優しい気持ちで支え合う RCCラジオ・チャリティ・ミュージックソン

「目の不自由な方に音の出る信号機を」を合言葉に、視覚障害者の方への貢献のために実施している募金キャンペーン、「RCC ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」。
クリスマスイブの正午からの24時間チャリティ番組を中心に広く募金を呼びかけます。11回目の今年は目の不自由な方への貢献に加え、平成30年7月豪雨で被害を受けた障害者施設や事業所へ福祉機器を贈ります。
みなさまぜひ、24時間特別番組を聴いて、募金へのご協力をお願いいたします。

RCCラジオ・チャリティ・ミュージックソン
放送局:RCCラジオ
放送日時:2018年12月24日 月曜日 12時00分~25日 火曜日 12時00分
出演者:横山雄二、RCCラジオパーソナリティー ゲスト:原口あきまさ、YASS、メンバー、堂林翔太(広島東洋カープ)、磯村嘉孝(広島東洋カープ)、森﨑浩司(サンフレッチェ広島アンバサダー)
番組ホームページ

※該当回の聴取期間は終了しました。

ryuchell、森友嵐士と”愛”を語る!!

ラジオ日本『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は5月28日(土)、6月4日(土)の2週にわたり、モデルでタレントのryuchellをゲストに迎える。

2001年10月1日から放送を開始した『森友嵐士のアラシを呼ぶぜ!』は、T-BOLANのヴォーカル森友嵐士がみんなに夢と勇気を届けるレディオ・プログラム。音楽についてはもちろん、森友嵐士が他ではなかなか聞けない身近な話や熱いメッセージを発信する。

今回のゲスト出演は、ryuchellがT-BOLANの大ファンでライブを見に行ったことをTwitterに投稿したことがきっかけ。5月28日(土)の放送で初めて対面。本来T-BOLAN世代ではないはずの、1995年生まれのryuchellがファンになったきっかけを語るほか「森友嵐士と一緒に聴きたいT-BOLANの曲 ベスト3」を発表する。ryuchellが「T-BOLAN愛」をあますところなく披露する。

また、翌週6月4日(土)の放送では、二人がともに大切にしているキーワードである「愛」についてじっくりと語り合う。いつからこの想いを意識するようになったのか、何かきっかけがあったのか。ほか、ryuchellの出身地、沖縄についても触れる。沖縄のいいところ、好きなところから、基地問題や沖縄返還50年まで、何を感じているか、さらにロシアのウクライナ侵攻についても交え、今この時代に思うことをryuchellが大いに語る。

Facebook

ページトップへ