青木さやか「私は“厄介な女”を越えて“最悪な女”かも」

自称“厄介な女”の青木さやか。4月12日「大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)」では、青木さやかが“厄介な女”の“厄介な胸の内”を明かした。

青木「私、褒められれば褒められるほどウソだって思っちゃったりですね、好きだって言われれば言われるほど信用できなかったりするんです」

大竹まこと「そういうのわかる。褒められると落ち込むっていう人いるのよ」

はるな愛「へぇ~」

大竹「はるな愛には想像できないと思うけど…」

はるな「私は褒められると、もう天に昇っちゃう。自分の中では『もっといけたのに!』『不完全燃焼だったな』って思ってても人に『スゴい良かった』って言われたら、みんなも良かったと思ってるんだって思わないですか?」

青木「ん~、みんなに言ってるんだ~って思っちゃいます。あと誕生日をスタッフさんから祝ってもらったりすると『今、売れてるからですよね?来年やらないんだったら、もうやめてもらえませんか』って言っちゃったり…」

はるな「え?????」

大竹「厄介だな、お前」

青木「でしょう。だから仲のいい芸人さんから『そんな誕生日祝ってほしくないんだったらウィキペディアから誕生日消せよ!』って言われて『そうかもしれない』みたいな話し合いをしたことあります」

大竹「『来年祝わないですよね?』は祝ってほしいの裏返しでもあるの?」

青木「今一瞬だけでしょう、私のこと見てるのはっていう寂しさがあるのかもしれません。“厄介”ってことじゃないのかもしれません。“最悪な女”なのかも(笑)」

はるな「(爆笑)」

大竹「でも、青木はそれをマジで思ってるわけだろう?」

青木「関係性が近い人には『誕生日を祝いたいと思って祝ってるわけじゃないでしょう。本当に誕生日おめでとうなんて思ってる人なんて殆どいないんだから!』みたいな感じでした」

大竹「めんどくせー」

はるな「(爆笑)」

大竹「そういう思考回路の人いるんだよ」

はるな「私は祝っていただいた時には、もしかして来年は祝ってもらえないかもしれないけれど、その瞬間の気持ちを楽しむタイプなので、誕生日のケーキが来た時には『ワーオ』って言ってアメリカ風に願い事したり可愛くやるんですけど…」

青木「ちょっと、これ何の話聞かされてるんですか?」

一同「(大爆笑)」

この他にも番組では青木さやかさんが“厄介エピソード”を披露。もっと聴きたいという方はradikoのタイムフリー機能でお楽しみ下さい。

青木さやかさんは番組の「大竹メインディッシュ」のコーナーにご出演です。

タグ

タレント業と農作業を両立 加藤紀子が目指す姿は「生産者の頑張りを伝える“真ん中の人”」

日曜日の昼下がり、静かな通りに佇む一軒の店「your time」に集うお客様たち。カウンター越しには、それぞれの個性あふれる物語が聞こえてきます。パーソナリティのチャンカワイがお届けするTOKYO FMのラジオ番組「ヱビスビール presents Color Your Time」。

2月4日(日)、2月11日(日・祝)放送回のゲストは、タレント業と並行して自身の畑で農作業に打ち込む加藤紀子さん。自分時間「my time」にまつわる物語をひも解いていきます。

(左から)パーソナリティのチャンカワイ、加藤紀子さん


◆ロケの仕事で意識していること 

チャンカワイ:電波に乗せて話すのは初めてなんですけども、相方と事務所で紀子さんのVTRを観たんです。ロケの進め方とかコメントの落とし方を勉強していたんですよ。好きという気持ちを濃く伝えることで、相手も幸せになるんですよね。

加藤:ロケは完全にそうですね。話を伺っている方がいかにリラックスするか、そして、どうすれば趣旨に沿ったお言葉をもらうようにするかを意識しています。

チャンカワイ:すごい。

加藤:どこに国に行ってもどこの県に行ってもそう。

チャンカワイ:そうですよね。「共有力」って言うんですかね?

加藤:なんだろうね? もちろん「全面に紀子!」と思っていた時代があったかもしれないけれど、それだと何も伝わらないっていうことに気がついたんだと思う。とにかく「楽しい」ことしかない現場にしようと思っていて、たとえば微妙な空気だったとしても「自分がこう思えばいいのか」と考え方を変えたりします。

チャンカワイ:なるほど!

加藤:(なぜかと言うと)本当に単純な話で、仕事が終わって家に帰ったとき、1杯目のおいしいビールが飲みたいの(笑)。

チャンカワイ:(笑)。仕事のときにピリオドを打つんじゃなくて、その先を(考える)。

加藤:そうそう。

(左から)加藤紀子さん、パーソナリティのチャンカワイ


◆「好き」の背景を知ることは大切 

チャンカワイ:いろいろなお料理、畑、なんなら作っている生産者と向き合うこと。それが自分の力になっているのでしょうか?

加藤:はい。今までなにも知らないでおいしいとか言っていたし、どう作られているのかっていう背景に一切気付いていなかった。だけど、好きの背景を知ったことで、その作り手の人たちに寄り添うことができるから、より味わって食べられるようになった。どういう大変な思いで作っているのか、ちょっと汲み取れるようになってきて。

チャンカワイ:(農作業を)やっているからわかることですね。

加藤:きっと、かける言葉も変わってきたと思う。ありがとうの重さというか、強さも変わってきているはず。

チャンカワイ:たしかに。

加藤:でも、まだ足りない。生産者さんにも会って、私がその頑張りをお伝えする“真ん中の人”になりたいと思うし、野菜の本を書きたいなとも思います。

チャンカワイ:今の「好き」をもっとブラッシュアップしながら、みんなのスピーカーになりたいという思いがあるんですね。

加藤:まさにそうです。

この続きはポッドキャストでどうぞ!

<番組概要>
番組名:「ヱビスビール presents Color Your Time」
放送日時:日曜 14:55~15:00
パーソナリティ:チャンカワイ

Facebook

ページトップへ