佐久間大介、佐藤利奈と『美少女戦士セーラームーンCrystal』について語る!

12月2日放送の『Snow Man佐久間大介の待って、無理、しんどい、、』(文化放送)で、Snow Manの佐久間大介が、ゲストの佐藤利奈と佐藤が火野レイ役を演じた『美少女戦士セーラームーンCrystal』についての裏話を語った。

佐藤「私が1番好きなキャラクターだったので、私がマーズってあるんだ!みたいな」-

今回のゲストである佐藤利奈は、『とある魔術の禁書目録』、『とある科学の超電磁砲』の御坂美琴役、『みなみけ』の南春香役、さらに『魔法先生ネギま!』のネギ・スプリングフィールド役など、数々の人気アニメ作品で主要キャラクターの声を担当しているほか、報道ステーションではナレーションを担当するなど、幅広く活動している声優のひとり。

佐久間「『美少女戦士セーラームーンCrystal』の火野レイ役、セーラーマーズもやられていて僕、この間までやっていた映画から始めてセーラームーンを見させてもらったんですよ」

佐藤「おー!見てくださったんですね。ありがとうございます」

佐久間「それを見て、セーラーマーズ1番かわいい!って」

佐藤「ほんと!」

佐久間「いやマジでだって、」

佐藤「わかります。私も幼少期にマーズと出会って、みんなかわいいんですけど、マーズのあのミステリアスな、クールだけど、芯は熱いみたいなとこにときめきましてですね」

佐久間「僕が好きになるキャラクターの系統があるんですけど、とは全然違うんですよ正直」

佐藤「あ、そうなんですね」

佐久間「珍しいなって自分の中で思う」

佐藤「通常はどういうタイプが、ちなみにお好みでいらっしゃる…?」

佐久間「何かやっぱりかわいいとか、元気だったりとか、明るい子だったりとかを結構好きになるんですけど、どちらかというと」

佐藤「ふわっとしてる感じの子が好き。あぁ、じゃあ全然違いますね。クール系だと」

佐久間「だから珍しいなと思いながらも、マーズかわいいみたいな」

佐藤「マーズかわいいんですよ」

佐久間「いやいいですよ」

佐藤「赤いハイヒールっていうのもまたときめきポイントで、ちっちゃい頃に憧れていた役をまさか自分がやらせていただけるなんてって感じなんですけど」

佐久間「それすごいですよね」

佐藤「すごいです」

佐久間「やっぱりその三石さんという方がいるじゃないですか?あんなにもうずっと続けている三石さんがいる中で、マーズとしての演技とかって緊張とかあったりするんですか?」

佐藤「最初は、オーディションの時に掛け合いで琴乃さんがいらしてくださってて」

佐久間「え!?そうなんですか?」

佐藤「時間が合う限りはみんなと掛け合いたいっていって来てくださって」

佐久間「すごい!」

佐藤「他のメンバーも大体掛け合いが出来てて私1人の為に1人の為じゃないんですけど、その日に、色々な人がオーディション受けているけど、この時間は私が独り占めの琴乃さんのムーン様がそこに居て、という状況でオーディションを受けたからもうパニックですよね」

佐久間「いや、ですよね。普通のオーディションじゃねえこれはみたいな」

佐藤「うさぎちゃんが隣にいる~!っつって。で、なんかそこで私はレイちゃんがすごく好きで原作のレイちゃんってクールでミステリアスなんですけど、アニメーションになった方はちょっと情熱的でもっとキャンキャンってうさぎちゃんと喧嘩しちゃったりみたいな感じなんですけど、どちらかというと原作よりのマーズになるので、私の思うマーズを出そうと思って琴乃さんと掛け合わせてもらったら後ほどに琴乃さんが、「なんか上から喋ってきたのがね、利奈ちゃんだったんだよねー」みたいな。レイの勝気な感じとか」

