スペシャルオリンピックス日本理事長・有森裕子がマンスリーゲストに、障がい者スポーツの今を発信『みんなにエール!』

フリーアナウンサーの町亞聖さんがパーソナリティを務め、障がい者スポーツの今を発信する『みんなにエール!』。このたび番組初のマンスリーゲストとして、10月放送の4週にわたり、公益財団法人スペシャルオリンピックス日本の理事長・有森裕子さんをお迎えします。

「スペシャルオリンピックス日本」の理事長に聞く

今回ゲストとしてお招きした有森裕子さんは、オリンピックで日本女子陸上界初の2大会連続のメダルを獲得したレジェンドであり、現在は公益財団法人スペシャルオリンピックス日本の理事長として尽力されています。

このたび行われた収録では、知的障がいのある人たちに様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織「スペシャルオリンピックス」の活動についてお話をうかがいました。

ご自身がスペシャルオリンピックス日本に関わるようになったきっかけについて有森さんは、「(元理事長で現名誉会長の)細川佳代子さんから『知的に障がいのある人にスポーツの場を提供している』と言われたことが大きかったですね。私たちは当たり前にスポーツを通して成長過程で非常に大事なものを育ませていただきました。でも、知的に障がいがある人はその機会がないんだ、と。それが非常に衝撃的で、私に何かできることがあれば是非ということで(協力を決意した)」と振り返りました。

「障がいのある人とない人が一緒にプレーする。それは社会と同じ形」

10月12日・13日には、スペシャルオリンピックス日本の設立25周年記念事業として「第1回 全国ユニファイドバスケットボール大会」が大田区総合体育館で開催されます。この「ユニファイドスポーツ(Unified Sports®)」について有森さんは「ユニファイドスポーツでは、知的障がいのある人とない人が混合チームで一緒になってプレーします。それは社会と同じ形なんです。一緒にプレーできるし、生きてもいける、ということの象徴的な形としてのユニファイドスポーツを私たちは推奨しています。会場に観にきていただければ、たぶん驚くことがいっぱいあると思います。その驚きを楽しんでいただきたいです」と紹介しました。

また、有森さんはスペシャルオリンピックスのアスリートたちの活動を長年見てきた経験を振り返りながら、「スポーツは記録も大事なんだけど、記憶も大事。スポーツを通じて人間の大事なものを見せて記憶に残すことも大事なんだなと。もちろんスポーツは見る側がいろいろ評価していいんですけど、アスリート自身の気持ちのジャッジが一番大事なんだと思うようになりました」と語りました。

このほかにも番組では、来年2月に開催される「2020年 第7回スペシャルオリンピックス 日本冬季ナショナルゲーム・北海道」や、スペシャルオリンピックス日本の活動をサポートしている企業との取り組みなどについても紹介します。

なお、この模様は10月5日、12日、19日、26日の4回にわたって放送します。

みんなにエール!
放送局:文化放送
放送日時:毎週土曜 5時35分~5時50分
出演者:町亞聖

※該当回の聴取期間は終了しました。

『半沢直樹』ロケ地を探し当てた松村邦洋、朝から各地を回り返す!?

堺雅人のモノマネを得意とする松村邦洋が、堺の主演ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)のロケ地を早速巡ったことを明かした。

ドラマ「半沢直樹」で「東京ドラマアウォード2014」主演男優賞に選ばれた堺雅人さん。「日本のあちこちに小さな半沢直樹がたくさんいたおかげでドラマが作れた」と話す=2014年10月23日、東京都内 ©時事通信社

7年ぶりに新シリーズがスタートしたドラマ『半沢直樹』。2013年に大ヒットした前作に続き、7月19日に放送された初回の平均世帯視聴率は22.0%、26日の第2話が22.1%、8月2日の第3話は23.2%を記録した。

主演・堺雅人のモノマネを得意とする松村は、7月24日のニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」の中で、同ドラマについて言及。リアルタイムで視聴しているだけでなく、ドラマのロケ地まで巡っているという。

松村:朝から新橋に行って、『半沢直樹』のロケ巡りですよ。第1話で尾上松也さんと賀来賢人さんが行っていた「88」というお好み焼き屋さんに。(※「お好み焼き・鉄板焼き 88(パチパチ)」)

高田:わかったの?

松村:はい、うちのマネージャーが調べてくれて。

高田:お前んところ、どんな仕事してんだよ(笑)。

磯山:そこまで調べさせられるの(笑)。

松村:リサーチです。それであとは、堺雅人さんと及川光博さんのシーンに使われた、新橋のガード横丁のとこに行って。(※「新橋ガード下横丁」)

高田:あ、通ってたね。ロケハンに行ったの?

松村:ロケハンじゃないです(笑)。

高田:後ハンね。ドラマで取り上げられた場所をなぞってくのね。

松村:(堺雅人のモノマネで)ここも来たな。あそこも来たな。

磯山:堺さんになってるから(笑)

松村:やられたら、店を回り返す!

高田:語呂悪いね。

松村:すいませんでした。

『半沢直樹』に夢中になるあまり、さまざまなロケ地を訪れているという松村。その後、第1話のラストシーンを堺のモノマネで再現した松村だったが、「このスベり具合は何?」と高田から辛口のコメントを受けていた。

Facebook

ページトップへ