「たとえ」は伝える時代から調べる時代に!? 「わからない」ではもったいない!

7月6日の「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)は「伝わらないたとえ」を特集した。世代ではない、詳しくない、など「伝わらない」の種類も様々。出演者たちはどういった比喩に普段から触れているのか。

西川あやの「おふたりはわからなかった、伝わらなかった、あるいは『使っている』たとえなどありますか?」

大島育宙「僕は芸人さんのトークライブなんかでマジメな雰囲気になったとき『大学のゼミみたいですね』と言ったら『大学行ってへんからゼミとかわからん』『大学たとえ、すな』みたいにツッコまれて。単位が……と言おうものなら『大学のことわからへん!』みたいに拒絶されることがあります」

西川「確かに行かないとわからないですもんね」

大島「そんなにゼミがなかったので僕も『知ったか』で使っている比喩ではあるんです。わからない側の人はすごく拒絶するというか、『わかんねえよ!』とツッコんでくる。それはそれで盛り上がるんですが」

永井玲衣「私は最近、友達が水泳を始めたんです。より速く泳ぐためにどうすればいいか検索したら『バタ足はうちわのように動かしてください』とあって。『これってなんだと思う?』と聞かれて『うちわのように、ってそれはこちらのさじ加減では?』と。ゆっくり扇ぐときもあれば、酢飯を冷ますときみたいにバタバタと使うときもあるじゃないですか。体の動きを説明するときってたとえが多用されるけど、全然わからないっていう(笑)」

大島「うちわは根元をパタパタさせた結果、先端が動く。足の先端には力を入れないよ、っていう意味じゃないですか?」

永井「めちゃくちゃ頭いい……!」

西川「確かにうちわって、柄の部分を少し動かすだけでバタバタとできますもんね。たとえの通訳、すごく上手いじゃないですか!」

大島「そう。だから知らないものもたとえに使える(笑)。思い出しましたけど、料理を作るときの『耳たぶぐらいの柔らかさ』とか『東京ドーム何個分』とか、永遠にツッコまれている伝わらないたとえですね」

西川「人肌ぐらいの温かさ、とか」

大島「人によって違うよ、冬の爪先、冷たいよ、っていう」

わからないたとえを多く聞くであろう若者世代に永井や大島がこう提案する。

永井「たとえって共通の体験みたいなものをもとにしていて。いま令和になってそういう体験もどんどん減ってきている。たとえも絶滅しつつあるんですけど、『保護する』みたいな観点で向き合うのもいいかもしれませんね」

大島「たとえがわからなかったとき、僕ら(90年代前半生まれ)より若い世代って『わかんないっすよ』『おじさんたとえヤだ!』と否定しがちですけど、昔の文化を学ぶためのきっかけにするとか。百人一首なんかを勉強するときに『こういう前提があって……』という古典知識がおもしろかったじゃないですか」

西川「背景を知るという」

大島「上の世代のカルチャーを知る入り口として、比喩っていいんじゃないかと思いますね」

タグ

八女茶スパークリングにサウナ―注目のサウナで最高のととのい!?

八女茶スパークリング

北部九州・山口災害情報パートナーシップを結ぶコミュニティFM各局とRKBによるコラボ番組『ローカる!』。地域密着のコミュニティFM局のパーソナリティにとっておきの街ネタを紹介してもらう。8月は八女市にあるFM八女の中島直樹さんと「夏を全力投球」というテーマで八女の魅力を再発見していく。14日(日)の放送ではおしゃれスポットへ生まれ変わった八女市健康増進施設のべんがら村を訪れた。(報告・荒木風花ディレクター)

Facebook

ページトップへ