ウクライナ情勢、解決の鍵を握る”ミンスク合意”を佐藤優が解説

佐藤「ポイントはミンスク合意。ミンスク合意をちゃんと履行してくれればこの問題は終わるわけです」

2月18日放送の「くにまるジャパン極」(文化放送)で、元外交官で作家の佐藤優氏が緊迫するウクライナ情勢について、解決の鍵を握る”ミンスク合意”について解説した。

野村邦丸アナ「ミンスク合意、最近よく耳にするんですけど、佐藤さん教えていただけますか」

佐藤「2014年、2015年、にミンスク合意というのがあります。今、親ロ派勢力が侵攻している地域、これは今のままにしておく。それでその地域で自由な選挙をOSCE(欧州安全保障協力機構)がきちっとしているところで公正な選挙をやってそれで政府を作ると。それでウクライナは特別の統治を認める。だから、自治州あるいは自治共和国みたいなものを作るということですね。それが決まったところで、ロシアが国境警備をウクライナに移す。こういう話です」

邦丸「これは合意しているわけですね」

佐藤「2014年の合意は、ウクライナの大統領とロシアの大統領とドネツクとルガンスクのトップ。ところがその合意をしても全然お互い、言うことを聞かない。翌年、フランスとドイツが相談して前年のミンスク議定書に基づいて新しい案を作って、それにロシア、ウクライナが加わって本部が出来るんです。それを実行するための付属文書が出来まして、その付属文書にはロシア、ウクライナ、OSCE、ドネツク、ルガンスクの代表が肩書なしで署名してるんです。だからみんなこの文書、合意してるんですね。しかも国連で登録されている条約になってますから拘束力を持つんです」

佐藤氏によると、この合意を守っていないのがウクライナだという。

佐藤「ウクライナの今の大統領のゼレンスキー氏が言っているのが、“条件が変わった、ウクライナ国民がミンスク合意は認められないからこれじゃできない、誰が署名したのか知らない”ということ。署名したのは前の大統領。外国と約束したことは守らないといけないわけですよ」

さらにこう続ける。

佐藤「平和維持のためには、ミンスク合意とウクライナ政府がドネツク、ルガンスクの代表と話し合わなければいけない。しかし、ウクライナ側はそういう連中とは話ができないと言って一切対話することを拒否してるんですね。ウクライナの態度にすごく問題があると思うんです」

〈関連記事〉
ウクライナ情勢、解決するにはどうすれば良い?佐藤優が解説

タグ

ももクロ・百田「どうやら店員さんが弟のことを……」兄弟との外出に悩む

9月18日(日)に放送された、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時~22時30分)に、ももいろクローバーZの百田夏菜子、高城れにが出演。百田が兄や弟と外出するときの困りごとを語った。

ももいろクローバーZ・百田夏菜子

百田:相談があります!

高城:何でしょう?

百田:弟とお兄ちゃんと、どう歩いたらいいですか?

高城:おお?

百田:最近、弟と買い物に行ったんです。急に「お姉ちゃん、買い物に行こうよ」って言われて服を買いに行って。弟と「これどう? あれはどう?」って言いながら買い物をしていたら、どうやら店員さんが弟のことを恋人と思っている感じで。

高城:デートで来ていると思われたんだ?(笑)

百田:そう!『これは、どうしたらいいんだろう……』って思って。直接、「彼氏さんが~」って言われたわけではないんだけど、会話から『絶対に恋人と思っているな』って感じがあって。

高城:男の子の兄弟で年齢も近いと、そう思われがちだよね。きっと。

百田:そうなの。この仕事をしてからお兄ちゃんと歩くっていうのが、やっぱりなかなか……。

高城:周りから見たら分からないからね。

百田:そうそう。変な感じになってしまってもな、と思ってね。昔、弟はだいぶ小さかったんだけど、身長が伸びたから。

高城:『あれ? ももクロの夏菜子ちゃん……お忍びで来ているのかな?』って思われたらね(笑)

百田:そうなのよぉ~! なんか難しいな~っていうのを久しぶりに体験して。

高城:うん。

百田:でもその時は、弟が「お姉ちゃんを呼んでもらっていいですか?」みたいなことを店員さんに言ったから、「あっ、お姉ちゃんだったんですね!」みたいになったんだけどね。

兄や弟と一緒にいると、恋人だと勘違いされるのではないかと、悩ましげに語った百田。しかし、先日の弟との外出について「でも、その日はめちゃめちゃお買い物して、めっちゃ楽しかったですよ!」と、しっかりリフレッシュできたと報告した。

radikoのタイムフリーを聴く

Facebook

ページトップへ