広がる「タイパ」、増えていくサービスについて考える

1月16日「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)は「タイパ(タイムパフォーマンス)」を特集した。音楽をサビだけ聴く、番組を切り抜きで楽しむ、といった「タイパ重視」の考え方について話し合った。

西川あやの「最近はタイムパフォーマンスを追求した商品、サービスが出てきていますね。たとえばchocoZAP(ちょこざっぷ)。『ライザップが作ったコンビニジム』と呼ばれています。着替えをせずに5秒で筋トレが始められる。シューズの履き替えも要らない」

山内マリコ「『5秒でスタート、5分で終了』」

重藤暁「スキマ時間をパッと筋トレで埋められるということか」

西川「汗を激しくかくような運動はしないということですね」

重藤「だから着替え不要なんですね」

西川「あと調理の手間なくバランスのいい食事がとれる冷凍総菜『nosh-ナッシュ』。冷凍食事宅配サービスで、ヘルシー、低糖質なものが送られてきて、冷凍庫に入れておいて必要なときに食べる。服をコーディネートして送ってくれるairCloset(エアークローゼット)。コーディネートを考える時間がもったいない(という人に向けたサービス)。重藤さん、コーディネートは?」

重藤「手前味噌な話なんですけど、スーツで外に出ようと決めていて。服をどうしようって考える時間が苦手というのもあるし、そういう時間をとるのはやめようと。同じようなスーツを20着ぐらい持っていて、同じようなベストを10着ぐらい持って、それを順列、組み合わせて着ています」

山内「ヒッチコックがやっているやつだ! 考え方が同じ!」

重藤「ヒッチコックと!?」

山内「スーツでやっているっていうところがね」

西川「こういうタイパ重視のサービス、どのような目的で、どんな方に利用されているのでしょうか。今回、会員数100万人を超える本の要約サイト flier(フライヤー)の執行役員・井手琢人さんにお話を伺いました。本の要約サービスが始まったきっかけは、創業者が仕事の忙しい期間に本を読めていないことに悩んでいたので、立ち上げたと」

重藤「はい」

西川「もともとは論文の冒頭にあるサマリー、こんなことが書いてあるよ、という要約にヒントを得たもの。海外ではあり、規模も大きかったけど日本ではそういうサービスがなかった。日本のビジネス書でも要約があったほうがいいのでは、と考え、2013年に創業されました。ビジネス書を要約しているサービスでビジネスパーソン向けだったらしいんですが、30~40代の利用者が多く、実際のビジネス書の読者層より10歳ほど若いと」

山内「読みたい、知識を得たいと思っていたけど1冊まるまる読む時間がない。そういうところに需要があったということじゃないですか? この方のインタビューをネットで読んで、『本の宣伝になっている』と書いてあったんです。入口になっているんだったらいい取り組みだなって」

西川「実際にそれが狙いで、2時間の読書を10分で済ませようというわけではなくて、ビジネス書1冊をスマートフォンでまず気軽に触れてから、実際に本を手にとっていただこう、というサービスなんですね」

重藤「そう聴くと見え方が変わりますね」

このあとは番組では時間をかけたほうがいいもの、「逆タイパ」についても話し合った。詳しくはradikoのタイムフリー機能にて。

タグ

「聴くだけでワクワクしちゃいます」村上春樹が考える「イントロ」ベスト3とは?

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「村上RADIO」(毎月最終日曜 19:00~19:55)。1月29日(日)の放送は「村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~」をオンエア。

今回の「村上RADIO」は番組史上初めて、リスナーのみなさまからのオールリクエストをオンエア。マイケル・ジャクソン、シンディ・ローパー、スティーヴィー・ワンダー、ポリス、小泉今日子など、誰もが思わず口ずさんでしまうような、80年代を彩ったヒット曲のオンパレードでお送りしました。
この記事では、カイリー・ミノーグ、ジョー・ジャクソン、トーキング・ヘッズの楽曲をオンエアしたパートの内容をお届けします。


◆Kylie Minogue「I Should Be So Lucky」
というところで、僕からの個人的なリクエストです。カイリー・ミノーグの「ラッキー・ラブ」、我ながらベタですよねえ。
僕はロンドンで、しばらく一人暮らしをしながら小説を書いていた時期がありまして――書いていたのは『ダンス・ダンス・ダンス』っていう小説なんだけど――そのときいちばん流行っていたのがこの曲でした。街のどこに行ってもこれがかかっていました。だからこの曲を聴くと、当時のロンドンの風景がさっと頭に浮かんできます。聴いてください。

<収録中のつぶやき>
2000年に僕が取材でシドニーオリンピックに行ったとき、開会式でカイリー・ミノーグが歌っていました。彼女はオーストラリア人なんです。残念ながら曲は「ラッキー・ラブ」じゃなかったけど(笑)。

◆Joe Jackson「Steppin' Out」

静岡県の女性 真雪さんから
<Joe Jackson「Steppin' Out」をリクエストします。この曲が流行った頃、私は東京の短大生でしたが、今になってもずっと変わらず一番好きな曲です。この曲の「テレビもラジオも放って置いて、今夜出発しよう。光の方へ進んでいこう」という歌詞を聴いていると、ただただ明るく、まっすぐで強い気持ちになれます。>

埼玉県の女性「えひめみかん」さんから
<80年代洋楽ヒット曲において、私が考える「三大イントロ」の1曲を、今回リクエストさせてください。それは、Joe Jackson「Steppin' Out」です。「三大イントロ」のほかの2曲は、Yes の「Owner Of A Lonely Heart」とa-haの「Take On Me」です。お時間がございましたら、村上さんが考える「三大イントロ」を教えていただけますでしょうか。>

えーと、80年代に限らなければ、僕がいちばん印象的だと思うイントロは、まずロネッツの「Be My Baby」ですね。フィル・スペクター節全開っていうか、イントロを聴くだけでわくわくしちゃいます。それからドアーズの「Light My Fire」、レイ・マンザレクが弾くオルガンのイントロです。その2つは簡単にすっと出てくるんだけど、3つ目がむずかしい。いっぱいありすぎて、決められません。でも「Steppin’Out」のイントロ、確かにしゃれていて、いいですよね。

◆Talking Heads「Road To Nowhere」
東京都の女性「かわらの猫」さん
<Talking Headsの「This Must Be The Place」または、「Road To Nowhere」はどうでしょうか。80年代の曲はあまり熱心に聴いていないのですが、トーキング・ヘッズは大好きなバンドです。村上さんの小説やラジオのなかでトーキング・ヘッズが流れたことはないような気がするので、もしかしたら村上さんはお嫌いかもしれませんが、よかったらかけてください。>

東京都「グレ&ブル」さんからも「Road To Nowhere」へのリクエストをいただいています。

この曲、僕も好きです。
昔、Talking Heads(+トム・トム・クラブ)が来日したとき、新宿のホールに行こうと思ったら既にチケット完売でして、千葉の会場ならまだ残っているということだったので、わざわざ千葉までいったんですが、千葉のチケットはかなり売れ残っていて、駅前で女子高校生に無料で配っていたみたいです。席がガラガラだとまずいので。好みって、場所によってけっこう違うものなんですね。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2023年2月6日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO ~1980年代、ヒットソング・オンパレード~
放送日時:1月29日(日)19:00~19:55
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

Facebook

ページトップへ