SKE48井上瑠夏が語るアイドルのオーディション

11月30日の「おとなりさん」(文化放送)「10時のおとなりさん」のゲストに、SKE48の井上瑠夏さんが登場! 井上瑠夏さんが中学3年生でアイドルになるまで、受けてきたオーディションとは?

鈴木おさむ「井上さんは熊本県出身で、“くまもと大好き大使”なんでしょ? 何歳まで熊本にいたの?」

井上瑠夏「そうなんです。いま21歳なんですけど、中学校3年生のときにSKE48に合格したので、それまでは熊本県で過ごしてました」

鈴木「熊本の名産品といえば馬刺しとかイメージがあるんですけど、地元の人も食べるんですか?」

井上「私の家族では、馬刺しはお正月とかめでたいときに食べるものでした」

鈴木「地元の人がよく食べるものってなんですか?」

井上「私、“熊本いきなり団子大使”をさせていただいているんですけど」

鈴木「熊本いきなり団子大使!? そんなのあるの?」

井上「いきなり団子は本当に簡単につくれるもので、輪切りにしたさつまいもと粒あんを、小麦粉でつつんで蒸したお団子なんです。いきなり団子の“いきなり”は熊本の方言で“簡単”っていう意味で。あと、“いきなりお客さんが来てもすぐ出せるもの”っていう意味もあります」

鈴木「そんな井上さんが、この業界に入ったきっかけは何ですか?」

井上「小学校6年生のときに、AKB48さんのチーム8の47都道府県を集めるオーディションがあったんですけど、落ちてしまって。そこから色々なオーディションを受けて、中学校3年生の秋に最後のチャンスだと思ってSKE48のオーディションを受けました」

鈴木「それさ、熊本にいてオーディションを受けることって、人に言うんですか?」

井上「いや、私は言えなくて。でもその時、進路希望を出さなきゃいけなかったんですよ。だから先生には、“アイドルのオーディションがあるので、まだ出さなくてもいいですか?”って言いましたね」

鈴木「周りの友達には言うんですか?」

井上「中学校2年生のときに『第2回AKB48グループ ドラフト会議』のオーディションで最終候補まで残って世に名前が出ちゃったので、学校中にバレちゃって。そこで落ちたのもみんな知ってたんですけど、みんな優しいので“応援してるよ”って言ってくれました」

鈴木「応援してくれてよかったね」

井上「そうなんです。でもSKE48に受かってすぐ愛知県に引っ越したので、みんな“急にいなくなった!?”みたいな感じになっちゃいました」

鈴木「でも、中学生から急にこの世界に入って、生活リズムや気持ちも、よく付いていけましたね」

井上「いや~、最初の頃は本当に訳が分からなくて。私は田舎で育ったので、愛知県はビルとかが全部高くて、そこの生活に慣れなくて毎日泣いてました」

鈴木「そんなSKE48ですけど、いま開催している公演があります」

井上「『愛を君に、愛を僕に公演』というタイトルで、今年の5月28日から始まったSKE48のチームSというグループが新公演です。プロデューサーが小室哲哉さんで」

鈴木「へー! これ小室さんが曲を作ってるんですか?」

井上「そうです。全16曲作ってくれて」

鈴木「ええ! そうなんだ16曲も。やっぱり秋元さんと小室さんは、曲が違いますか?」

井上「そうですね。聴いただけで“あ、小室さんの曲だ”ってなったり。ファンの方々も、小室さん世代の方が多いので、けっこう刺さる曲になってるんじゃないかと思います」

タグ

ワールドワイドに活躍するKHが届ける、邦楽ラバーズロックMix

©bayfm

日曜のミッドナイトを想い想いに過ごすあなたに向けて、様々な「音色」をアサイン・・・純粋に音楽だけを側に置き、楽しみたい方のためのニュースタイルプログラム『THE SELEC-TONE』。

毎週異なる、bayfmならではのテーマやこだわりを込めたミュージックセレクションをゾーンごとにフロート。あなたなりのスタンス、スタイルでお楽しみください。

2月5日(日)のGuest Selectorは、ワールドワイドに作品をリリースしているKH。

日本のラバーズロック、彼のユニット、HF INTERNATIONALによるカバーなどでMixを構成しています。

Facebook

ページトップへ