ、僕も同じ。面白いから一緒にやろうぜっていう感覚ですね。
田村淳 リアクションもらえることがモチベーションなんだ。

カンタ 話してると面白いけど、やってみると面白くないこともある。面白いこともあればまぁまぁなこともありつつ、予想以上に面白くなることもあったり。年に10本くらい、「こんなオチが待ってるの!?」って動画ができたりする。

トミー 無人島ロケをやったとき、ウミガメが海に戻るのを撮ったんですけど、なかなか海に帰らないんすよ。早く戻って欲しいのに。
カンタ 途中で動かなくなったりして。
トミー 2時間くらいかけて、感動的なシーンかと思ったら、海に入った瞬間にバッシャーってめっちゃ水かけられた(笑)

田村淳 2時間ずーっとカメを見てるのはどうやって編集するの?
カンタ 撮ってるときに頭の中で出来上がるんです。感動的なセリフを5回くらい言ってるんですけど、しょうがないからって切る。
田村淳 演者と編集を同時にできるって、これからのタレントに求められると思ってる。意外とこれができる人って実は少ない。映画監督であり演者でもあり脚本家でもある。それを2人は同時進行でやっているっていうのは強い。
カンタ それが楽しいんですよね。
田村淳 だから、若手芸人には「水溜りボンドを見ろ」って言う。


■相方のことをどう思う? これからどうなる?

カンタ 本当に正反対なんで、信用して自由にやってもらった方が面白くなる。
田村淳 真逆だからいいんだろうね。
トミー お金とか時間とかモラルを気にしながら作品が作られるじゃないですか。それは作品の幅を狭めると思うので、そういうのが全部ナシになった時にカンタがどういうエンターテイメントを作るのか見たいし、視聴者に見せたい。なので、その作業というか、そこを僕がやるって思わせた奴だなって思う。めちゃくちゃ尊敬しています。

田村淳 10年後も動画撮り続けてて欲しい。
トミー そうですね。
カンタ 僕ららしい選択をしていった先なんで、あんま心配してない。
トミー ワクワクしかないですね。
カンタ 淳さんはめちゃくちゃ正直に生きてるって見える。だから僕らが惹かれる。
トミー これから仕掛けていくことに視聴者がついてこれないタイミングもあると思う。「変わらないで」っていう声もあると思うけど、今後も進化のための変化をやっていく。生き方が近いのは田村淳さんなのかなって。
田村淳 俺、めっちゃ褒められてる! 嬉しい!

ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 13時00分~14時55分
出演者:田村淳、砂山圭大郎(アシスタント)
番組ホームページ
公式Twitter

■メールアドレス
newsclub@joqr.net

※該当回の聴取期間は終了しました。

「人をうらやましいと思うことがよくある」…8ヵ国のなかで“日本がトップの割合” ユージ「うらやましいと思うことのその先のマインドが大事」

モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」(毎週月曜~金曜 6:00~9:00)。この記事では、5月22日(月)~5月26日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


(左から)吉田明世、ユージ



◆およそ2割が“人をうらやましいと思うことがよくある”

博報堂生活総合研究所は、上海の生活綜研、博報堂生活総合研究所アセアンと協働し、日本・中国・アセアン6カ国(タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール)の生活者の意識や価値観、行動を把握することを目的とした、初めての8ヵ国調査「グローバル定点」を実施し、その調査結果を公表しました。

8ヵ国を比較して日本の特徴を分析したところ、日本が最上位となったのは、「お金が欲しい」(60.6%)、「自分の将来のイメージは暗い」(43.7%)、「人をうらやましいと思うことがよくある」(24.4%)などでした。

「人をうらやましいと思うことがよくある」の項目に着目してみると、他の国は3~10%台だったのに対し、日本は24.4%と倍以上の割合に。この数字に、ユージは「人をうらやましいと思うことは、僕は(頑張ろうという)原動力、エネルギーにつながる部分なんじゃないかと思う。うらやましいと思うことのその先のマインドが大事で、妬みにつなげるのではなく、自分の原動力につなげることができたらすごく活気が出ていいと思う」と話し、肯定的に捉えていました。

◆経済効果は900億円超え! 伊勢志摩サミットの2倍

5月21日(日)に閉幕したG7広島サミット開催による、県内への経済波及効果について、関西大学の宮本勝浩(みやもと・かつひろ)名誉教授は、およそ924億円にも上るとの試算を発表しました。この数字は、2016年のG7伊勢志摩サミットのおよそ2倍で、一番の理由が警備費の増加だそうです。

ユージは、「これはすごい経済効果ですね」と驚きつつ、閉幕後も継続的に地域が盛り上がりを見せることを切望。「各国の首脳の訪問先や夕食会で振る舞われた食事などは日本だけでなく、海外メディアも発信すると思うので、知名度の向上や観光客の呼び込みにもつながる可能性など、ポジティブな面があると思う」と期待を寄せていました。

◆アニメイト40周年

2023年春にアニメイトが40周年を迎え、アニメイト1号店である東京の池袋本店がリニューアルオープンしています。 世界最大規模のアニメショップとして、国内はもちろん、海外のファンにも知られた聖地となっています。

ユージは、「(アニメショップが建ち並ぶ)乙女ロード、よく行っていましたよ。サンシャインシティやあの辺に遊びに行くことが多かったし、サンシャインシティに行くとなると、乙女ロードを通るから、そこで待ち合わせをしたことが何回もある」と若かりし頃を懐かしんでいました。

◆宇宙空間に10ヵ月

京都大学と住友林業は2022年3月から10ヵ月、宇宙空間に木材を晒すという実験をおこない、若田光一(わかた・こういち)宇宙飛行士の手で木材を回収。その木材の劣化状況などを調べたところ、「割れ」「反り」「剥れ」などがなかったことが分かったそうです。

かつて建設業界で働いたことがあるユージは、「(当時)木材もよく使っていたけど、割れたり、湿気で反っちゃったりすることがよくあるんですよ。宇宙空間で耐えられたというのは、面白い結果だと思う。これは非常に興味深い」と関心を示していました。

◆およそ276億円の家

セレブ界のスーパーカップル、ビヨンセとジェイ・Zが、2億ドル(およそ276億円)の豪邸を購入したことが話題となっています。米カリフォルニア州で取引された住宅としては最高額で、アメリカ全体でも2番目に高額。この豪邸を設計したのは、なんと日本人建築家の安藤忠雄さんです。

このトピックに、ユージは「安藤忠雄さんの作品って、シンプルでコンクリート打ちっ放しのイメージがあるけど、本当に良く考えられている。ビヨンセとジェイ・Zというビッグカップルが、安藤忠雄さんの作品を選ぶっていうのが、すごいなと思った」と感想を口にしました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月~金曜6:00~9:00
パーソナリティ:ユージ、吉田明世
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/

Facebook

ページトップへ