佐久間大介、佐藤利奈と『美少女戦士セーラームーンCrystal』について語る!

12月2日放送の『Snow Man佐久間大介の待って、無理、しんどい、、』(文化放送)で、Snow Manの佐久間大介が、ゲストの佐藤利奈と佐藤が火野レイ役を演じた『美少女戦士セーラームーンCrystal』についての裏話を語った。

佐藤「私が1番好きなキャラクターだったので、私がマーズってあるんだ!みたいな」-

今回のゲストである佐藤利奈は、『とある魔術の禁書目録』、『とある科学の超電磁砲』の御坂美琴役、『みなみけ』の南春香役、さらに『魔法先生ネギま!』のネギ・スプリングフィールド役など、数々の人気アニメ作品で主要キャラクターの声を担当しているほか、報道ステーションではナレーションを担当するなど、幅広く活動している声優のひとり。

佐久間「『美少女戦士セーラームーンCrystal』の火野レイ役、セーラーマーズもやられていて僕、この間までやっていた映画から始めてセーラームーンを見させてもらったんですよ」

佐藤「おー!見てくださったんですね。ありがとうございます」

佐久間「それを見て、セーラーマーズ1番かわいい!って」

佐藤「ほんと!」

佐久間「いやマジでだって、」

佐藤「わかります。私も幼少期にマーズと出会って、みんなかわいいんですけど、マーズのあのミステリアスな、クールだけど、芯は熱いみたいなとこにときめきましてですね」

佐久間「僕が好きになるキャラクターの系統があるんですけど、とは全然違うんですよ正直」

佐藤「あ、そうなんですね」

佐久間「珍しいなって自分の中で思う」

佐藤「通常はどういうタイプが、ちなみにお好みでいらっしゃる…?」

佐久間「何かやっぱりかわいいとか、元気だったりとか、明るい子だったりとかを結構好きになるんですけど、どちらかというと」

佐藤「ふわっとしてる感じの子が好き。あぁ、じゃあ全然違いますね。クール系だと」

佐久間「だから珍しいなと思いながらも、マーズかわいいみたいな」

佐藤「マーズかわいいんですよ」

佐久間「いやいいですよ」

佐藤「赤いハイヒールっていうのもまたときめきポイントで、ちっちゃい頃に憧れていた役をまさか自分がやらせていただけるなんてって感じなんですけど」

佐久間「それすごいですよね」

佐藤「すごいです」

佐久間「やっぱりその三石さんという方がいるじゃないですか?あんなにもうずっと続けている三石さんがいる中で、マーズとしての演技とかって緊張とかあったりするんですか?」

佐藤「最初は、オーディションの時に掛け合いで琴乃さんがいらしてくださってて」

佐久間「え!?そうなんですか?」

佐藤「時間が合う限りはみんなと掛け合いたいっていって来てくださって」

佐久間「すごい!」

佐藤「他のメンバーも大体掛け合いが出来てて私1人の為に1人の為じゃないんですけど、その日に、色々な人がオーディション受けているけど、この時間は私が独り占めの琴乃さんのムーン様がそこに居て、という状況でオーディションを受けたからもうパニックですよね」

佐久間「いや、ですよね。普通のオーディションじゃねえこれはみたいな」

佐藤「うさぎちゃんが隣にいる~!っつって。で、なんかそこで私はレイちゃんがすごく好きで原作のレイちゃんってクールでミステリアスなんですけど、アニメーションになった方はちょっと情熱的でもっとキャンキャンってうさぎちゃんと喧嘩しちゃったりみたいな感じなんですけど、どちらかというと原作よりのマーズになるので、私の思うマーズを出そうと思って琴乃さんと掛け合わせてもらったら後ほどに琴乃さんが、「なんか上から喋ってきたのがね、利奈ちゃんだったんだよねー」みたいな。レイの勝気な感じとか」

