高田純次と浦沢直樹が語る森進一の音楽性「もはや『はっぴいえんど』」「人間を超えている」『純次と直樹』

■歌手・森進一とは

「おふくろさん」「襟裳岬」などのヒット曲で知られる演歌歌手、森進一。彼は1965年、チャーリー石黒に才能を見出されたが、「売れるためには声をつぶして演歌を歌うべき」と説得されて今の独特の声になったという。

高田 もとは普通の声だったんだ
浦沢 当時はアメリカにロッド・スチュワートもいましたね

かすれ声という個性は、世界的にも共通しているようだ。

 

■2人が選んだ森進一の楽曲

11月17日放送の文化放送「純次と直樹」では、高田純次と浦沢直樹が森進一の楽曲の名から1曲ずつ選んでオンエア。浦沢のチョイスは1983年リリースの「冬のリヴィエラ」。作詞・松本隆、作曲・大瀧詠一である。

浦沢 森進一さんにはいろんなジャンルの楽曲提供者がいますよね
高田 吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆......すごいね!
浦沢 (「冬のリヴィエラ」も)はっぴいえんどファミリーの作品ですよ、(メンバーの)半分入ってますから
高田 松本隆がバツグンだね。松本隆の歌詞は人間を超えちゃってる。この歌詞は出てこないよ
浦沢 人間を超えちゃってる(笑)

一方、高田が選んだ曲は1984年、「冬のリヴィエラ」の次のリリースとなった「紐育物語」。こちらは作詞・松本隆、作曲・細野晴臣、編曲・細野晴臣&坂本龍一。

高田 これで、ひもいく(紐育)がニューヨークって読めるようになったよね
浦沢 やっぱりはっぴいえんどなんですよ。しかも編曲に坂本龍一さんが入っているからもはやYMOですよ(笑)
高田 音楽もちょっと近代的っていうかナウいよね
浦沢 演奏がYMOですよね

歌唱力はもちろんのこと、制作陣の豪華さにも注目して聴くと新たな発見があるかもしれない。

高田 はっぴいえんどのメンバーって、あとは......吉田............
浦沢 鈴木茂さんですね
高田 吉田茂さんじゃ首相になっちゃうね(笑)

さすがに総理大臣からの楽曲提供は......無いよね。

純次と直樹
放送局:文化放送
放送日時:毎週日曜 17時00分~17時30分
出演者:高田純次、浦沢直樹
番組ホームページ
公式Twitter

※該当回の聴取期間は終了しました。

たこやきレインボーのリーダー堀はすぐ裸になる人!?

7月6日(月)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、アイドルグループ・たこやきレインボーが出演し、メンバー全員による共同生活について語った。

たこやきレインボー

清井咲希、堀くるみ、根岸可蓮、春名真依、彩木咲良の5人による関西を拠点に活動するアイドルグループのたこやきレインボー。通称“たこ虹ハウス”と呼ばれる家で、メンバー全員で共同生活を送っているという。そんな中、リーダーである堀くるみの変わった生活スタイルが話題になった。

吉田尚記アナウンサー:根岸さんからみて、堀さんってどんな人なんですか?

根岸:共同生活をしてるんですけど、(堀は)すぐ裸になるんですよ

堀:ちょっ、あんまり言わんといて(笑)

吉田:スタジオ外にいるメンバーたちがめっちゃ笑ってますよ!

たこやきレインボー 堀くるみ 根岸可蓮

根岸:玄関から廊下1本でリビングに入れるんですけど、扉を開けた瞬間とかに、くーちゃん(※堀の愛称)が出てきたら裸なんですよ

堀:なんか、一番楽なんですよね

吉田:注意とかはしないの?

根岸:慣れすぎて……最初は「一応服着ときなよ」くらいは言ってたんですけど、見慣れすぎて「もういいや」って

堀:でも、裸族ってけっこういると思うので、そんなにヤバいとは感じてないんですけど(笑)

たこやきレインボー 根岸可蓮 清井咲希

また、他のメンバーに関するトークでは、清井咲希が憧れの先輩であるももいろクローバーZの百田夏菜子とLINEの連絡先を交換したことが話題になった。そこで生放送中にメッセージを送ったところ、まもなく百田から返信が……。

ニッポン放送 ミューコミプラス

思わぬ展開に盛り上がる一同だった。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