「良い睡眠をとるなら『寝床で考え事はNG』です!」眠りの専門家の解説に大竹・室井が驚き

著書『名医が答える! 不眠 睡眠障害 治療大全』が発売中の、睡眠が専門の精神科医・井上雄一さんが、9月22日の大竹まことゴールデンラジオに登場。良い眠りの条件に大竹・室井が驚いた。

大竹「質の良い睡眠をとるにはどうしたらいいですか?」

井上「特に社会人の睡眠で一番大事なことは、“寝床に考え事持って行かないこと”なんですよ。」

大竹「えー!?(笑)」

室井「やだ~、考えちゃダメって思うと考えちゃう。」

井上「最大の原則は、Todoリスト・考えることリストみたいなのをノートに書き留めて、最後にその日の分を完結させて、ノートをパタンと閉じて寝床に行く。」

大竹「えー!? いつも失敗した何かのイメージが浮かんで、それにこだわって眠れなくなるようなことがあるんですが…。」

井上「ベッドっていうのは寝るところで、嫌な考え事とかはリビングに持っていって欲しいんですよ。寝床にいて嫌なことを考え始めたら1回寝床を離れる。」

大竹「離れる!?」

井上「あのですね、「嫌なことを考える」「眠れない」っていう連鎖を寝床の中で作っちゃうと、これはもう不眠症に一番なりやすいパターンなんですよ。この連鎖を断ち切るためには、嫌なことはリビング。リビングに行って少し考え事して、何やかんやして、眠くなってきてから寝床に戻る。」

大竹「睡眠には、お風呂の温度とか、何時までに食べるのをやめるとか、そういうことも関係しますか?」

井上「ごはんは、満腹も寝にくいですし空腹ももちろん寝にくいので、腹7~8分目ぐらいの状態で。それから、お風呂に入ると体の中の体温は上がっていくんですよ。で、人間っていうのは体温が下がってくる時に眠くなるようにできてるんです。」

大竹「体温が下がる時に眠くなる?」

井上「例えば赤ちゃんが寝る時、手足がポカポカ暖かいじゃないですか。あれは体の中の温度が皮膚に逃げている証拠なんですね。人間は体温が下がる時に眠くなっていくので、寝る前に熱いお湯に入りすぎると寝にくいんです。熱いお湯に入りたいのなら、1時間半とか2時間ぐらい前に。寝る時間に近いのなら、今だったら39度とか40度ぐらいのにぬるめにした方がいいです。その方が寝やすいと思います。」

大竹「食事だったらちょうどいいのは何時間前ですか?」

井上「食事の時間に規定はないですけども、寝る直前に食べると腹がいっぱいになっちゃいますから、あんまりよろしくないですよね。だからそれよりも前がいいと思いますし、人間の体って体内時計で調整されていて、眠りも食事のリズムも体内時計に関係するので、食事の時間も一定に保った方がよいと考えられています。」

大竹「なるほど、そういうことも調整すれば、うまく眠れるようになるんですね。」

タグ

東京多摩地区の有機フッ素化合物PFAS汚染問題に青木氏「横田基地で消火剤の漏出があったことを認めている」

9月22日の大竹まことゴールデンラジオでは、東京新聞の「PFAS血中濃度「健康被害恐れ」が住民の67% 多摩7市は都が汚染で井戸止めた地域 市民団体分析」という記事を紹介し青木がコメントした。

東京新聞によると、「東京・多摩地域で水道水源の井戸が発がん性の疑われる有機フッ素化合物(PFAS=ピーファス)で汚染されている問題で、住民の血中PFAS濃度の検査に取り組む市民団体が21日、計791人分の分析結果を報告した。
その結果多摩30市町村791人ですけれども、都水道局が汚染で井戸の取水を停止した7市の住民の67%が、米国で「健康被害の恐れがある」とする指標を超えていた。」

青木「いわゆるフッ素化合物PFASの問題。これ東京新聞は東京の本当に地元紙なので、これを一面トップに掲げていて、これ市民団体が住民の健康調査血中血中濃度の調査をしたら多摩地域全体でPFASの合計で米国指標を超えた割合が46%に見られたと。これアメリカでは、腎臓がんとか、脂質異常症の発症リスクが上がるということで、各国規制を進めていた。アメリカだと7種のPFAS合計値で血液1ml当たり20ナノグラムを超えると健康被害の恐れがあるというふうにしているんだけれど、それを超えた人たちが実に住民の5割近くになった。これ相当深刻で、東京新聞にも書いているのは原因汚染源として見られているのが米軍横田基地。米軍がPFASを含む泡消火剤の大規模漏出となったことを認めている。分析を担当した京都大学の環境衛生学がご専門の原田浩二准教授は、基地が発生元であることは間違いないといっている。健康被害も心配ですし、そもそもの発生源である米軍基地に対して、きちんと調査を一緒にしなくちゃいけないんだけれども、日米地位協定の壁が立ちはだかってなかなかできない。沖縄なんかでは日常化している米軍基地の矛盾、あるいは存在みたいなものが東京のど真ん中でも起きていて、我々はどうするんですかってことは問われるんでしょうね」

Facebook

ページトップへ