佐久間「え~!そうなんだ!すごい。え、あれなんですか?元々マーズ役だけでいったんですか?」

佐藤「そうなの。マーズ役を受けていいですよっていっていただいて、私が1番好きなキャラクターだったので、私がマーズってあるんだ!みたいな」

佐久間「たしかに夢みたいな話ですよね」

佐藤「そうなんですよ本当に。めちゃくちゃだから嬉しかったですけど、やっぱりプレッシャーもいっぱいあって」

佐久間「以前この番組に三石琴乃さんが来ていただいた時も、あらためてセーラムーンに関わってくれたキャストのみんなが本当に素晴らしくてみたいなことを言っていて」

佐藤「いや、あの本当にムーン様がいての作品なんですよ」

佐久間「やっぱり座長が」

佐藤「そう。で前作といいますか私達が憧れているあのセーラームーンの世界があっての私たちだったりもするので、そこを大事にしながら新しいセーラームーンを作ろうねって琴乃さんもおっしゃってくださって、楽しかったんですよ。夢のような。是非、キラキラした世界観なんで見てない方に新旧どちらも楽しんでもらいたいなと思います」

佐久間「そうですね!見ていない方は是非!」

その他、佐久間が見ていた佐藤利奈の作品である『のんのんびより』や『アマガミSS』などの作品についても語った。

タグ

“標高2,000m”の山小屋、“地下鉄工事”の最前線へ…私が経験した「珍しい仕事」

明日への狼煙を上げるラジオの中の会社・TOKYO FMのラジオ番組「Skyrocket Company」。パーソナリティである本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナー社員のみなさんと様々な本音の意見を交わしながら生放送でお届けしています。11月27日(月)の放送では、会議テーマ「地球が職場案件~こんなところで仕事しました〜」と題し、全国のリスナー社員からメッセージを募りました。この記事では、数多く寄せられたエピソードのなかから、その一部を紹介します。


※写真はイメージです



◆標高2,000m超え…山小屋で住み込みバイト

大学生の頃、標高2,000mを超える場所にある山小屋でアルバイトをしていました。7月から小屋を閉める11月まで住み込みで、寝具の取り換えや掃除、食事の提供、登山道の整備などをおこないました。秋ともなれば、朝晩は氷点下近くまで冷え込みますが、朝の澄んだ青空や、夜に観ることができる無数の星たちの輝きは格別でした(長野県 29歳 男性)

◆地下鉄工事でつらかったこと

私は、地下鉄工事の最前線に行ったことがあります。駅になる予定の縦穴から、ひたすら工事用の足場を降りてトンネルに到達。その後、駅と駅の真ん中くらいまでトンネルの先端までひたすら歩き、お目当ての土のサンプルを取ったら、10kg程のバケツをぶら下げて、来た道を戻り、地上まで持っていく……ということをひたすらやっていました。サンプルの入ったバケツが重くてつらかったです(兵庫県 48歳 男性)

◆カンボジアで有名人に遭遇!

私はカンボジアの旅行会社で働いていたことがあります。ある日、観光客の方々をお迎えするために空港で待っていたら、なんと生前のアントニオ猪木さんに遭遇! 赤いマフラータオルを巻いた姿に感動しました。

しかし、周りにはカンボジア人しかおらず、この感動を分かち合える人がいなくて、すごくもどかしい思いをしたのを覚えています(埼玉県 39歳 女性)

◆着信から解放されたくて「屋久島」に行ったのに…

私が仕事をしていたのは、世界遺産・屋久島の太鼓岩(白谷雲水峡最奥にある巨石)の上です。

前職は、とにかく電話がかかってくる仕事で、1時間に20件以上かかってくることもあり、長期休暇を取った際、着信から解放されたくて、電波の通じない屋久島の山のなかに行きました。

登山道は基本的に圏外で快適だったのですが、太鼓岩の上まで着いた瞬間、なぜか、その場所だけ電波が通じて、電話がかかってきてしまいました。鳴ってしまった以上、取らないわけにもいかず、オフシーズンでほかの観光客もまったくいなかったので、そのまま岩の上で仕事をしました(東京都 35歳 男性)

----------------------------------------------------
11月27日放送分より(radiko.jpのタイムフリー)
聴取期限 2023年12月5日(火)AM 4:59 まで
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜~木曜17:00~20:00
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/sky/

Facebook

ページトップへ