田村淳×水溜りボンド実現! 『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』

水溜りボンド

6月15日(土)放送の文化放送『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』に人気動画クリエイター「水溜りボンド」の2人が登場した。田村淳とトミーは『クイックジャパン』で対談しているが、水溜りボンドの2人が揃って会うのは初めてだという。放送日の6月15日現在、水溜りボンドのYouTubeチャンネル登録者数は398万人を超えている


■バズっている感覚はない

田村淳 すごいバズってる。(登録者数)398万人って投稿し始めた頃、目標にしてた?
カンタ&トミー 全くですね。
トミー 夢の範疇になかった。その先というか。
カンタ 当時、日本のトップの人でも200万人くらいだった。
トミー バズっている感覚はない。毎日投稿なので。
カンタ ヒット作があるわけじゃなくて、地道に少しずつ広がってるっていう。
田村淳 水溜りボンド専用メディアだからすごい。
トミー 初めてお会いした時も「自分のメディアはすごい」って言ってくださった。


■お互いの第一印象は?

カンタ やべぇ奴いるなって。大学の新入生歓迎会の飲み会でめっちゃ笑い取ってた。
トミー 僕とすべてが真逆。性格も考え方も。だけど仲良くできる。
田村淳 何があったんだろう。
カンタ 趣味が同じ。
トミー 面白いと思うことが一緒なんですよ。
田村淳 キャラクターは違うけど、根幹が一緒だったんだ。


■役割分担、動画のアイデアは?

田村淳 役割分担は?
カンタ 僕が編集。
トミー 日々の企画は相方がサーチして、流行っているものをアレンジする。大きなものは、コンビで考えて、長期のものは俺が考える。毎日投稿はカンタ、コンビとしてどう進んでいくか、っていうのは僕。

田村淳 企画はどうやって考えている?
カンタ 2人でやって楽しいこと。トミーのリアクション見たいとか。その「ウキウキ」だけですね。
田村淳 「ウキウキ」を追求できるって羨ましい。
トミー 放課後、カンタに「ウチに面白いゲームあるぜ」って誘われている気分。
カンタ あ、僕も同じ。面白いから一緒にやろうぜっていう感覚ですね。
田村淳 リアクションもらえることがモチベーションなんだ。

カンタ 話してると面白いけど、やってみると面白くないこともある。面白いこともあればまぁまぁなこともありつつ、予想以上に面白くなることもあったり。年に10本くらい、「こんなオチが待ってるの!?」って動画ができたりする。

トミー 無人島ロケをやったとき、ウミガメが海に戻るのを撮ったんですけど、なかなか海に帰らないんすよ。早く戻って欲しいのに。
カンタ 途中で動かなくなったりして。
トミー 2時間くらいかけて、感動的なシーンかと思ったら、海に入った瞬間にバッシャーってめっちゃ水かけられた(笑)

田村淳 2時間ずーっとカメを見てるのはどうやって編集するの?
カンタ 撮ってるときに頭の中で出来上がるんです。感動的なセリフを5回くらい言ってるんですけど、しょうがないからって切る。
田村淳 演者と編集を同時にできるって、これからのタレントに求められると思ってる。意外とこれができる人って実は少ない。映画監督であり演者でもあり脚本家でもある。それを2人は同時進行でやっているっていうのは強い。
カンタ それが楽しいんですよね。
田村淳 だから、若手芸人には「水溜りボンドを見ろ」って言う。


■相方のことをどう思う? これからどうなる?

カンタ 本当に正反対なんで、信用して自由にやってもらった方が面白くなる。
田村淳 真逆だからいいんだろうね。
トミー お金とか時間とかモラルを気にしながら作品が作られるじゃないですか。それは作品の幅を狭めると思うので、そういうのが全部ナシになった時にカンタがどういうエンターテイメントを作るのか見たいし、視聴者に見せたい。なので、その作業というか、そこを僕がやるって思わせた奴だなって思う。めちゃくちゃ尊敬しています。

田村淳 10年後も動画撮り続けてて欲しい。
トミー そうですね。
カンタ 僕ららしい選択をしていった先なんで、あんま心配してない。
トミー ワクワクしかないですね。
カンタ 淳さんはめちゃくちゃ正直に生きてるって見える。だから僕らが惹かれる。
トミー これから仕掛けていくことに視聴者がついてこれないタイミングもあると思う。「変わらないで」っていう声もあると思うけど、今後も進化のための変化をやっていく。生き方が近いのは田村淳さんなのかなって。
田村淳 俺、めっちゃ褒められてる! 嬉しい!

ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 13時00分~14時55分
出演者:田村淳、砂山圭大郎(アシスタント)
番組ホームページ
公式Twitter

■メールアドレス
newsclub@joqr.net

※該当回の聴取期間は終了しました。

安倍元首相国葬が賛否分かれた中で行われたのは「岸田首相の対応の失敗」ジャーナリスト・青山和弘が指摘

ジャーナリストの青山和弘が9月27日(水)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。この日の安倍晋三元首相の国葬について言及した。

安倍晋三元首相の国葬に反対する団体などによるデモ =2022年9月27日、東京都千代田区 ©産経新聞社

国葬には、海外から約700人の要人が出席し、国内からは約3600人が参列したとされている。岸田首相は、来日した各国首脳らと弔問外交をスタートし国葬の意義を強調しているが、開催への理解は広がったとは言えず、世論が割れたままの実施となった。

青山は「旧統一教会の問題だったり、功罪と言われているが、国葬とは分けて考えるべきだと思う」と語り、続けて「総理大臣を9年弱続けて、選挙期間中に銃殺された総理大臣を静かに弔って送り出すのが普通の感覚」と自身の考えを述べた。

番組パーソナリティの垣花正から、「このような事態で行われる国葬について、どうお考えですか?」と問われると「正直言って、情けないことになったと思います」とバッサリ。その理由について「岸田首相は寄付金を募って国葬を行うことを検討しました。ところがこれは法律的な問題でダメになった。それも頭がカタいと思うんですが、そもそも最初からクラウドファンディングをやっていれば、16億円は集まったと思う。そういうこともなされないまま二分した状況で、今日を迎えたのは情けないことになったなと思いますね」と岸田首相のこれまでの対応について疑問を投げかけた。

最後に青山は「安倍さんをやたら持ち上げようなんてつもりもないし、反対する人たちに弔意を強制しようとは思わない」と前置きしたうえで「弔意を持っている人たちが静かに送り出す環境を整えることが故人に対する弔いだとすれば、これまでの対応は失敗だったと言わざるを得ない」と、国葬に反対意見が多数出ている状況は岸田首相の対応に原因があるとのではないかと語った。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