菅井友香、家族で20年振りにディズニーランドへ。強運な母と、かわいらしい父のエピソードを披露!

サントリー生ビールpresents『菅井友香の#今日も推しとがんばりき』で、パーソナリティの菅井友香が、20年振りに家族でディズニーランドに行ったことを報告。菅井の父母のエピソードを語った。

菅井「強運の母に感謝でした」-

メールで母とのエピソードを尋ねられた菅井が、家族でディズニーランドに行ったと明かした。菅井曰く菅井の母は強運で、その日も強運を発揮したという。

ディズニーランドは現在、ショーの鑑賞で席に座るためにアプリでの抽選が必要で、何度か友人とディズニーランドに行った際も抽選に落ちていたという菅井だが、菅井の母は1回の抽選で席を獲得。「クラブマウスビート」というショーを楽しむことができたという。2023年は東京ディズニーランド が開園40周年を迎える年で、菅井は「40周年記念の演出のショーをちゃんと席で見ることができて、強運の母に感謝でした」と母に感謝を述べた。

さらに、菅井父とのエピソードとして、スプラッシュ・マウンテンでのエピソードも語った。ディズニーランドのアトラクションには、とあるタイミングで写真を撮ってもらえる瞬間があり、ディズニーランドを楽しむうえで欠かせない要素の一つだ。菅井の父は、そこで何のポーズをするかの話し合いで、「がんばりきポーズをしよう」と提案。落ちる時に家族でがんばりきポーズをしている写真が出来上がり、菅井も記念写真を買って帰ったという。さらに、菅井は父のかわいらしい一面として、「スプラッシュ・マウンテンは最後に1番落ちるけど、その前に何回か落ちるところがあるんですが、そのたびに父が、ここかな?って感じでがんばりきポーズをしていて、ここじゃないよって教えてあげたら、今じゃないのか!」と、がんばりきポーズを必ず写真に収めたい父のエピソードを語ってくれた。

菅井は、「子供の頃は、アトラクションにたくさん乗りたくて走り回っていたけれど、今回の家族でのディズニーは夕方5時頃から、予約したレストランでゆっくりとコース料理を食べ、ちょっと大人なディズニーを過ごせて、それもいい記念になりました」と自身の成長も併せて感じられたと語った。

タグ

津田健次郎が好きな“ミュージカル映画”は?「“フランスにしか作れないミュージカル”という感じがすごく好き」

声優・俳優の津田健次郎がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「津田健次郎 SPEA/KING」(毎週日曜 12:00~12:30)。声優として数々の人気アニメ作品、俳優としても話題のドラマ・映画に出演。今もっとも注目を集める才能・津田健次郎のパーソナルな一面が知れるレギュラーラジオ番組です。6月9日(日)の放送では“好きなミュージカル映画”について語っていました。


パーソナリティの津田健次郎


◆津田が好きな“ミュージカル映画”は?

<リスナーからのメッセージ>
「今、私が楽しみにしていることは、雨の日に家でミュージカル映画を観ることです。憂鬱になりがちな雨の日を楽しく過ごすために、明るい気分になれるミュージカル映画を観るのが好きです。津田さんの好きなミュージカル映画は何ですか?」

津田:まず僕は「シェルブールの雨傘」が好きで“フランス版ミュージカル”っていう感じの映画なんですけど、それと同じような感じのテイストで「ロシュフォールの恋人たち」という映画がありまして、さすがおフランスでございますよ! めちゃめちゃオシャレです。

たぶん(映画タイトルで)画像検索していただくと、キービジュアルがパッと出てくると思うんですけど、何だかシャレているんです。(主演は)カトリーヌ・ドヌーヴですよ。本当にすごく素敵で、僕は「シェルブールの雨傘」よりも、こっちのほうが好きです。イギリスやアメリカのミュージカルとは全然違うテイストと言いますか、“フランスにしか作れないミュージカル”という感じがすごく好きなんですよね。

----------------------------------------------------
6月9日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月17日(月)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:津田健次郎 SPEA/KING
放送日時:毎週日曜 12:00~12:30
パーソナリティ:津田健次郎
番組Webサイト:https://15audee.jp/articles/news/arzGScruNeYzMYs9hC6vN9xF

Facebook

ページトップへ