直腸がんから復活 クワマン がん告知の瞬間の心境

2021年2月に直腸がんの手術を受けたクワマンこと桑野信義氏。7月5日「大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)」では、桑野氏が医師からがん告知をされた瞬間の心境から壮絶な闘病生活までを語った。

大竹「ステージはいくつだったの?」

桑野「直腸がんのステージ3ですね。病名でいうと直腸がんの3b。要するにリンパまで転移してる状態」

大竹「げっ!4の手前はかなりやばいよね?」

桑野「自分でもがんになるってわからなかったから調べてもいないし、調べるのも怖かったし…」

大竹「そうなんだよね」

桑野「後から調べて『うわっ、こんな状態だったのか!』って」

大竹「わかった時、何考えたの?」

桑野「内視鏡っていうのをやったことなくて…イヤでしょう、人にお尻見せるのなんて。でも自分でもマズいと思って64歳の時に行ったら発見されたんですけど…」

大竹「コントでお尻見せるのとは違うからね」

桑野「違いますよ。それで内視鏡の写真見たらかなり育ってるんですよね」

大竹「自分のが」

桑野「そう。2個は内視鏡で切除できる小さいやつだったんですけど、1つはどうしても内視鏡じゃとれなくて『手術です』って言われて…」

大竹「そうなんだ」

桑野「内視鏡の写真見た時に先生に『オレ大丈夫ですよね?生きられますよね?』って聞いたんですけど、先生から『うん』っていう即答がなかったんです」

大竹「それ、もうコントじゃん」

桑野「いやホントですよ。オレが『先生、大丈夫ですよね?』って聞いたら、先生が『うん、一緒に頑張りましょう』って」

大竹「うなずけよ、ここは!」

桑野「それで、これはだいぶマズいなっていうのがわかって、それから頭の中は真っ白ですよ」

この後、番組では桑野信義さんが抗がん剤治療との壮絶な戦いや人工肛門にするかどうか悩んだ話などを赤裸々に語ってくれました。詳しく知りたいという方はradikoのタイムフリー機能でお聴き下さい。

桑野信義さんは番組の「大竹メインディッシュ」のコーナーにご出演です。

 

タグ

八女茶スパークリングにサウナ―注目のサウナで最高のととのい!?

八女茶スパークリング

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。8月は八女市にあるFM八女の中島直樹さんと「夏を全力投球」というテーマで八女の魅力を再発見していく。14日(日)の放送ではおしゃれスポットへ生まれ変わった八女市健康増進施設のべんがら村を訪れた。(報告・荒木風花ディレクター)

Facebook

ページトップへ