中元日芽香「お便りでのフィードバックが番組と私の力になる」お便りスペシャルで様々な質問に答える!

『中元日芽香の「な」』が、3月28日(月)午前7時に更新され、「お便りスペシャル」として、番組に届いた種々のお便りを紹介した。

中元さんが癒されるものは?という簡潔なお便りに中元は、

「ワンちゃんワンちゃんとこの番組の色々な回で言っていますが、最近のマイブームは寝る前の数十分間キャンドルを付けてボーっとするのが癒し時間。皆さんもやるときはくれぐれも寝る前に火を消すという約束を守ってください。以前は考え事をしながら寝落ちも良かったが、最近は考え事をしていると頭が覚醒して眠れなくなってしまった。今は逆に頭を空っぽにするようにしている」と回答した。

幼稚園から高校1年生まで場面緘黙症だった。今は人と話すことができるようになったが、今でも人と話をするのが苦手。養護教諭を目指しているが、このままではいけないと感じている。対人恐怖を克服するにはどうすればいいか?というお便りに中元は、

「場面緘黙症を知らない方に簡単に説明すると、特定の社会的場面で話すことができなくなる精神疾患の一種。言葉を知ったのは大人になってからだが、思い返してみると、小学校の同級生にそういう子がいた。その子はクラスでは無口な子。時間がたって仲良くなったら、学校を離れて少人数で話すときは、スラスラ喋ったりケタケタ笑ったりする子だった。それがギャップというか、7歳の私には不思議だった。自分が生きやすい環境を選択して、学ぶことをやめなかったのは素晴らしい。一個人の考えだが、人と関わるのが苦手だな、でもそれでいいやと開き直って、自分が大切にしたい人、力になりたい人とだけ関わるというので全然あり。養護教諭志望ということで、ほかの先生と協力する場面も出てくると思うが、上手なコミュニケーションを取ったり、仲良くしたりする必要は必ずしもあるわけではない。業務上必要な会話だけできればいい。保健室に来る生徒の力になって上げられれば花丸。もし、克服したいとか人と上手にかかわりたいと思うのであれば、信頼できる友人や、将来の上司に実は私、こういう特徴があるんですと打ち明けてみるのも一つの手。自分が信頼できる人たちの反応を受けて安心できるかもしれないし、緊張する職場で理解者がいるというのは大きい」

その他、受験生へのエールやこの番組を医師国家試験への励みにしていたというお便りも、紹介された。

中元は「お便りでのフィードバックが番組と私の力になる。これからもたくさん送ってほしい」と、限られた時間で紹介できないこともあるが、お便りがとても嬉しいと評した。

タグ

山口智子 夫・唐沢寿明は「“ザ・昭和の男”って感じで…」結婚から約30年、夫婦生活を語る

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月5日(月)、9月6日(火)の放送ゲストは、女優・山口智子さん。10年以上にわたってライフワークとして取り組んでいるプロジェクトをまとめた書籍「LISTEN.」(生きのびるブックス)を、8月26日(金)に刊行しました。9月6日(火)の放送では「LISTEN.」プロジェクトにまつわるエピソードや、夫・唐沢寿明さんとの生活について語ってくれました。

山口智子さん、坂本美雨



◆「彼がいることは本当に幸せ」

坂本:質問を書いた用紙がたくさん入ったボックスから1枚引いていただいて、質問に答えていただきたいと思います。

山口:引きました。「この人と会うだけでリフレッシュできる! それはどんな人?」です。もちろん、夫(唐沢寿明さん)を挙げましょう。毎日リフレッシュさせていただいていますから。

坂本:何年一緒にいらっしゃるんですか?

山口:30年近くです(笑)。

坂本:それでそんな言葉が言えるなんて(笑)!

山口:人間って1日1日で違うでしょう(笑)? 仕事から帰ってきて、一緒にご飯を食べて、くだらない話ができる彼がいることは本当に幸せです。毎日、涙がちょちょぎれるぐらい幸せですし、喜びでいっぱいです。

坂本:泣きそうになる~!

山口:なんで(笑)!?

坂本:お家でも笑わせてくれるんですか?

山口:家では無口。何1つ語らないです。昭和の「ザ・男」って感じで、イスにきっちり座ったきり、微動だにしないでテレビやYouTube画面に向き合っています。会話らしい会話は、それほどしていない(笑)。

坂本:おお!

山口:家にいると会話がないので、あえて外食に連れ出します。外食に行くと、対面して語らざるを得ない待ち時間ができるから(笑)。毎日リフレッシュさせていただいていると思うなあ。

坂本:旅には一緒に行かれたりします?

山口:絶対に行かないですね。

坂本:そうですか!

山口:価値観というか、趣味趣向が正反対なんです。旅に行っても一緒に観光はしないですね。

坂本:へええ!

山口:私は1人でミュージアムとかに行くけど、彼はホテルの部屋にしかいない。だったらなんで旅行に行くんだよって思うけど(笑)。温泉に行っても温泉に入らないし、すごく不思議な人なんですけど、彼なりに完結しているんでしょうね。(合うのは)唯一食文化だけ。食べるものは一緒においしいねって共有できる。唯一、スペインに行ったときは食事で一緒にいる時間が長かったですね。

坂本:趣味とかを一緒にしなくても、ただいるだけで楽しい時間になるのはすごい相性がいいんですね。

山口:こういうことが相性と呼べるかどうか、若い頃はよくわかんなかったな。若いうちは「同じ感覚でいてくれなきゃ嫌」みたいなところがあるじゃないですか(笑)。

坂本:そうですよね。

山口:“(違うところが)実は良かった”と思える年齢になってきて、歳を取るって面白いなと思えてきました。自分がまったくできないことを補ってくれるし、全然違う見方があるし。最近、正反対で本当によかったと思えることがいっぱいある。

坂本:希望が持てます。

山口:時間はちょっとかかるかもしれないけれど(笑)。

▼「LISTEN.」刊行記念 書店トークイベント開催決定!▼
数々のドラマや映画、CMで活躍する山口さん。2010年からは世界各地を飛び回り、民族音楽を収録・撮影して伝えるプロジェクト「LISTEN.」をライフワークとして活動しています。

8月に書籍化された「LISTEN.」には、10年にわたって巡った26ヵ国の250を越える曲を収録。全636ページにわたり、世界の美しい風景や、その土地で生きる人々の姿を捉えた写真を掲載しています。

9月28日(水)19:00から、東京・「代官山 蔦屋書店」にて「第2弾『結束の宴』」を開催します。トークイベント模様は、オンラインでの配信も予定しています(1週間のアーカイブ期間あり)。詳細は公式サイトをご確認ください。



来週のゲストは、9月26日(月)LE VELVETS 佐藤隆紀さん、27日(火)ホフディラン 小宮山雄飛さん、28日(水)渡辺貞夫さん、29日(木)満島ひかりさんです。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/

Facebook

ページトップへ