大竹まこと「一人でしゃべりすぎないように気を付ける」パーソナリティならではの悩みを小島慶子・武田砂鉄と語り合う

7月5日(火曜日)大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)で、パーソナリティでタレントの大竹まことが、他のラジオ番組でパーソナリティもつとめるパートナー小島慶子とライター武田砂鉄氏とパーソナリティならではの悩みを語り合った。

大竹は「ゲストが気持ちよくしゃべってくれたな~と思ったら、その人が他の局で同じ話をしているのを聴いたりしてね」。と言うと、武田氏も「ワンセットでいろんなところで話しているのだろうなって思って、この話をどこで断ち切ろうかなって考えますよね。断ち切り方をやりすぎるとぶった切っただけの人になってしまうし」。と共感。小島から「自分が話を聞かれるときはどうしているの?」と尋ねられると、大竹は「芸人はサービス精神が旺盛でいっぱい話したくなっちゃうんだよね。賑やかにしたいのよ。だから一人でしゃべりすぎないように気を付けている」。と語ると、武田氏も「芸人さんにインタビューするときは、テンションが高くないくらいの方がいい話を聞けるのではないかなと思っている。賑やかなことと中身が面白いことはイコールじゃないんですよね」。と同意していた。

さらに、大竹は「昔とった杵柄で、自分にはヒールのイメージがあるみたい。それで得したこともあるけれど、若いゲストの人と話すときはこのイメージが邪魔をしてしまっているなあと思う。低姿勢にしているのに相手を威嚇してしまっているのではないかって思っちゃう」。と大竹特有の悩みも吐露していた。

 

タグ

八女茶スパークリングにサウナ―注目のサウナで最高のととのい!?

八女茶スパークリング

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。8月は八女市にあるFM八女の中島直樹さんと「夏を全力投球」というテーマで八女の魅力を再発見していく。14日(日)の放送ではおしゃれスポットへ生まれ変わった八女市健康増進施設のべんがら村を訪れた。(報告・荒木風花ディレクター)

Facebook

ページトップへ