佐久間「え~!そうなんだ!すごい。え、あれなんですか?元々マーズ役だけでいったんですか?」

佐藤「そうなの。マーズ役を受けていいですよっていっていただいて、私が1番好きなキャラクターだったので、私がマーズってあるんだ!みたいな」

佐久間「たしかに夢みたいな話ですよね」

佐藤「そうなんですよ本当に。めちゃくちゃだから嬉しかったですけど、やっぱりプレッシャーもいっぱいあって」

佐久間「以前この番組に三石琴乃さんが来ていただいた時も、あらためてセーラムーンに関わってくれたキャストのみんなが本当に素晴らしくてみたいなことを言っていて」

佐藤「いや、あの本当にムーン様がいての作品なんですよ」

佐久間「やっぱり座長が」

佐藤「そう。で前作といいますか私達が憧れているあのセーラームーンの世界があっての私たちだったりもするので、そこを大事にしながら新しいセーラームーンを作ろうねって琴乃さんもおっしゃってくださって、楽しかったんですよ。夢のような。是非、キラキラした世界観なんで見てない方に新旧どちらも楽しんでもらいたいなと思います」

佐久間「そうですね!見ていない方は是非!」

その他、佐久間が見ていた佐藤利奈の作品である『のんのんびより』や『アマガミSS』などの作品についても語った。

タグ

スピーディ福田淳 手がけてきた企業すべて“黒字化”!?「その理由はすごく簡単なことで…」

脳科学者の茂木健一郎がパーソナリティをつとめ、日本や世界を舞台に活躍しているゲストの“挑戦”に迫るTOKYO FMのラジオ番組「Dream HEART」(毎週土曜 22:00~22:30)。 6月8日(土)、6月15日(土)の放送ゲストは、コンサルティング会社「スピーディ」代表取締役・福田淳さんです。8日(土)の放送では、これまでの仕事などについてお話を伺いました。


(左から)茂木健一郎、福田淳さん



1965年生まれ、大阪府出身の福田さん。株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント バイスプレジデントを経て、2007年に株式会社ソニー・デジタルエンタテインメントを起業。主にIT分野のコンテンツのブランディングや知的財産管理の事業をおこないました。その後、2018年に株式会社スピーディを起業し、タレントエージェント事業、アメリカ・ロサンゼルスでのアートギャラリー経営をはじめ、多岐にわたり活躍中。2024年3月には著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」を出版して話題となっています。


福田淳さん



◆「暇」が増えるほど高まるエンタメのニーズ

茂木:福田さんは一貫して「エンタメは人間の生活にとって大事」っていう(姿勢でいらっしゃいますよね)。そこは変わらないですよね。

福田:変わらないです。人を楽しませるのが好きで、それをずっとやっているうちに分野関係なくずっとエンタメ38年目ということですね。

茂木:今回出版された著書「好きな人が、好きなことは、好きになる」には、すごいことが書いてあります。「人類の歴史っていうのは、暇を作ることだった」と。人間って、暇なときにエンタメを求めるじゃないですか。

福田:やはりいろいろオートメーションが進んで、車の開発でもコンピューターの開発でも、人間の作業の時短ですよね。それで余った暇な時間をどうやって潰すのかというところにクリエイティブがいて、そこにエンターテインメントの参入余地があるので。人類は進化すればするほど暇な時間が増えるので、エンタメのニーズが高まると見ています。

茂木:いま、福田さんに注目されている人はすごく多いと思うのですが、もともとは多岐にわたる企業の経営をして、そして、そのいろいろ立ち上げてきた企業すべて黒字化!

福田:一応、いままでのプロジェクトを並べて見てみたんですけど、僕がサラリーマンのときに途中で任務を外されて、その後黒字になったのもありますが、全部黒字になっているんですよ。

茂木:すごくないですか!!?

福田:これはなぜかというとすごく簡単で、絶対に辞めないんですよ。途中、むちゃくちゃ赤字でも、死んでも辞めない。そうすると、事業ってどこかで黒字になりますよね。だって、コストを下げて売り上げを上げればいいだけですから。

茂木:ということは、難しいお仕事を任せられても成功するまで辞めないということですよね。

福田:辞めない。難しいかどうかもだいたい全部わかっていなくて、そこから取り組んで「どうしようかな」という感覚でやっています。


福田淳さん



6月15日(土)の放送も、引き続きスピーディ代表取締役・福田淳さんをゲストに迎えてお話を伺います。

----------------------------------------------------
6月8日(土)放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2024年6月17日(日) AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Dream HEART
放送エリア:TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜22:00~22:30
パーソナリティ:茂木健一郎

Facebook

ページトップへ