水樹奈々、来年のライブタイトルについてついに情報解禁!〜9月25日「水樹奈々 スマイルギャング」

 

文化放送地上波で毎週日曜日23:30〜24:00に放送中「水樹奈々 スマイルギャング」

「今夜はまず奈々さんから発表があるということで」という福圓の一言から始まった9月25日放送回。

水樹「来年1月にさいたまスーパーアリーナでライブを開催するとお知らせしてまいりましたが、そのライブのタイトルがついに決定しました〜!」
福圓「おぉ!はやーい!」
水樹「そうなんです。早速ここで発表いたします。タイトルは、『NANA MIZUKI LIVE HEROES 2023』!」
福圓「おぉ!またこれ意外な!」
水樹「そう!ド直球、だけど今までやってこなかったものをやりますよ!」
福圓「そうですね」
水樹「そして、今回あらかじめ2daysで異なるセットリストを演出で行うよって話をしていたんですが、1日目私のお誕生日当日の1月21日(土)を『-LIGHTNING MODE-』、そして2日目1月22日(日)を『-BLADE MODE-』と題して、2日間ガラリと変えてやってみようじゃないか、と!
「HEROES」という旗印の元に集まってきたそれぞれの舞台という形で開催します。
これは、みなさんもう「LIGHTNING」と「BLADE」と聞くと、あれ?もしかして?と思われてると思うんですけど、まさに!そうです!明言はできないんですけど!」
福圓「あ、明言はできないんですね」
水樹「できないんですけど、まさにそうです!これまで、赤のペンライトが似合いそうなとか、火の演出が使われそうなものとか、歌詞にそういった赤を感じさせるようなものがあるものは「RED」で、「BLUE」がぴったりなものはBLUE。RED・BLUEで分けたものもあれば、「QUEEN’S NIGHT」「KING’S NIGHT」のように、女性らしい曲、凛々しい曲で分けたこともあったし、あとは、「FRONTIER」と「GENESIS」って言って初期の曲とその後の前期後期で分けたこともありましたが」
福圓「そうでしたね」
水樹「今回は、「LIGHTNING」「BLADE」。これまで、私は声優として数々のヒーロー、ヒロインたちを演じてきて、ヒーローって言うと男性的なイメージがありますけど、女性の主人公だったり、凛々しく戦う者のことをヒーローとも言いますし」
福圓「今多いですね」
水樹「そうそう!だから全部ひっくるめてその情熱的に戦ってきた、彼ら、彼女たちの人生と共に側にあった曲たちをこの2日間大放出したいな、と思っています」
福圓「おぉ!熱い!」
水樹「激アツです。」

と2023年にさいたまスーパーアリーナで開催される2daysのライブタイトルと詳細を熱く語った。
実はこのライブについての会議は「NANA MIZUKI LIVE HOME 2022」開催中から行われていたらしく、題に沿ってのセットリストもすんなりと書き出せたと話した。

「水樹奈々 スマイルギャング」9月25日放送分はradikoのタイムフリーにて放送から一週間視聴可能。

https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20220925233000

タグ

大竹まこと、敵基地攻撃能力について力説「絶対に使えないよね?あくまで抑止の意味合いを持たせなきゃいけない」

11月29日(火)大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)で、政府の安全保障関連3文書の改訂における「敵基地攻撃能力」について、政府が攻撃対象を例示しない方向で進んでいるという報道について、パーソナリティの大竹まことが「あくまでも抑止の意味合いを大きく持たせなきゃいけない」。と強い懸念を示した。

大竹が「敵基地攻撃能力なんて、絶対に使えないよね?やったら大変なことになる。その先の話なんて幻想を語っているようにしか思えない。」と述べると、フリーライターの武田砂鉄氏も「時々の政府の解釈の余地を残しておくと、国民の声を聞かず政府が暴走するかもしれない。だから細かく整理して議論して決めなければいけないことなんです」。と改めて説明。「なのに、年内に財源を明示せよと指示を出す岸田さんは、支持率が下がる中、保守派に対する配慮で焦っている。こう言うことを急いで決めてしまうという暴力性は危うい」。と、岸田総理の心理を分析し、今後敵基地攻撃能力が拡大しかねないことを危惧した。

Facebook

ページトップへ